2012年11月14日

里芋の蒲焼き丼

里芋の蒲焼き丼
  11.14-kansei.jpg

**** 材料 2人分 ****

ごはん…300g

里芋…4個(200g)

薄力粉…大さじ2~

塩…小さじ1/2

 

長ねぎ…15cm

ししとう…4本

焼き海苔…1/2枚

 

【蒲焼のたれ】

濃口醤油…大さじ2

三州三河みりん…大さじ3

酒…大さじ1

しょうがのしぼり汁…小さじ1/2

 

わけぎ(みじん切り)…2本分

ごま…小さじ2

山椒 …少々


(作り方)

   里芋は良く洗って蒸し、皮をむいてマッシャーでつぶす。
11.14-01.jpg
薄力粉と塩を加えてよく混ぜる。

   海苔に【①】を塗り、表面に小麦粉(分量外)をたっぷり叩く。
11.14-aoki_sensei.jpg
4等分にカットし、箸で葉脈の模様をつける。
11.14-02.jpg

フライパンに油(分量外)を多めに入れ、
両面をこんがりと焼く。
11.14-03.jpg
長ねぎとししとうも加えて焼き、
中身をフライパンから取り出す。

   【蒲焼のたれ】を作る。Aの材料を混ぜ合わせる。
11.14-04.jpg
【②】のフライパンに入れて火にかけ、アルコールを飛ばす。

④ フライパンに【②】を戻し、【③】の蒲焼のたれを絡める。
11.14-05.jpg

⑤ ごはんを器に盛り付け、蒲焼・長ねぎ・ししとうをのせる。
上からわけぎ・ごま・山椒をかける。
11.14-kansei.jpg


11.14-aoki.jpg
まなさん
醤油とみりんの相性抜群な上に、見た目は魚の蒲焼きそのまま。
食欲の秋にぴったりな1品。


<感想>
【松田旬古さん(チエズキッチン生徒)】
照りと甘い香りが、見ているだけで・・・ゴクリ。
見た目蒲焼きそのものなのに、魚の蒲焼きみたいに生臭さとかクドさがないのでコチラのほうが好きです。しかし、海苔が少し磯の味を出してくれてやっぱり蒲焼きっぽい。里芋のネットリ感とみりんのコクと甘味がからんでおいしい!醤油とみりんの組み合わせ大好きです!いくらでも食べられる。

 

 【鳥居千賀子さん(チエズキッチン生徒)】
見た目も味も、本当に魚のような感じがしました。海苔の風味が効いているのが良かったです。作っているときのタレの香りに食欲がそそられてたまりませんでした。


 

このコーナーでは、
名古屋市東区で行っている収録の見学と試食の希望を随時受付中です。ご希望の方は「北野誠のズバリ」メールフォームからご応募ください。当選者にはこちらからご連絡させて頂きます。
次回の試食会は12月20日(木)午後を予定しています。

北野誠のズバリ「べっぴんレシピ まなのつくってみりん」