採用ブログ
2013トップ > 採用ブログ > 採用ブログ2012 > リレーブログ<28>

2011年02月07日

リレーブログ<28>

『 モーレツになってしまった仕事 』
~あなたは、モーレツですか??チャンスは好きですか??~

aaaCIMG0001.jpg
東京営業センター テレビ業務部 : 山本哲矢
1995年 入社。
岡崎支社、テレビ営業部(東京)などを経て、現職。

「hungry?」「そうだ京都、行こう」。 
これは、1990年代前半の
某食品メーカー・鉄道会社のキャッチコピー。 

大学時代、片道2時間半ほどの通学時間であったことで、
中吊り広告や駅貼り利広告により多く触れ、
広告に関心を持ち、
ミーハーな気持ちと広告に関われる営業を希望して
CBCの扉を叩いてから、今や営業一筋およそ16年!!

営業は、外勤である営業マンと内勤であるデスクが
両輪となって、スポンサーからの広告費を頂戴し、
限られたCM枠を活用して、
売り上げUP,UPを目指すセクション。

自分の営業人生は、
営業マンになれば、市況が悪くなり、「稼げ!稼げ!」となり、
スポンサーや広告会社を駆けずりまわり、
デスクになれば市況が上向き、CM枠が枯渇する中で、
どうやってスポンサー・広告会社から頂戴した発注を
はめ込んでいくかに頭を抱える日々、といった繰り返し。
(ツイているのか、ツイてないのか・・・)
今はスポットデスクという仕事をしています。
案の定、テレビ広告は上向き、
CM枠をはめ込む作業に時間も忘れるほど。
もともと負けず嫌いな性格ではありますが、
次第に周りから「モーレツ!!!」と名づけられてしまいました・・・

ちなみにデスクは、長時間、パソコンと格闘することが多く、
寂しがりやな自分にとっては
取引先との情報交換を兼ねた会食は、息抜きにもなり、
ついついモーレツに飲みすぎることも・・・

yama.JPG

また、営業の「稼いでナンボ」が染み付いて、
ついつい某スポンサーの金融商品(??)を
モーレツに買ってしまうことも・・・

yama2.jpeg

「いつもチャンス!を求めて、
仕事も遊びもモーレツに」をモットーにがんばっています。

【 学生の皆さんへ 】

放送局の営業といってもピンとこない方も多いと思いますが、
営業は100人いれば100通りのスタイルがあり、
自分の力を試すには格好の部署です。
みなさんも「○○○な営業」というキャッチコピーを手にしてみては?

▲PAGE TOP