新・生活フロッピー 協会けんぽ「健康のつボ」

2011年07月14日

7月14日(木) 健康のつボ

7月14日放送のおさらい!

今月は、「夏の健康管理」について
今回は「熱中症の予防」について勉強しました。

                                          
熱中症」は、
「暑さ」によって引き起こされる、様々な体の不調の事。 泣く
気温が急に高くなった時、気温は高くないけれど湿度が高い時、
アスファルト・コンクリート・砂地の上にいる時、
労働やスポーツの時は、特にしっかり予防をしていきましょう。

予防法① 「暑さ対策」
外に出る時は、帽子や日傘を利用して下さい。
服装も、通気性の良い素材を身にまとい、
色合いは熱を吸収しにくい白系統の服にしましょう。
また、長時間炎天下にいる事は禁物です!
特に気温の高い11時から15時の外出は避けましょう。
室内での「熱中症」も増えています。
外出していないからといって油断はせず、
室内も、風通しを良くするように意識して対策をとってください。
節電ももちろん大切ですが、
エアコンや扇風機などを上手に使っていきましょう。 照れる

予防法②
 「水分補給」
汗をかいた分、水分は補給しなければなりません。
脱水症状が「熱中症」の要因となります。
喉が渇いたと感じる前に、水分を補給しましょう。
また、水分補給の際のポイントですが、
水だけでは吸収が良くない為、塩分を取ると吸収が良くなります。
糖分も含まれているスポーツドリンクなどは効果的ですので、
上手に水分補給をしてみて下さい。 笑顔


またこの季節は「熱中症指数」を出している天気予報もありますので、
外出の際にはチェックして、「熱中症」対策に役立てましょう。 笑う

来週は、暑くなると増えてくる「食中毒について」勉強していきます。
また「健康のつボ」のコーナーでは、
健康保険制度に関する疑問・質問を募集しています。
番組宛に、ハガキ・ファックス・メールで、どしどしお寄せ下さい☆

 

▲PAGE TOP