採用ブログ
2013トップ > 採用ブログ > 採用ブログ2012 > リレーブログ<19>

2011年01月20日

リレーブログ<19>

『 一番やりたかった仕事 』

DSC_0010.JPG
地方営業部 岡崎支社:青山高明
1997年 入社。
アナウンス部、業務部などを経て、現職。

 

 

私は今年入社15年目を迎えます。
CBC創立60周年の長い歴史と伝統の中の
ごく一部しか関わっておりませんが、
CBCの社員であることを誇りに思います。

今改めて振り返りますと、
入社当時は15年後の今の自分の姿は想像つきませんでした。
アナウンサーとして入社後、
報道記者、営業の内勤を経て、
現在は岡崎支社の営業担当として
スポンサーや広告代理店を廻って、
ラジオ・テレビでより多くCMを流していただけるよう、
広告収入が増加するように日々汗を流しています。

 

放送局を志す皆さんのイメージとしては、
報道記者や番組プロデューサー、ディレクターに
憧れを持つ方が多く、
放送局における営業の仕事というのは
イメージが湧かないかも知れません。

 

入社前は、私もそうでしたが、
色々な仕事を経験した上で、
営業という仕事を通じて感じたのは、
営業はとても“やりがい”があるということです。
広告費をいただくという結果をシビアに問われる部分や、
CBCの代表として
社外の方と接しているという責任等はありますが、
ただそれだけではなく、
結果に至るまでの交渉、会話、おつきあいといった面で
あれこれ試行錯誤し自分で考える余地があるのが
大変面白いです。


DSC_0005.JPG


もちろん上手くいかないことも多いですが、
思い通りの結果になった時には
とても充実した気持ちを味わえます。

 

また、今担当している西三河エリアの方々は
情に厚い、温かい方が多く、
地域のお祭り等のイベントが多いのが特徴です。
岡崎の花火大会、安城の七夕まつり、
刈谷のアマチュア音楽祭などが盛り上がるように、
ラジオCMや公開番組収録、生中継など
様々な形でお手伝いさせていただいてます。

 

タイトルに“やりたかった”という言葉を入れた意図は、
過去形でもあり現在進行形でもありますが、
“やりたかった”今の仕事に就けた事に感謝し、
また将来振り返った時に、
やはりこれが“やりたかった”仕事だと
心から思えるようにさらに精進していきたいと思います。

 

『 皆さんへ 』

就活の状況は厳しいかと思いますが、
自分の
やりたい゛仕事にとことんこだわって、

10年後、15年後という将来に振り返った時に、
“やりたかった仕事”で良かったと思えるように
頑張ってください。応援しています。

▲PAGE TOP