新・生活フロッピー 協会けんぽ「健康のつボ」

2012年01月19日

1月19日(木) 健康のつボ

1月19日放送のおさらい!

今月は「冬の野菜の食べ方」について勉強しています。
先週は、旬の野菜に関して学びました。
旬の野菜は、栄養価が高く価格も安いという事で、
是非、毎日の食生活に取り入れていきたい野菜でした。
しかも旬の野菜には、それぞれ作用があって、
冬野菜には、体を温める作用があるモノが多いという事でした。

ちなみに、体を温める作用がある野菜は、
かぼちゃ・たまねぎ・にら・にんにく・ねぎ・しょうがなどが
挙げられます。


中でも
「ショウガ」
はブームで、
ショウガ入りの飲料やお菓子も登場して、注目を集めています。
そんな今、人気の「ショウガ」・・・
身体を温めてくれるパワーの秘密はショウガに含まれる辛味成分
「ジンゲロール」と「ショウガオール」です。
「ジンゲロール」は、
【生】のショウガに含まれている成分で、
これを【加熱する】と、「ショウガオール」に変化!
どちらも冷え性などを和らげる作用が期待できます。
ビックリ   

風邪を引いた時に飲む「しょうが湯」は、
体を温めるのに非常に効果的!
  ウィンク
ただ「ジンゲロール」は、酸素に弱く、たった3分置いておくだけで、
半分に激減してしまうといった特徴があるので、
「しょうが湯」をつくる場合は、飲む直前にすりおろしたショウガを、
ぬるめの湯に入れて飲むのがお薦めです。
普段の食事に取り入れるなら、「しょうが焼き」がお薦め!  笑顔
ショウガには、タンパク質を分解する酵素が含まれているので、
お肉を軟らかくしてくれます。
成分を最大限に発揮できる方法で、取り入れていくことが大事です。

それでは本日のまとめ。今週のつボ!
【冬野菜 体ほかぽか 冷え知らず】

また「健康のつボ」のコーナーでは、
健康保険制度に関する疑問・質問を募集しています。
番組宛に、ハガキ・ファックス・メールで、どしどしお寄せ下さい☆

 

 

▲PAGE TOP