採用ブログ
2013トップ > 採用ブログ > 職場日記2011 > 職場日記 スポーツ部編

2009年11月27日

職場日記 スポーツ部編

スポーツ部の棚に並ぶ、 夥しい数 の 取材テープ!

この “宝物” の中に収録されているのは、

歴代のスポーツ部員が見届けてきた  数々の名場面 です。

もちろん、このヒトも・・・

 

 

スポーツ部  若尾 貴史

サッカー   2008年入社 スポーツ部に配属。  野球

「イッポウ」(月~金 16時50分~) 

野球・ゴルフ・マラソン・ボクシング 

高校ラグビー・鈴鹿8耐・・・等々の中継や特番 などを担当。

 

  200911271152002.jpg

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

                                   From  若尾 貴史

 

 

私の所属するスポーツ部は、人数の上では小さな部署ですが、

その仕事の内容は

「サンデードラゴンズ」や「グランパスTV+」のような

週1回のテレビ番組や、

「ドラゴンズナイター」やオフ期の「サウンドアスリート」のラジオ番組、

プロ野球や、中日クラウンズ(ゴルフ)、駅伝、サッカー、ラグビー、

ボクシング、鈴鹿8耐など、様々なスポーツのテレビ中継制作。

さらには、夕方のローカルニュース「イッポウ」の

スポーツニュースを担当するなど、非常に多岐に渡っています。

つまり、「取材をする」、「構成を立てる」、「原稿を書く」、「編集する」

「番組を送出する」など、放送に関わるすべての部分に携わることが

できる部署なんです。

また、あらゆるジャンルのスポーツ選手や解説者の方など、

この職場じゃないと接することのない方達と一緒に

仕事できるのも魅力です。

     a.jpg

        野球解説者・高木守道さんからの差し入れ!


ぼくは入社2年目の5月に、

中日クラウンズで石川遼選手にインタビューしました。

ほかにはドラゴンズの選手はもちろん、

浅田真央選手にも、日本ハムの稲葉選手にも。

スポーツが好きな私には鼻血が出るかと思うほどの体験でした。

といってもテレビ局ってどんな仕事しているか

全然わからん!という方もいると思うので、

私のとある一日のスケジュールを書きますと・・・

     午前 700分  出社

     730分  会社発

     815分  三好カントリークラブ到着

             「佐々部杯ゴルフ選手権」取材

    1030分  帰社 

            昼ニュースに向け原稿を書き、

            編集マンと編集、デスクのチェック

    1150分  昼ニュース「佐々部杯ゴルフ選手権」送出

                 *昼休憩*

 午後 100分  午後の取材に向け準備 

     545分  会社発

     600分  大須スポーツセンター到着

            女子フィギュアスケート「村上佳菜子選手」取材

            (翌週のイッポウのスポーツ企画先撮り)

     830分  帰社 撮影したVTRを確認

     900分  帰宅

 

この日はいつもより出社は早く、帰宅は遅くなってしまいましたが、

残業なしで帰る日も結構あります。

ちなみに前の日は朝10時に出社して、夜7時に帰宅しました。

 

 

<CBCの魅力>

まず放送局全体の仕事として言えることですが、

自分が取材し編集した「モノ」が電波にのり、

各家庭のテレビに映るということ。

それだけで非常にやりがいのある仕事だと思えます。

またスポーツ部で働く人間に限っていえば、

様々な中継制作ができること。

そして野球、サッカーそれぞれ番組をもっているということ。

また夕方のニュース番組「イッポウ」でも

スポーツ企画をたんまりやらせてもらえるので

自分達が取材したものをOAできる枠が多いということ。                


         b.jpg

         原稿作成中!OA予定時間まで、あと少し!真剣です! 


やはり、自分が取材したものがOAにのる、

さらに視聴率の高い時間帯に流れる、というのは嬉しいものです。

 

<学生の皆さんへ> 

「自分がやりたいと思ったことをやれる」

「自分がおもしろいと思ったことを、放送できる」

「いままで受身で見てきたテレビを、作ることができる」

そう考えただけで働くことが楽しみになってきませんか?

仕事だから当然嫌なこともありますし、へこむこともありますが

それはきっとどんな仕事でもいえることです。

どうせなら、自分の好きなことをとことんやれるCBC

一緒に働きましょう!

▲PAGE TOP