新・生活フロッピー 協会けんぽ「健康のつボ」

2012年01月

2012年01月26日

1月26日(木) 健康のつボ 

1月26日放送のおさらい!

今日は、健康保険の制度に関する疑問・質問について!
確定申告の時期によく聞かれる質問
【医療費控除の申請で、
何か注意した方がいい点は?】

 

以前、長期入院したり、治療が長引く場合には、
医療費の自己負担額が高額となり、
そのため家計の負担を軽減できるように、
1ヶ月単位で一定の金額(自己負担限度額)を
超えた部分が払い戻される
高額療養費」という制度について学びました。 笑う

 

例えば・・・入院して1ケ月の総医療費が
100万円だった場合


この場合の「
総医療費」とは、
食事代や差額ベッド代などを除いた、
健康保険が適用される費用のこと。
総医療費が100万円だった場合、
3割負担の方ならば自己負担分は30万円。
いったん窓口で30万円を支払った後で、
「高額療養費支給申請書」にてご加入の健康保険に申請すれば、
入院された月のおおむね4ケ月後に、
自己負担限度額を超えた金額が払い戻されました。

自己負担限度額とは、
年齢及び所得に応じて算出
されますが、
「上位所得者」「一般」「低所得者」と、大きく3つに分類され、
1ケ月の総医療費が100万円、3割負担の30万円を支払った場合、
70歳未満で、所得区分が「一般」の方なら、
21万円程度が戻ってきます。
つまり自己負担限度額は9万円程度でした。

この「高額療養費」に関しては、医療費控除の際、
払い戻しされた後の自己負担額が対象
になります!
(ちなみに医療費控除は、総所得によっても異なりますが、
主に年間の医療費が10万円以上だった場合に対象となります。)

詳しいお問い合わせは、
高額療養費と医療費控除は別の制度となりますので、
医療費控除に関しては、税務署にお問い合わせ下さい。
高額療養費については、払い戻しの基準となる金額が、
年齢が所得によって異なりますので、
ご加入の健康保険でご確認下さい。
  笑顔

「健康のつボ」のコーナーでは、
健康保険制度に関する疑問・質問を募集しています。
番組宛に、ハガキ・ファックス・メールで、どしどしお寄せ下さい☆

2012年01月19日

1月19日(木) 健康のつボ 

1月19日放送のおさらい!

今月は「冬の野菜の食べ方」について勉強しています。
先週は、旬の野菜に関して学びました。
旬の野菜は、栄養価が高く価格も安いという事で、
是非、毎日の食生活に取り入れていきたい野菜でした。
しかも旬の野菜には、それぞれ作用があって、
冬野菜には、体を温める作用があるモノが多いという事でした。

ちなみに、体を温める作用がある野菜は、
かぼちゃ・たまねぎ・にら・にんにく・ねぎ・しょうがなどが
挙げられます。


中でも
「ショウガ」
はブームで、
ショウガ入りの飲料やお菓子も登場して、注目を集めています。
そんな今、人気の「ショウガ」・・・
身体を温めてくれるパワーの秘密はショウガに含まれる辛味成分
「ジンゲロール」と「ショウガオール」です。
「ジンゲロール」は、
【生】のショウガに含まれている成分で、
これを【加熱する】と、「ショウガオール」に変化!
どちらも冷え性などを和らげる作用が期待できます。
ビックリ   

風邪を引いた時に飲む「しょうが湯」は、
体を温めるのに非常に効果的!
  ウィンク
ただ「ジンゲロール」は、酸素に弱く、たった3分置いておくだけで、
半分に激減してしまうといった特徴があるので、
「しょうが湯」をつくる場合は、飲む直前にすりおろしたショウガを、
ぬるめの湯に入れて飲むのがお薦めです。
普段の食事に取り入れるなら、「しょうが焼き」がお薦め!  笑顔
ショウガには、タンパク質を分解する酵素が含まれているので、
お肉を軟らかくしてくれます。
成分を最大限に発揮できる方法で、取り入れていくことが大事です。

それでは本日のまとめ。今週のつボ!
【冬野菜 体ほかぽか 冷え知らず】

また「健康のつボ」のコーナーでは、
健康保険制度に関する疑問・質問を募集しています。
番組宛に、ハガキ・ファックス・メールで、どしどしお寄せ下さい☆

 

 

2012年01月12日

1月12日(木) 健康のつボ 

1月12日放送のおさらい!

今月は「冬の野菜の食べ方」について勉強しています。
今日は「旬の冬野菜」に関して学びました。
今は、1年中種類の豊富な野菜が手に入り、
「旬」が、よく分からないという方もいらっしゃるかもしれませんね。
ハウス栽培などの発達によって、
本当にイロイロな種類の野菜を、1年中食べられるようになりました。

「旬の野菜」は、
時期によって市場に一番よく出回り、また価格が安い
ので、
消費者にとっては嬉しい商品になります! 笑顔
しかも野菜が採れる時期(旬)と、
季節はずれでは野菜の栄養価も3倍違う
言われているので
季節の野菜を、上手に取り入れていく事が大切な事が分かります。 笑う
また季節ごとの素晴らしい効能があり、
キャベツなどの春野菜は、鮮やかな緑色をしていて、
新芽や芽吹きの香りが春を感じさせてくれます。
夏野菜のきゅうりやナスなどは、
ほてった身体を冷やす作用や、夏バテに負けないよう、
スタミナが付くように調整してくれます。
加えて、暑さで体内から奪われやすいビタミンCも豊富です。
じゃがいもなどに代表される秋野菜は、
全体的に身体に優しく、
辛みや塩味の効いた
夏の料理で疲れ気味の胃や腸の調子を整えてくれます。
冬野菜は、根菜・小松菜・ねぎなど、身体を温める作用があります。

ちなみに今が
旬の冬野菜は、
大根・白菜・ほうれん草・小松菜・長ネギ・百合根などが
挙げられます。

中でも
「大根」の旬は12月~2月。
秋から冬に甘みが強くなり、水分をたっぷり含んでいます。
大根は、分解酵素の「アミラーゼ」が豊富で消化を促進!
またビタミンCも多く、皮の近くに豊富に含まれています。
大根の葉の部分は、緑黄色野菜の仲間で、
カロチン・ビタミンC・カルシウムなどが豊富に含まれています。
大根の栄養を、最も効果的に取れるのは生のまま
なので、
大根おろし・サラダ・なますなどにすることです。
特に大根おろしにする時は、皮付きのまま用いると、
皮の栄養がそのまま摂取できます。
先の部分は食物繊維が多いので、
大根おろしなどの薬味に向いています。
時間が経つとビタミンが減ってしまうので、
使う直前におろすのがポイントです。

真ん中の太い部分は甘みがあり、おでんなどの煮物に向きます。
茹でる時に、米のとき汁を入れると、アクが抜けて甘みが増します!
先は辛味が強いので、おろしで薬味などに使います。
葉は新鮮なうちに湯がいておけば、味噌汁やチャーハン、
炒めものなどに使えて便利です! レストラン
野菜選びの際は、是非、
旬の野菜を積極的に取り入れていきましょう! ウィンク

それでは本日のまとめ。今週のつボ!
【献立に プラス一皿 旬野菜】

また「健康のつボ」のコーナーでは、
健康保険制度に関する疑問・質問を募集しています。
番組宛に、ハガキ・ファックス・メールで、どしどしお寄せ下さい☆

2012年01月05日

1月5日(木) 健康のつボ 

1月5日放送のおさらい!

今月は「冬の野菜の食べ方」について勉強しています。
1月7日
「七草粥の日」として知られています。 笑顔
1月7日の朝に、無病息災を願って七草粥を食べる行事。
この習慣は中国から伝わり、江戸時代に将軍家をはじめ、
一般家庭でも食べるようになったと言われています。

1月7日は、ちょうど新年を迎えて1週間。
お正月のごちそうによる、胃の負担をやわらげてくれる、
非常に理にかなった、昔の人の生活の知恵とも言えます。
味付けの濃いお正月料理に比べて、シンプルな味付けの七草粥は、
味覚のリセットにもなりますね。

「七草粥」
に使うのが
「春の七草」
一般的に、セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・
スズシロとなります。 ウィンク
ちなみに、この中でスズナはかぶ、スズシロは大根、を指します。
かぶ、大根にはビタミンC、カルシウムが豊富です。
また、七草などの青菜は、体内でビタミンAに変わる
βカロテンをたくさん含んでいます。
ビタミンAは油に溶け出る性質を持っているので、
ゴマ油などで炒めて加えると
ビタミンAの吸収率はぐんとアップ!!! 
まさに七草は言わば、日本のハーブと言えます。

「七草粥」の作り方
は、とっても簡単!
大根、かぶの青い部分と、他の草は全部細かく切っておく。

米は洗って土鍋に水とだしをいれる。
大根(すずしろ)、かぶ(すずな)の白い部分を
  イチョウ切りにしたものを、
土鍋に入れる。
④土鍋を火にかけ、煮立ってくれば、極弱火にし、30分位煮る。 
 塩を入れ味をつけ、先に切っておいた
 他の草をいれてできあがり。

もし七草が揃わない場合は、
気になる栄養素の七草、あるものだけでも入れてみたり、
春菊・小松菜・ほうれん草などの青菜で代用もできます。
この時期になりますと、スーパーや青果店で、
七草全種類が入った「七草粥セット」パックで
販売もされたりしますから、
手軽に「七草粥」を楽しめます。
また
お好みで、みそ仕立てにしたり、
干し貝柱や干しエビなどの魚介を加えたり、
コンソメを使ってリゾットにしても美味しく頂けます。 笑う
イロイロなアレンジを楽しみながら、
是非1月7日は「七草粥」、召し上がってみてはいかがでしょうか?

それでは本日のまとめ。今週のつボ!
【七草で 胃腸の疲れを リフレッシュ!】

また「健康のつボ」のコーナーでは、
健康保険制度に関する疑問・質問を募集しています。
番組宛に、ハガキ・ファックス・メールで、どしどしお寄せ下さい☆

▲PAGE TOP