採用ブログ
2013トップ > 採用ブログ > 職場日記2011 > 職場日記 イベント事業部編

2010年01月21日

職場日記 イベント事業部編

視聴率 や 聴取率 

普段は、この 数字 を見て、

テレビ を見てくださった方、 ラジオ を聴いてくださった方の

反応を想像 しますが、

その皆さんの 表情 を、 目の前 で受けとめるコトが

出来るのが イベント です。

CBCには、東海地方の皆さんに

愛してもらっている 主催イベントが沢山あります。

その ジャンル は、本当に様々!

おかげで、このヒトの アタマの中 は(机の中も?!)

色々なモノが ギッシリ です!  プレゼント

 

 

 

 

 イベント事業部  伊藤 康司

 1999年入社。

 放送部(*)などを経て、2002年から現職。

     *現・放送管理部

 

golf.jpg

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

                          From  伊藤 康司


私の仕事は『イベンター』
一言でいえばそれだけですが
仕事の内容を紹介するにあたり、はたと困りました。

ロック、ポップス、フォーク、レゲエ、クラシックなど諸々の
ジャンルのコンサート&ライヴ

屋外集客型イベント

企業の販促イベント

行政のシンポジウム運営、展覧会、美術展、ファッションショー、
美容イベント、トークショー、討論会・・・。

まだまだいっぱいありますが、要は何のカテゴライズもない
部署なんです。

逆にいうと、「やりたいことがやれる」部署なんです。

事業の収益性や意義付けを考慮し、テレビ広告と絡めた展開
さらにはWeb、ラジオ媒体も含めた展開、何でもありなんです。

普通のイベンターにはない、メディアの力を使うことが出来て
更に何でもやりたいことが出来る、、、これってすごいと思いません?

やりたいことはいっぱいあるけど、どうしたらいいかが判らない人
是非、いらしてください。

少しCBCの自慢をさせてもらうと東京キー局の
イベントプロデューサーは
仕事の規模が大きすぎて
仕事の総量把握は無理だし、当日のイベントの仕切りは
別会社がやっています。
逆に、名古屋よりローカルの局ではそんなに大きな
仕事は
あまりないでしょう。
CBCは仕事の規模が大きくもなく小さくもなく、
そこそこの規模の仕事を
CBC単独で遂行できるのです。
一つの仕事をやりきった時の達成感は
他のどの局にも
達成できないものと自負しています。
CBCのイベント事業部は
イベント一つ全て自前で達成できるのです。
(もちろん、技術的な部分は業者の方にお願いしますけどね)
(もちろん、大きな仕事だって出来ますよ!!)
これだとあまり職場紹介になっていないので最近の仕事を少し、、、


P1100204.JPG


新春に放送したゴルフマッチで片山晋呉選手、石川遼選手、
古閑美保選手、諸見里しのぶ選手と
男女のトッププレイヤーを
招いたテレビマッチの現場運営をしました。
今、スポーツ界で
一番輝いているといっても過言ではない
石川遼選手を招くとあって色々と大変なことが
勃発しました。
こういうところではかけないような内容がいっぱい!
苦労もしましたが
終わってしまえば、いい笑い話です。
打上げでお酒を呑みながら苦労話に花を咲かせるのも
イベントの醍醐味だと私は思っています。

その他、神戸コレクションプリュスというファッションイベントでは
自分の周りにはいないようなモデルさんに囲まれて自分まで
かっこよくなった気になってその期間は過ごしてみたり

屋外イベントでお客様が食べ残したゴミをせっせと回収する
作業をしたりと
天国と地獄をいったり来たり、、、でも、楽しいです。

自分がやりたいことをやる!これが一番楽しいことですし、
それを仕事で出来るなんてことは
そうそうありません。
私はこの仕事を天職と思っています。
多分、ここに配属されて
頑張ってきた人は
みんなそう思うんじゃないかなと思っています。

大変なこともあるけどやりがいのある仕事。
ありがちなフレーズですけど現実に
体験している人(私!)が
言うのだから間違いありません!
是非、やりたいことが
あるけど、どうしていいのかわからない人!
そのアイデアを僕等にください!
一緒に仕事をしましょう!

 

▲PAGE TOP