新・生活フロッピー 協会けんぽ「健康のつボ」

2012年09月27日

9月27日(木) 健康のつボ

9月27日放送のおさらい!

健康法“水中ウォーキング”

今日は、健康法の1つ
【水中ウォーキングについてご紹介しました。

プールで身体を動かす有酸素運動で、
誰にでも簡単にできるのが“水中ウォーキング”になります。
水の中ということで、カロリー消費も高く、
短時間でも、高い運動高価が得られるのが特徴
です。 笑う

水中ウォーキングは、陸上を歩くのに比べて、
“水の浮力”で、膝や腰に負担をかけずに運動ができます。
また水圧や水の抵抗によって、
体全体には、ほどよい付加が加わります。
他にも、水温が体温より低いと、体温を維持しようとして、
体の代謝活動が活発になったり、
水流で全身がマッサージされ、血流が促されたりします。 笑顔

“歩く”という動きも、水中で行うことによって、運動効果がUP!
更に正しい歩き方を覚えれば、効果的なので、
是非、基本の水中ウォーキングを覚えて、チャレンジしてみて下さい。

走る  基本の水中ウォーキング  走る

①まず、プールの中で立った時、
  胸のあたりまで水のつかるところで行います。
②陸上を歩く時より、思い切り大きく腕を振りましょう。
  太ももや膝を高くあげて、リズミカルに歩きます。
③この時、水の中は浮力がありますので、
  ついつい、つま先でフワフワと歩いてしまいがちですが、
  足の裏全体でしっかり踏みしめるように歩くのがポイントです。
④最初は2~3分歩いたら休み、呼吸を整えます。
  合計15~20分をめどにして、慣れてきたら時間を延ばしたり、
  休憩後にもう一度始めるなど、無理のない範囲で行いましょう。

「膝や腰に負担をかけず運動したい!」
「楽な動きで、効率よく筋肉を付けたい!」という方にお薦めです。
手軽な市の温水プールなどをうまく利用して、
スポーツの秋、是非挑戦して頂きたいと思います。 ウィンク

「健康のつボ」のコーナーの中で、
「教えて!あなたの健康のつボ」と題して、
リスナーの皆さんの【健康法】をご紹介させて頂きます。
「毎朝、オリジナルの野菜ジューズを飲んでいます。」など、
【健康法】の具体例やエピソードなど、是非教えて下さい!
毎月、抽選で素敵なプレゼントを差し上げます。
どしどしご応募下さい。お待ちしています♪

▲PAGE TOP