号外アツキー!
夕刊アツキー! > ブログトップ > 松岡亜矢子 > 色々食べちゃうゾ!

2011年08月03日

色々食べちゃうゾ!

今日は不思議な名前のスイーツをご紹介!

その名も
「御福アイスマック」

110803ayako03.jpg

一体それは何なのですか!?という貴方。
答えは・・・



コレです。

↓↓↓↓↓

110803ayako01.jpg  

箱を開けてみると、銀色の袋にデカデカと
「おふくアイスマック」の文字と
バックには謎のアイスキャンディーが描かれています。

ということは、これはアイスキャンディーらしいですね。



でも、中身が見えないので確認のため
銀色の袋を開けてみる。

110803ayako02.jpg

出てきたのは、棒がななめに入っているアイスでした。
ということは、間違いなくこれはアイスキャンディーです。

ただ、大半の方が
「え?何故ななめに棒が入っているの?」
とか
「おいおい!その前に、マックって何だ?!」
と思っているはず。


ということで、ますはこの御福マックの歴史からご説明いたします。

このアイスキャンディー、
実は三重県伊勢市の「御福餅 本家」
62年前(昭和24年~)から作っている
御福餅のこし餡を固めてアイスにしたものなんです。


そして気になる名前。
御福マックの「マック」は、MACと書いてマックと呼ばせているもので

erchant-商人ー」
zukiBearns-あずき豆ー」
andy-キャンディー」

の頭文字を取って「御福MAC」なんだそうです。

棒がななめに入っているのは、1本1本手作りのために
アイスバーを型から外すときに、取りやすいようにしている工夫なんだとか。

しかも!
この御福マック、伊勢市内でしか販売されていないんです。

木曜レポーターの中村友香ちゃんは、お隣の鳥羽市出身ですが
「鳥羽のスーパーでは見かけたことがない」と教えてくれました。

では、そんな御福マックをいざ試食!と意気込んでかじり付いたところ・・・

110803ayako04.jpg
(一所懸命かじっているせいか、顔がゆがんでる・・・汗)

か、かたい・・・

クール便でガンガンに冷やして送っていただいたので
食べるにはまだ早かったかぁ。。。

味は、こし餡を固めたアイスなので舌触りが滑らかで
あんこの甘さもちょうど良くて美味しいかったです。

これを、伊勢の皆さんは毎年夏になると食べられるのはうらやましい。

あっつ~い夏はやっぱりアイスキャンディーに限ります♪
皆さんも1度、御福マック食べてみて下さいな(^-^*

<<お問い合わせ>>

御福餅 本家
三重県伊勢市二見町茶屋197-1
0120-23-0029 

御福マック 1本 120円

通販もしていていただけるそうです♪
但し、10本1セット~の販売で、送料は別途かかります。
詳しくは上記のTEL番号へ☆

▲PAGE TOP