採用ブログ
2013トップ > 採用ブログ > 採用ブログ2012 > リレーブログ<11>

2010年12月06日

リレーブログ<11>

 【 いちばん重要なことは? 

IMG_3679.JPG
経理部 : 河村尚毅
2000年入社。
報道部、岡崎支社、豊橋支社などを経て、現職。

 

就職活動中の皆さん!
いきなりクイズですが

会社にとって1番重要なことはなんでしょうか?

そしてCBCにとって1番重要なことはなんでしょうか?

放送局なので「良い番組をつくること」・・・

民間の営利企業なので「お金を稼ぐこと」・・・

いろいろあるとは思いますが・・・

 

 

答えは、「会社を存続させること」なのです!
いくら良い番組をつくったり、お金を稼いだりしても
会社がなくなれば、元も子もありません。
だから会社は将来に渡り
企業活動を継続していかなければいけないのです。
これを企業会計の用語で言うと、
ゴーイングコンサーンといいます。
そしてこれが、結構難しいことなのです。
ある調査では、
会社の平均寿命は30年なんて言われているくらいですし。

IMG_1240.JPG  

 ところで、私が現在所属している
経理部のお仕事ですが、会社の文書規定には、
「決算の総括、整理」「予算の編成」
「資金の調達、運用」等と書いてあります。

 

「決算の総括、整理」とは、
会社の売上や利益を公に発表するだけでなく、
どの分野で売上が増減しているか、
どういった物に費用がかかっているかを分析し、
社長をはじめとする経営陣が
適切な経営判断ができるよう情報をまとめます。

「予算の編成」とは、利益がでるように
売上と費用の目標を設定・調整します。
できることならより良い番組をつくるために
少しでもお金をかけたい、
またより円滑・積極的に営業活動が出来るように
活動費を確保したいと誰しもが思うことですが、
景気が悪く売上が減少してくれば、
利益を出すために各々の予算もカットせざるを得ません。

「資金の調達、運用」は、非常に重要です。
会社の存続にとって資金は不可欠で、
企業が赤字を出してもすぐに倒産しないのは、
資金の蓄えがあるからです。
だから常に会社に入ってくるお金と出て行くお金を予測し、
余剰資金があれば少しでも増やせるよう
安全性の高い金融商品で運用します。
上記のどの仕事も会社を続けるには必要不可欠なものなのです。

photo01.jpg  
      実は、この中に弊社の社長が!
       社長も昔は経理部長でした。

さて、前述の 「良い番組をつくること」や「お金を稼ぐこと」も
当然、会社を存続させることの必須条件です。
私達はローカル放送局として
有用な情報・エンターテインメントを提供し
地域貢献を続けていかなければいけません。
また民間の営利企業として
広告主に番組提供をしてもらったり、
番組と番組の間の時間にCMを流してもらう代わりに
お金をもらわないといけません。
放送局といってもその仕事は、
番組制作だけでなく営業・編成・管理など多岐に渡ります。

IMG_3680.JPG

そしてそれぞれの部署がそれぞれの責任を果たしながらも、
最後には会社を存続させるという一つの目標に向かって
団結し仕事をしているのです。
会社で仕事をするということは、
ただ夢を追ったりやりたいことをやるだけでは
済まないのです。

 

photo02.jpg

       報道記者だった頃の私。

 

【 皆さんへ 】  

平均寿命30年といわれる会社の寿命。
そんな中でCBCはことし60歳であります。
平均寿命の倍も生きてこれたのは
これまでの活動が地域の方やスポンサーに
認められてきたからです。
しかし最近は、企業の広告に対する姿勢の変化や
ニーズの多様化等で、
放送を通じての地域貢献と
営利企業として利益確保の両立がより難しく、
ますます競争の激しい時代となってきました。
一方でこれから就職する皆さんを終身雇用しようとすると
CBCは100歳を越えないといけないのです。
会社が100歳を越えるって
人間以上に難しいことかもしれませんが、
だからこそ皆さんの若く新しい力が必要なのです。
夢を心に秘めながらも
厳しく新しい時代感覚についてこれる
大きなパワーを持った皆さんの応募をお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
▲PAGE TOP