採用ブログ
2013トップ > 採用ブログ > 採用ブログ2012 > リレーブログ<10>

2010年12月02日

リレーブログ<10>

「一番クセになっちゃった仕事」

 

aah.jpg

放送管理部 : 大澤良二
2000年入社。
技術推進部、制作技術部、報道部、
映像センター部等を経て、現職。

 

 

「パタパタパタパタ・・・・」
空から響くこの音を聞くとついつい空を見上げてしまう。

街を歩いていても、旅行先でも、車を運転していても・・・

職業病ではなく条件反射。
私はパブロフの犬である。

そうなったのは2年ほど前まで所属していた
報道部(現・映像取材部)のころから。

 

当時、就航から10年を経過した
取材中継用ヘリを更新することになり、
報道部で技術を担当していた私が
更新作業のテクニカルマネージャーを勤めることになった。

aba.JPG
 

ヘリは報道取材の要!
「現場までのスピード」「空撮よる状況説明力」などは
他にかなうものがない。
ヘリの取材力がその局の報道取材力を決めてしまうこともある。
そのため各局は負けないように頭をひねり
知恵を絞って設計している。

「他局に負けるわけには行かない!」
そんな重要な案件を任され、身に余る思いだった。
毎日毎日、ヘリのことを
ああでもないこうでもないと考え続けた。
必要十分な機材を
飛行時間に影響を与えないように搭載すること、
簡単にオペレートできるようにすること・・・
考えることは盛りだくさん。
ヘリの音が聞こえるとついつい見上げて手がかりを探す。
どこのヘリであろうと何かヒントがあるのでは?と
気になって仕方がない。そんな日が続いた。

 

 

悩みに悩んだ末、2年前の20099月、
CBCの新取材中継ヘリが就航した。
その赤い機体は白い雲にとてもよく映え美しい。

ak.JPG

飛行可能時間は
3時間を越え、
最新鋭の望遠レンズはどんなに小さなものも撮り逃さない。
パブロフの犬が見上げた先に映る
CBCヘリの姿はとても誇らしい。
クセになっちゃいましたが、
やってよかった仕事の一つです。

 

 

◆皆さんへ

 

 「いろんな人に関わって仕事がしたい・・・」というのが
技術系大学院生だった私がこの会社を志望した理由。
おかげさまでいろんな部署で
いろんな人と関わって仕事をしています。
その中で吸収できることはものすごく多い。
理系・文系に関わらず、
人と関わって仕事のしたい方、是非どうぞ。

▲PAGE TOP