新・生活フロッピー 協会けんぽ「健康のつボ」

2012年03月29日

3月29日(木) 健康のつボ

3月29日放送のおさらい!

今日は、健康保険の制度に関する疑問・質問について!
春は、就職・転職・退職など、
生活環境が変わる時期です。
今日は退職した場合の【健康保険】に関して

退職をすると、その翌日から【保険証】が使えなくなります。
会社勤めをしている方は、退職の際、【保険証】を会社に返還し、
退職をしたら、すぐに新しい健康保険の加入手続きをしましょう。

退職後の健康保険には、
国民健康保険に加入する
任意継続被保険者となる
家族の健康保険の被扶養者になる」という
3つの方法から選択ができますが、
それぞれ【保険料】が違ってきます。

①「国民健康保険に加入する」場合
「国民健康保険」は、市町村が運営しているもので、
保険料の決まり方もそれぞれ違います。
保険料は、前年の所得などで計算されます。
まずは市町村の窓口で問い合わせて、
保険料がいくらになるのか聞くのがベストです! 笑顔

②「任意継続被保険者となる」場合
勤めていた時の健康保険に、
引き続き2年間加入することで、
最長2年間加入する
ことができます。
保険料は、在職時の2倍となり、
上限は各健康保険にて決められています。
また原則2年間、保険料は変わりません。
なお、任意継続の申し込みは、
退職の翌日から20日以内に手続きが必要です。 ウィンク

③「家族の健康保険の
被扶養者になる」場合
ご両親や配偶者の方などが加入している健康保険の、
扶養者に入るという事です。
被扶養者にの方の保険料の負担がありませんが、
被扶養者になるには、収入制限があります。 笑う

いずれにせよ、【保険料】に違いがありますし、
その他に、健康保険ごとに健診の補助の違いもあって、
健診の際の自己負担が変わりますから、
総合的にみて、選んでいくことが重要です。
どれを選ぶにしても、退職をしたら、すぐに手続きをして下さい。


来月から「健康のつボ」のコーナーの中で、
「教えて!あなたの健康のつボ」と題して、
リスナーの皆さんの【健康法】をご紹介させて頂きます。
「毎朝、オリジナルの野菜ジューズを飲んでいます。」など、
【健康法】の具体例やエピソードなど、是非教えて下さい!
毎月、抽選で素敵なプレゼントを差し上げます。
どしどしご応募下さい。お待ちしています♪

▲PAGE TOP