新・生活フロッピー 協会けんぽ「健康のつボ」

2011年11月10日

11月10日(木) 健康のつボ

11月10日放送のおさらい!

今月は、スポーツの秋という事で「運動」について勉強しています。
今月は、誰にでもできる「運動」を、具体的に紹介!
今日は有酸素運動で、
効果・消費カロリーが大きいのが特徴の「縄跳び」
です。

必要アイテムは「縄跳び用の縄」だけでOK! ウィンク
専門店に行くと、イロイロな種類の縄が売られていますが、
最初は一般的なごく普通の縄跳びの縄で、
全く問題がありませんので、
100円ショップで多く売られている、ビニール製のモノで構いません。

縄1本で始められる気軽な運動の縄跳びは、
実際にやってみると分かりますが、想像以上にハードな運動です。 ボーッ
では一体、どれぐらいやればいいの!?と思われると思いますが、
目標は、250回を2セットくらいです。
1分間に60回を目安に跳んでみましょう。

縄跳びを始めたばかりの頃は、足が痛くなるかもしれません。
無理して毎日行わず、2日行って1日休むなど、
怪我をしないように、
オーバーペースに気を付けて実行して下さい。
最初は、1分間に60回では、かなり遅く感じるかもしれませんが、
長く続けていれば次第にきつくなってきますので、
油断しないようにしましょう。
早く跳べばいいというわけではありません。
息を切らすぐらい、早く跳んでしまうと長く続けられず、
有酸素運動の効果が低くなってしまいます。

縄跳びは、全身運動で、心肺機能と脚が特に強化されます。
慣れてきたら1日の行う回数や、セットの量を上げていきましょう。
縄跳びのやり方も、足を揃えて単純にジャンプするよりも、
片足ずつ跳んでみるとかの、
技を入れてジャンプすると運動量が高まります。
縄跳びは、足首や膝に負担がかかるので、
コンクリートの上では避けた方がいいでしょう。
またクッション性のよい靴を履く事はお薦めです。
ハードな運動だけに、無理をしないのがコツです! 笑顔

それでは本日のまとめ。今週のつボ!
【縄跳びで、無理せず続ける有酸素運動!】

また「健康のつボ」のコーナーでは、
健康保険制度に関する疑問・質問を募集しています。
番組宛に、ハガキ・ファックス・メールで、どしどしお寄せ下さい☆

 

▲PAGE TOP