新・生活フロッピー 協会けんぽ「健康のつボ」

2012年07月12日

7月12日(木) 健康のつボ

7月12日放送のおさらい!

今日は、【暑さ対策】について学びました。

この季節、やっぱり心配なのは“熱中症”です!
症状としては、頭痛やめまい、吐き気や失神など、
重度の場合は、意識障害や過呼吸などをおこします。 泣く

熱中症は、“暑さ対策”が、
予防のポイントになります。

長時間炎天下にいることを避け、
外出時には、帽子や日傘を利用したり、
風通しの良い素材の服装を見にまとったりすることが必要です。

気温が急に高くなった時、気温が高くないけれど湿度が高い時は、
熱中症がおこりやすくなります。
また外で仕事やスポーツをする場合、
アスフェルトやコンクリート、砂地の上などは、
かなり熱せられているので、注意していかないといけません。 叫ぶ

喉が渇いたと感じる前に、水分補給をしていくことも大切です。
汗となって出てしまっている塩分も一緒に補給しましょう。
スポーツドリンクなどは効果的です!
近年では、「昔はエアコン使わなかった」と、暑さを我慢してしまう、
高齢者の方の熱中症が増えていると聞きます。
室内にいても熱中症はおきますので、
自宅にいる場合は、梅干を水や麦茶と一緒に摂るのも手です。 笑顔

以上のことを踏まえて、実際、症状が出た時は、
次の4点をすぐに行って下さい。

日陰やクーラの聞いた部屋へ移動。
②衣服を緩める。
③冷たい水や氷、風で冷やす。
  首筋やわきの下、足の付け根が効果的です。
④水と塩分を補給する。スポ-ツ飲料でもいいでしょう。

「もしかして熱中症!?」と思ったら、まずはクールダウン。
大切なのは、体を冷やすことをすぐに開始すること。
いかに体を早く冷やせるかが鍵になります。 ボーッ
重症な場合などは、その後の経過や回復が違ってきますので、
救急車を呼ぶ場合なども、体をまず冷やし始めましょう。


「健康のつボ」のコーナーの中で、
「教えて!あなたの健康のつボ」と題して、
リスナーの皆さんの【健康法】をご紹介させて頂きます。
「毎朝、オリジナルの野菜ジューズを飲んでいます。」など、
【健康法】の具体例やエピソードなど、是非教えて下さい!
毎月、抽選で素敵なプレゼントを差し上げます。
どしどしご応募下さい。お待ちしています♪

▲PAGE TOP