採用ブログ
2013トップ > 採用ブログ > 採用ブログ2013 > リレーブログ<9>

2012年02月15日

リレーブログ<9>

『あのとき(も、今も)僕は・・・毎日100%だった』

sIMG_3348.JPG
 
アナウンス部:澤朋宏
1996年 入社。

1996年入社。今年で39歳。アナウンサー17年目。

振り返れば毎日・・・100%の自分でいないと
乗り越えられない日々。

針、振り切ってる!」ことも、日常。

そして、いま、想う。

CBCというのは、オソロシイ会社だ。

 

「伝える」って、なんなのだろう?

「喋る」だけではなく、
「伝え」ようと努力しても相手に「伝わら」なきゃ意味がない。
相手
の目や耳じゃなくてココロに届かなけりゃ、意味がない。

だから雪山で胴着姿なのかっっ!?(しかも半そで)


a01.png  
    青の半そで胴着が筆者

だから、雪降る中でも、滝行なのか?! 02.png  
    もう、目がうつろ・・・


しかも。

このうちひとつは、ラジオの現場だ。

「見えないから、いい?」などという甘えは、
いちミクロンも許されない世界。

この道17年目。
振り返ると・・・いろんなことがあったなぁぁ。

・名駅前。某ビルの屋上からロープ一本で降りてみる。
・釣れない(から、いい絵が撮れない)ので、
 そのままロケ延長(
in太平洋)。

・マイナス20度の朝を
  屋外で迎えてみる・・まつ毛も鼻毛も凍る。


そういえば、

・馬の耳に念仏を唱えてみる。
なんてことも。


遊んでるだけなのかっっ?!


いえいえ。
テレビ・ラジオの前の視聴者の皆さんに、
「ゲンバ」の「リアル」をお届けするためには、
ナニが必要なのか。ナニをしなければならないのか。
この会社の制作陣は、それを知っているのです。
知っているから、それを追及するのです。

ぼくら、いち出演者にとって。このCBCというのは・・・

オソロシイ会社です(^_^)


【学生の皆さんへ】



放送局に入ると・・・

・変化に富む毎日!
・刺激の多い日々!

月日はめまぐるしく流れていくことでしょう!


100%に知力・体力・時の運まで
フル稼働して取材した内容も、
ざOAの時にはあっという間の10数分間に凝縮されて、
流れていきます。

ふだん、テレビ・ラジオの前にいると、
毎日のように流れていく番組も、
「ネタ」ひとつひとつにとっては、
その日が『放送初回』で『最終回』。

その日のOAが終わるころにはもう、頭の中は、
次のOAのことでいっぱい!!

毎日が、「おわり」で「はじまり」。
こんな刺激的で楽しい毎日、いっしょに作っていきましょう!!

03.jpg

 

▲PAGE TOP