採用ブログ
2013トップ > 採用ブログ > 採用ブログ2012 > リレーブログ<9>

2010年11月29日

リレーブログ<9>

  『 一番幸せな仕事

     入社して17年目スポーツ部一筋の生え抜きです。

 

IMG_0256a.bmp
スポーツ部:松本松己
1994年入社。

 

「一番幸せな仕事は?」と聞かれたら、
私は「これまでスポーツ部でやってきた仕事全部」と
間違いなく答えます。
それくらいスポーツに関わる仕事が大好きだからです。
そんな私がテレビ局を志望したのは、
高校球児の頃、夏の甲子園愛知県大会でベスト8に進み、
テレビ、新聞の取材を受けたことがきっかけ。
いつかは取材する立場になり、
選手の気持ちや思いを伝える仕事をしたいと思っていたら、
願いがかなって運良くCBCに入社、
さらには第一希望のスポーツ部に配属。
全てのことが自分の思う通りに進みました。
そんな幸せ者の私がこれまで経験した仕事を振り返ると・・・

@1994年(1年目)
     この年から始まった「グランパスTV」を担当。
  
ピクシーことストイコビッチがグランパスへ
   入団したのもこの年。
   今
年そのストイコビッチが監督として
     チームをJ1優勝に導きましたが、
    
当時は全く想像できませんでした。

1996年(3年目)
    ナゴヤ球場最後ラストイヤーの9月にラジオ班へ。
   
翌年は新装ナゴヤドームでラジオ野球中継を担当。

1998年(5年目)
    「グランパスTV」に出戻り。
    毎週のように選手を連れ出してのロケ三昧でした。

@2000年(7年目)
     TV中継班へ配置転換。
    
プロ野球中継を中心に陸上、ゴルフ、ボクシングなど
     何でもやりました。


     ag.jpg

@2004年(11年目)

    チーフディレクターとしてCBC初の

    中日ドラゴンズのセ・リーグ優勝中や

    5年ぶりの日本シリーズ中継も担当。

     今でもその時の興奮は忘れません。@2005年(12年目)
     TV野球中継プロデューサーに昇格。
     以降、2006年のセ・リーグ優勝、
     2007年の53年ぶりの日本一など
     プ
ロデューサー在任期は
     ドラゴンズが好調で非常にラッキーでした。

        ac.JPG
 

         

@2010年(17年目)

    28年続く長寿番組「サンデードラゴンズ」

    プロデューサーに就任。

    久々の番組制作で悪戦苦闘はしてますが、

    それでも楽しい毎日です。

 

        IMG_0255a.bmp

まもなくスポーツ部18年目!

 CBCの中ではかなりのレアケースな私ですが、

恵まれた環境の中で自分の好きな仕事をできる

この幸せが続くように日々努力したいと思います。

 

【 皆さんへ 】

 

私は約10年間、
プロ野球を中心とするスポーツ生中継を担当しましたが、
これほどやりがいのある仕事はありません。
特にその他の番組と決定的に違うのは
「その瞬間に見られる映像は
ディレクターが選んだものが全て」という点。
制作系の番組は撮影した後に
いくらでも編集で直すことができますが、
スポーツ中継は映像を選んだ瞬間、二度と後戻りできません。
また競技としての面白さはもちろんのこと、
出場している選手たちが繰り広げるドラマを
生で表現するのがスポーツ中継の醍醐味ですが、
全ての決定権を握っているのがディレクターです。
だからこそディレクターは
その競技に精通しているのはもちろんのこと、
グラウンドで起こっていることを分かりやすく伝え、
さらに視聴者が一番見たいものは何かを瞬時に判断して
映像で表す能力が必要です。
その一瞬にどんな映像を選ぶのか…
使命と責任は重大ですが、
こんなに楽しくて興奮する仕事はなかなかありません。
スポーツ中継に興味のある人は是非CBCを志望してください。

 

 

▲PAGE TOP