号外アツキー!
夕刊アツキー! > ブログトップ > 番組スタッフ > そろそろ時間です。<木と話そう!>

2013年01月30日

そろそろ時間です。<木と話そう!>

 

名古屋市熱田区「白鳥庭園」は、
これから
ロウバイ
見ごろをむかえます!

 

DSC_1023.JPG

     


そろそろ時間です。 

今日は、「木と話そう!」と題して、季節の木々のお話を

白鳥庭園 管理事務所・所長で樹木医でもいらっしゃる

川島大次さんに伺いました!

 

< 白鳥庭園、今の見ごろは? >

「ロウバイ」が咲き始めました。
DSC_1022.JPG

 【 ロウバイ 】

・園内には、ロウバイ(黄色の花で中心が紫色)と
DSC_1019.JPG

ソシンロウバイ(全体が黄色)
DSC_1023.JPG

・雪中四花(梅・すいせん・椿・ロウバイ)の一つで、
落葉後最初に咲く木。
⇒茶会茶花として使われる。
DSC_1027.JPG
(梅もたくさんつぼみをつけていました!)

 < 今の時期、お庭のお手入れというと? >

落葉樹の虫や病気が少ない時期で、葉が落ちて木全体が見られるので、枯れた枝や不要な枝を剪定するのにちょうどいい時期。

 【 剪定する枝 】

・枯れたもの
・風通しを良くする為、重なっているものや同じ方向に
生えている枝を剪定。
※※注意※※ 花芽を切り落としすぎると、春に花が咲かない!

 ◆白鳥庭園では・・・
みつばちがやってくる為、農薬を使わないようにしているので、今の時期、枝についた
害虫を殻ごと一つ一つ除去している。
これをしないと、害虫が卵を産んで、夏に害虫増える。
DSC_1024.JPG
(わかります?画像は抜け殻ですが、このようなものが害虫です!)


< 水やりは? >

・土が乾いたな、と思ったら、午前中にみずやり。
・夕方にやると、夜気温が下がり、根が冷える。
⇒ちなみに、根も呼吸をしていて、水やりをする事によって、
地中にも空気が入る。

< まとめ >
一年通して、季節の木々のお話をしましたが、まとめると、
木というのは、健康であれば病気にかからない。このコーナー名
「木と話そう」ではないですが、木の声を聴くように、お手入れ(枝の風通し・土を柔らかくする)をしてあげてください。

 白鳥庭園



DSC_1021.JPG
福寿草を見つけました!

 


DSC_0001.JPG
白鳥庭園の雪吊り・・・実は・・・
DSC_1026.JPG
枝に吊るしていないんです!
これは、雪が積もらない関東地方の庭師さんが考案した見栄えのよい雪吊り。それを白鳥庭園でも採用されたそうです!
ちなみに・・・雪吊りは、京都で庭園を見た前田利家公が、「これを加賀にも!」となかば強引に作った為、松に雪が積もり枝が折れてしまった為、当時の庭師さんが考案したものだそうです!


DSC_1029.JPG
(落ち葉は、木の根元に敷くことで、寒さから守るんだそうです!)

DSC_1018.JPG
(これは、カラスから新芽を守る為)

DSC_0002.JPG
(こも巻きもしています)


DSC_0003.JPG
綺麗な路ですよね!
DSC_0004.JPG
よく見ると・・・
松葉が敷いてあるんです!
見栄えもいいし、コケを寒さから守る役目もあるとか。

見えていて、見えない手仕事。奥が深いなぁ

▲PAGE TOP