採用ブログ
2013トップ > 採用ブログ > 採用ブログ2012 > リレーブログ<26>

2011年02月01日

リレーブログ<26>

『 採用ブログ、ですか?! 』


ak1.JPG
制作技術部 : 亀井大策
1996年 入社。
放送制作部(ラジオ)などを経て、現職。

  ブログって何ですか?!

本気で悩んでいるわけではありません。
インターネットで調べれば大まかなことは判りますし。
(Web上の情報の取り扱いは注意してね!)

リレーブログの過去ログを見返しました。
みんなマジメに書いてるなあ。
おっと自分の映りこんでる画像発見。

改めまして、

制作技術部で、テレビの音声技術を担当している亀井です。
カタカナでいえばオーディオエンジニアです。
番組最後のテロップで「音声 ○○○○」って流れていくアレです。

ak2.JPG  
          「イッポウ」の準備中!

オーディオエンジニアという職種は、
他業種の方に「で、なにやってるの?」とよく問い直されます。
番組に関わってる中では比較的地味な、ウラカタな業務だと思います。
ジミでごめんなさい。

そんな僕でも入社15年近くなりました。
ここで自分史を語ってもキリがないので・・・
やっぱり番組関連の方がわかりやすいよね。

紹介したい仕事や番組はいっぱいあるんですが、
近いところで、特にイメージに残っているものをふたつ。


ひとつめ。
2009年7月 鈴鹿8時間耐久ロードレース

CBCが鈴鹿8耐を中継することになりました。
(小難しい事情はいろいろありますが)
伝え聞いたところでは、CBCが担当するのは二十ウン年ぶり。

なにしろバブル景気を挟んで四半世紀近く前の話。
とにかく情報がありません。

曰く「知彼知己者、百戦不殆」

打合せと下見のために、責任者数人で
『初詣で』ならぬ『鈴鹿サーキット詣で』を繰り返しました。
一周5.8kmのコースのさらに外周、練り歩くこと合計??km。
何度目かの下見で、暑さのあまりフラフラになったのはご愛嬌。

aks3.JPG
          総延長13キロ以上!
        使ったケーブルの1部です。

関係セクションと打合せを繰り返し、準備を終え、
ついに迎えた本番。

aks2.JPG
         中継車の中は、こんな感じ!

スタート時は好天。
番組は9時間超という長丁場。
外回り担当のため万全の暑さ対策で望みました。

ところが。

大雨。

雷鳴。

最近流行りのゲリラ豪雨。


レースを制御するセーフティ・カーが4度も出動。
(解説者は史上初と叫んでおりました)
川となったコースを2輪車が連なって走っていく、異様な光景。

いちばん暑い(熱い?)仕事になる予定が、
いちばん濡れた仕事になろうとは。

なんにせよ、
鈴鹿8時間耐久ロードレース、二十ウン年ぶりのCBC製作。
なんとかやりとげました。


aks1.JPG
             後夜祭の花火。  


ふたつめ。
2010年11月 ドラゴンズとグランパスのダブル優勝!

といえばメデタいのですが、
決着までは、一部の人間を大いに悩ませました。

「優勝がいつ決まるかわからない。優勝しない可能性は?」
「優勝のタイミングで、その後の予定が変わる」
「プロ野球のポストシーズンは短期決戦」
「グランパスは初優勝。対応が未知数」
その全ての不確定要素を見越して準備するのです。

ks.JPG
    大規模な中継で使用される、大型中継車。

もちろん他の番組も並行して動きます。

スポーツの秋に相応しく、イベントが目白押し。
世界バレーは名古屋でも開催。
東日本実業団駅伝は初めて中継に参加。
名古屋シティマラソンは生中継。

ake.JPG  
     東日本実業団駅伝は、良い天気でした!

レギュラー番組も通常営業。
(拡大営業した番組もありました)

駅伝や世界バレーが重なったプロ野球日本シリーズは、
稀に見る好勝負の末、マリーンズの勝利で決着。

そして忘れもしない11月20日土曜日。
もともと朝から夜まで予定が入っているところに
『ドラゴンズ優勝パレード』が企画され、
当日の夕方に『名古屋グランパス優勝』が決定。
勤務終了は日付変わって午前5時。
午前9時からは翌日分の仕事です。
(家に帰って少しだけ寝ました)

曰く「無恃其不来、恃吾有以待也」
仕事が忙しくてナンボ!という職業です。

という間に自分と息子の誕生日が過ぎ、家内が二人目を出産。
(おかげ様で母子ともに健康です)

私事までドタバタ。
いちばんドタバタした2010年11月になりました。



【 皆さんへ 】

冒頭の『ブログって何?』
この疑問に対して、何と答えますか?

答えはひとつではありません。

たまたまスポーツに関わる大きなイベントを挙げましたが、
報道は世の中の出来事に対応して動かなければならないし、
バラエティ・ドラマなどは演出して作りこんでこだわって、
番組に直接関わらない仕事こそ実は重要だったり、
毎日毎日、ひとつとして同じ仕事はありません。
いつも新しい発見と反省の毎日です。

『ブログって何?』
こんな他愛もない疑問に柔軟にもマジメにもなれる人、
そんな熱い人を歓迎します!

そして、
もし縁あって入社した暁には、
ジミな僕を会社内で探してみてください。

お待ちしています!

▲PAGE TOP