2012年12月12日

二色の洋風さつま芋 茶巾しぼり

二色の洋風さつま芋 茶巾しぼり

121212-kansei.jpg

****材料10個分****

さつまいも…200g(中1本)

三州三河みりん(煮切る)…大さじ1と1/2

白ごま(ペースト)…大さじ1

塩…小さじ1/4

豆乳…適量

 

紫芋…200g(中1本)

三州三河みりん(煮切る)…大さじ1と1/2

ラム酒…小さじ2

塩…小さじ1/4

 

【飾り用】

さつま芋チップ…適宜


作り方

①さつま芋と紫芋は蒸して皮を剥き、
それぞれマッシャーなどでつぶす。
121212-02.jpg

②ボウルを2つ用意し、AとBの材料を、
それぞれ別々に入れて混ぜ合わせる。
121212-01.jpg

③AとBのボウルの中身をそれぞれ10等分して丸める。
121212-03.jpg

ラップまたは手ぬぐいの上に
さつま芋と紫芋を交互に2つずつ、
121212-04.jpg

合計4つのせて茶巾状に絞る。
121212-05.jpg

④茶巾しぼりの上にさつま芋チップを飾る。

121212-kansei.jpg

(ポイント)

・さつま芋を丸ごとアルミホイルで包んで
1時間程度オーブンで焼くと、より甘みが増します。

・さつま芋は紫芋より水分が少ないことが多いので、
豆乳を加えて同じ柔らかさになるよう調節してください。

・お好みで抹茶やココアを加えて楽しむのもおすすめです。


 まなさん
煮きったみりんの深い甘さが、2色のさつまいものおいしさを引き出した、上品なおいしさです!見た目もパーフェクト!


   <感想>
【安江 秋さん】
紫の部分は洋酒で大人っぽくて、白い部分はゴマのコクがあって、それぞれで食べても一緒に食べてもおいしい!!お砂糖を使っていないなんて驚きで、素材の甘みとみりんの甘みが、甘すぎなくておいしかったです。

 【奥村 あおいさん】
すごくおいしい!白ごまとラム酒がきいていて、さつまいもの甘さがやさしく、見た目もかわいい!たくさん作って、また食べたいと思います。


このコーナーでは、名古屋市東区で行っている収録の見学と試食の希望を随時受付中です。ご希望の方は「北野誠のズバリ」メールフォームからご応募ください。当選者にはこちらからご連絡させて頂きます。
次回の試食会は12月20日(木)午後を予定しています。
北野誠のズバリ「べっぴんレシピ まなのつくってみりん」