採用ブログ
2013トップ > 採用ブログ > 採用ブログ2013 > リレーブログ<1>

2012年01月17日

リレーブログ<1>

「 あの時、僕は「お笑い」だった! 」
 
sa1.JPG
報道部 : 桜沢 信司
1996
年 入社。
アナウンス部、ラジオ制作部を経て、現職。

 

 僕は、気象予報士です。
 「イッポウ」(毎週 月~金 午後4:50~7:00)内で、
気象情報を担当しています。
その他、気象に関するニュース制作など、
記者の役割も担っています。

毎日、毎日忙しいです。

ニュース原稿を書き、取材し、VTRも作成。
台風や大雪の時には、モーレツに忙しくなります。

イッポウ内では、季節の話題作りも、自分で作ります。

季節ネタを考え、取材のアポイント、
フリップ発注、原稿作成など。。。
ディレクターに相談しながら、
基本的には、自分で作ります。

sa2.jpg  

忙しいですが、好きな天気に携われ、結構、幸せものです(^^)v

実は・・・。

今は、お天気キャスターですが、
3年前まではお笑い担当プロデューサーでした(笑)。

そもそも、なぜ僕が、気象予報士の資格を取得したのか??
思い起こせば、9年前。。。。
僕は、ラジオ制作部。

今後の目標を設定するための面接の時、
当時の部長から、こんなこと言われました。
「お前は、キャラが薄い!普通じゃダメだ。部内でキャラを作れ!」

sa3.JPG  
    ※当時の再現(羽雁彰元ラジオ制作部長)

部長いわく、仕事のつけ方には、
キャラがあるらしいです。
「アイドル好き」「ハードロックファン」
「お笑い」や「スポーツ」好きなど。
何か特徴のあるものを持っていると、
その人らしい仕事ができるんです。

僕は、、、空を見るのすきだなぁ。。。じゃぁ。。。
「ラジオ内で気象担当になります。
気象災害、防災に強いCBCラジオを作ります!」と。

毎日の業務に追われながら、
やっとの思いで取得した、気象予報士。

asa4.JPG

合格後、上司に報告したら、「お前は、お笑い担当にしたよ」。。。。

(泣)

僕 :「僕の気象キャラは??話が違います!」
上司:「あ、そんなこと言ったっけ。じゃあ、気象もやってね!」と。

(泣)(泣)


asa5.JPG
    ※僕が担当した、お笑いイベント(2008年1月)

お笑い担当は、2年ほど行いました。
お笑い番組のプロデューサーも、数々担当。
正直、全くわからない世界で、
派手な世界かと思いましたが、
地味な性格の僕にも、受け入れられました。
舞台裏では、僕以上に、
生真面目で、地味な芸人さんも多いんです。
正直、お笑い担当の時の経験は・・・、
今のお天気に、役立ちません(笑)。。。

でも、芸人さんから「仕事のやり方」みたいなのを
見たような気がします。
「キャラ作り」から、「ネタ作り」まで、自分で行い、
がむしゃらに仕事するところは、今の僕とおんなじです。
触れ幅の大きな仕事を経験しましたが、
結構、根幹の部分は似ていますね。
  
おかげで、どんな仕事も、できないことはない!と、
自信が付きました☆
今、大雪や台風のときの忙しいときでも、
なんとか作り上げてきているのも、
あの時の経験があったからかもしれませんね。

今では、お笑いからは縁遠くなってしまいました。
仲のよかったマネージャーさんから、
「TV見ましたよ」なんて、笑われることも・・・。
 
(上記の文のことを上司に話したら、
「そんなこと言ったっけ?」って、言われましたが・・・(泣)

 

【 皆さんへ 】

そういえば、就職試験のとき
お世話になった先輩から、
「面接官が覚えるのは、キャラ」だと
、言われたことがあります。
会社内でも、就職試験でも、一緒ですね♪
お互い、頑張りましょう!

コメント

投稿者:松川 | 2012年01月29日 22:28

毎週見てます。
特に、午後5時半ぐらいにやる天気予報は頼りになります。
特に外でやるときは今の名古屋の天気がすぐわかるので、僕は、外でやる天気予報が好きです。
これからもがんばってください。
インフルエンザには気をつけてください。

▲PAGE TOP