新・生活フロッピー 協会けんぽ「健康のつボ」

2011年09月

2011年09月29日

9月29日(木) 健康のつボ 

9月29日放送のおさらい!

今日は、健康保険の制度に関する疑問・質問について!
【入院が決まりましたが、
活用できる制度はありますか?】

 

長期入院したり、治療が長引く場合には、
医療費の自己負担額が高額となります。
そのため家計の負担を軽減できるように、
1ヶ月単位で一定の金額(自己負担限度額)を
超えた部分が払い戻される
高額療養費」という制度があります。 笑う

 

例えば・・・入院して1ケ月の総医療費が
100万円だった場合


この場合の「
総医療費」とは、
食事代や差額ベッド代などを除いた、
健康保険が適用される費用のこと。
総医療費が100万円だった場合、
3割負担の方ならば自己負担分は30万円。
いったん窓口で30万円を支払った後で、
「高額療養費支給申請書」にてご加入の健康保険に申請すれば、
入院された月のおおむね4ケ月後に、
自己負担限度額を超えた金額が払い戻されます。

自己負担限度額とは、
年齢及び所得に応じて算出
されますが、
「上位所得者」「一般」「低所得者」と、大きく3つに分類されます。
1ケ月の総医療費が100万円、3割負担の30万円を支払った場合、
70歳未満で、所得区分が「一般」の方なら、
21万円程度が戻ってきます。
つまり自己負担限度額は9万円程度。

ただ、支払いの際に、
いったんまとまった金額をご用意頂かなければならないのは大変! 叫ぶ
また高額療養費は、協会けんぽの場合、
通常入院された月のおおむね4ケ月後に支給されますが、
負担は大きいですよね! 泣く
そこで、
入院が決まった場合、
「限度額適用認定申請書」を提出して、
入院された医療機関へ、
【健康保険証】と、発行された【限度額適用認定証】を
一緒に提出すれば、
高額療養費の1ケ月単位の
自己負担限度額までの負担で済むようになります。
1ケ月の総医療費が100万円の場合だと、
3割負担の30万円といった、まとまった金額を用意しなくても、
医療機関への支払いは、
自己負担限度額の9万円程度の負担で済むという事になりますね。
負担はかなり軽減されます。 笑顔

70歳未満の方が入院される場合は、「限度額適用認定証」のご利用をお薦め致します!
詳しくはご加入の健康保険までお尋ね下さい。 ウィンク

「健康のつボ」のコーナーでは、
健康保険制度に関する疑問・質問を募集しています。
番組宛に、ハガキ・ファックス・メールで、どしどしお寄せ下さい☆

 

 

 

2011年09月22日

9月22日(木) 健康のつボ 

9月22日放送のおさらい!

今月は、「メンタルヘルス」について
今日は「ストレスの上手な付き合い方②」について
勉強しました。

メンタルヘルス」は、「
心の健康」の事。

心も体と同様に、イロイロな種類の病気があり、
心の病気は、ストレスが大きく関係していました。
ストレスは人生のスパイスである
」と
ストレス学説を唱えたハンス・セリエの言葉があるように、
全てが有害なわけではなく、適度なストレスは心を引き締めて、
仕事や勉強の能率をあげたり、
心地よい興奮や緊張を与えてくれます。
しかしその興奮や緊張が、度を越してしまうと、
心や体が適応しきれなくなり、心身にダメージを与えます。 叫ぶ

ストレスと上手に付き合う為には、
自分に過剰なストレスがかかっている事に早く気付く事、
自分に合うストレス対処法を見つけて実践する事が、
とても大切です。
笑う
いくつかのストレス解消法をご紹介しましたので、
是非参考にしてみて下さいね。

リラクセーション法を身に付ける
 リラクセーション法を身に付けておく事は、
 ストレス社会の言われる現代にとって、強い武器になります!
 中でもストレッチングは、特別な器具や道具を用いる事がなく、
 場所や時間もとらず手軽に行えますのでお薦めです。
 筋肉をゆっくり伸ばすストレッチングは、
 筋肉の緊張を緩め、血行を促し、
心身のリラックスに効果的です!
親しい人たちと、交流する時間を持つ
 ストレスが多い時、親しい人に話を聴いてもらうだけで、
 随分気持ちが楽になった経験、皆さんもあるかと思います。
 話をする事で、気持ちが整理され、自分で解決できたり、
 時には、よいアドバイスがもらえたりします。
仕事に関係ない趣味を持つ
 心の健康には、趣味を持つ事がいいとよく言われます。
 仕事を離れた趣味を持つ事は、
 気分転換になり、ストレス解消に繋がります。
 1人でやる事、また仲間とやる事など、
 イロイロな趣味を持つ事で、人生の豊かさにも繋がる事でしょう。
 ただ気分転換や、ストレス解消の為には、
 あくまでも「楽しむ」という気持ちが大切です。
 無理矢理に趣味を作るのではなく、
 自分の好きな事を見つけていきましょう。
笑う
 心の余裕がなくなると、笑いは少なくなり、無表情になりがちです。
 笑いによって自律神経のバランスを整えたり、
 ガン細胞を攻撃するNK(ナチュラルキラー)細胞が活性化し、
 免疫力を正常化させる効果もあります。
 日常生活に「笑い」を取り入れて、健康で楽しい日々を送りましょう。

自分に合ったストレス解消を見付けて、
ストレスはためないようにしていきましょう!!!
日々の生活のちょっとした工夫が、
心の疲れを取る事に役立ちます。 笑顔


今月は「メンタルヘルスについて」勉強をしてきました。
また「健康のつボ」のコーナーでは、
健康保険制度に関する疑問・質問を募集しています。
番組宛に、ハガキ・ファックス・メールで、どしどしお寄せ下さい☆

 

 

2011年09月15日

9月15日(木) 健康のつボ 

9月15日放送のおさらい!

今月は、メンタルヘルスについて
今日はストレスの上手な付き合い方①について
勉強しました。

メンタルヘルス」は、「心の健康」の事。

心も体と同様に、イロイロな種類の病気があり、
心の病気は、ストレスが大きく関係していました。
ストレスが大きくなると、心や体のサイン=症状があらわれるので、
心の不調が長く続く場合は、専門機関に相談する事をお勧めします。

心の病気にならない為の、ストレスとの上手な付き合い方という事で、
今週は、
ストレスと関係の深い【睡眠】をピックアップし、
厚生労働省の「健康づくりのための睡眠指針」となる
「快適な睡眠のための7箇条」を学びました。 夜

快適な睡眠でいきいき健康生活
 睡眠に問題があると、
 高血圧・心臓病・脳卒中などの生活習慣病のリスクが上昇しますが、
 逆に快適な睡眠を取ると、
 
疲労回復・ストレス解消・事故防止などに繋がります。
 快適な睡眠をもたらすには、やはり生活習慣が大切です!
睡眠は人それぞれ、日中元気はつらつが、
 快適な睡眠のバロメーター
 年齢を重ねると睡眠時間が短くなるのは普通です。
 自分にあった睡眠時間がありますので、
 8時間にこだわらず、睡眠を取っていきましょう。
快適な睡眠は、自ら創り出す
 夕食後のカフェインの摂取は、寝付きを悪くし、
 「睡眠薬代わりの寝酒」は、
 睡眠の質を悪くしますので、要注意です!
 また睡眠の妨げになるような音や光を防ぐ環境づくり、
 自分にあった寝具の工夫も大切です。
寝る前に自分なりのリラックス法、
 眠ろうとする意気込みが頭をさえさせる
 軽い読書・音楽・香り・ストレッチなどでリラックスしたり、
 ぬるめの入浴で寝付きが良くなります。
 また眠ろうと意気込むとかえって逆効果になりますので、
 自然に眠たくなってから寝床に就くようにしましょう。
目が覚めたら日光を取り入れて、体内時計をスイッチオン
 お休みの日に遅くまで寝床で過ごすと、
 翌日の朝が辛くなる経験ありませんか?
 快眠の秘訣は起床時間にあります!
 毎日同じ時刻に起きるようにしましょう。
午後の眠気をやりすごす
 長い昼寝はかえってぼんやりのもとになります。
 昼寝をするなら午後3時前の20~30分、短い昼寝が効果的です!
 リフレッシュができて、仕事の効率がUPします。
 夕方以降の昼寝は夜の睡眠に悪影響なので、控えて下さい。
睡眠障害は専門家に相談
 寝付けない、熟睡感がない、充分眠っても日中の眠気が強い時や、
 睡眠中の激しいいびき、足のむずむず感、歯ぎしりは要注意です!
 睡眠障害は、「心や体の病気」のサインの場合があります。
 そんな時は、専門家に相談をしましょう。

「快適な睡眠の7箇条」是非実践してみて下さい。
快適な睡眠をしっかり取って、
上手にストレスと向き合っていきましょう♪ 笑顔


引き続き来週も「ストレス」との上手な付き合い方について勉強します。
また「健康のつボ」のコーナーでは、
健康保険制度に関する疑問・質問を募集しています。
番組宛に、ハガキ・ファックス・メールで、どしどしお寄せ下さい☆

 

 

2011年09月08日

9月8日(木) 健康のつボ 

9月8日放送のおさらい!

今月は、「
メンタルヘルス」について
今日は「心の病気と症状」について勉強しました。

メンタルヘルス」は、「心の健康」の事。

「心の病気」と一口で言っても、
心も体と同様に、イロイロな種類の病気があり、
そしてそれは誰でもかかる可能性があります。
心の病気は、ストレスが大きく関係していて、
様々なきっかけで、病気が引き起こされます。

ストレスを受けて、気持ちが落ち込んだり、イライラする事や、
体調がすぐれない時に、眠れなかったり、食欲がなかったりする事は、
誰にでもあります。
こうした症状があるからといって、心の病気とは必ずしも言えません。
特に理由もないのに、気持ちが不安定になったり、
心の不調が長く続く場合などは、
専門機関に相談する事をお勧めします。 ボーッ

今回は、ストレスが大きくなった場合のサインを、
いくつか挙げてみますので、チェックしてみましょう!

まずは心
●不安や緊張が高まって、イライラしたり怒りっぽくなる。
●ちょっとした事で驚いたり、急に泣き出したりする。
●気分が落ち込んで、やる気がなくなる。
●人付き合いが面倒になって避けるようになる。
こんな変化ありませんか?

次に体
●肩こりや頭痛・腹痛・腰痛などの痛みが出てくる。
●寝つきが悪くなったり、夜中や朝方に目が覚める。
●食欲がなくなって食べられなくなったり、逆に食べ過ぎてしまう。
●下痢をしたり、便秘をしやすくなる。
●めまいや耳鳴りがする。
こんな変化ありませんか?

これらの症状から、自分がストレス状態である事に、
気付く事が大事ですが、
心の病気は自分で気付きにくいのも特徴です。
心の病気も体の病気と同じように、早期発見、早期対処が大切です。
早目に適切な治療や、社会的なサポートを受ける程、
回復しやすい事が分っているので、
皆さんの周囲に、以前と比べて様子が異なっている方がいれば、
早目に専門機関に相談する事を勧めて下さい。
1人で我慢したり、頑張ろうとしないで、
心の専門家にお手伝いしてもらいましょう。
各自治体にも相談窓口が設置してありますので、
まずは相談をしてみて下さい。 笑顔


避けたいのは、ストレスを軽くしようと、
カフェイン・タバコ・アルコールなど、その場しのぎの解消法に頼る事。
これらは「やめたくてもやめられない」という依存を引き起こすので、
かえってストレスが増えてしまいます。注意しましょう。 ペロッ


来週は「ストレス」との上手な付き合い方について勉強します。
また「健康のつボ」のコーナーでは、
健康保険制度に関する疑問・質問を募集しています。
番組宛に、ハガキ・ファックス・メールで、どしどしお寄せ下さい☆

 

 

2011年09月01日

9月1日(木) 健康のつボ 

9月1日放送のおさらい!

今月は、「
メンタルヘルス」について
今日は「心の病気とストレス」について勉強しました。


メンタルヘルス」とは、「
心の健康」の事です。

心も健康な時と、そうでない時があります。
近年、心の病気になる人が急増をしており、
厚生労働省の「こころの健康サポートガイド」によりますと、
日本国内の患者数は300万人以上に及ぶと言われています。 ボーッ

「心の病気は自分には無関係」と
思っている方も多いかもしれませんが、
心の病気は体の病気と同じように、
誰にでもかかる可能性のある病気。
まずは自分にも関係のある問題として、
心の病気についての理解をしていく事が大切です!

「心の病気」と言うと「
うつ病」をイメージする方が多いと思いますが、
心の病気には、様々なモノがあります。
パニック障害」や「躁鬱病
」の他、
アルコール依存症」や「薬物依存症
」もそうですし、
病的な過食や拒食が症状となる「摂食障害
」もそうです。
またとても怖い思いをした記憶が心の傷となり、
その事が何度も思い出されて、恐怖を感じ続ける「PTSD
」なども、
心の病気です。

これらの
「心の病気」と深く関わっているのが、
心の疲れ「ストレス」
です。 叫ぶ

ストレスは、様々な出来事がきっかけとなって引き起こされますが、
身の回りにストレスの要因がないか、チェックしてみましょう!

職場においては・・・
●上司や部下との対立・セクハラやパワハラなどの
 職場での「人間関係のトラブル」
●仕事上の事故や失敗による「重い責任の発生」
●長時間労働や人事異動、トラブル発生などによる
 「仕事の質や量の変化」
●昇進・昇格・配置転換・出向などによる「役割・地位の変化」
こんなことは、ありませんか?

職場以外では・・・
●病気や家庭不和、人とのトラブル、事故や災害など「自分の出来事」
●家族・親族・友人の死や病気、非行など「自分以外の出来事」
●単身赴任・転居・騒音など「住環境や生活の変化」
●多額の借金・ローン・収入源など「金銭問題」
こんなことは、ありませんか?
出産や昇進など、周りの人から見ると幸せな事も、
人によってはストレスになる場合もあります。

心の病気は、自分では症状が気付きにくいのも、大きな特徴です。
ストレスを受けると、心や体にどのようなサインが出るのか!?
来週は、そんな「心の病気と症状」について勉強をしていきます。
また「健康のつボ」のコーナーでは、
健康保険制度に関する疑問・質問を募集しています。
番組宛に、ハガキ・ファックス・メールで、どしどしお寄せ下さい☆

 

 

▲PAGE TOP