レポドラ日記

2012年07月23日

鵜飼いを体感しよう!

夏も本格的に始まりましたね

この時期岐阜・長良川の風物詩といえば・・・・・
「鵜飼い」ですよね~

その鵜飼いの魅力がたっぷり詰まった博物館が
8月1日にOPENします★

その名も
「長良川うかいミュージアム」です!

120723h1.JPG

博物館だからって侮ってはいけません
今までにない展示物が沢山有りました(^ω^)

博物館ってきくと
ちょっと堅苦しいイメージがあったのですがここは違いました

資料を読んで見学するのではなく
実際に体験しながら学ぶことの出来る
体感博物館のような感じでした★


中継でご紹介した「鵜飼の一日」です↓
120723h2.JPG

漁をしているときしか知らなかったのですが
鵜匠や鵜が普段どんな生活をしているのかという
裏側まで時間系列をたどりながら
見ることが出来ます

時計の針を動かすようなタッチパネル式になっていました

そしてこれは鵜匠の衣装がどんなモノなのか分かる
回転式展示物もありました↓
120723h3.JPG
鵜匠さんの身体を4分割してくるくる回すことで
正面と後姿を見ることができます

ホットスポットを探して標準を合わせると
鵜飼の解説が見ることが出来る
シューティングではないですがそんな様な
体験が出来るものもありました

120723h4.JPG

こちらは↓スゴロクのようなものですが・・・・・??

120723h5.JPG

実は長良川の鵜飼は宮内庁式部職なので
こちらで採れた鮎を江戸(東京)に持っていっています
その道のりをスゴロク形式で学ぶといったものです

またパネル式クイズゲームもありました

120723h6.JPG

これ問題は結構難し方なのですが、
感でやって当たってたら嬉しかったりしますし
楽しみながら鵜飼の歴史について知ることが出来ます!

しかも4人プレイまで出来るので友達同士できて遊ぶことも出来ますよ



でで~~~ん!!!!
とドヤ顔をかましてくれたのは
実際の鵜を4倍にした模型です!でかいww
120723h7.JPG

おや?
首元にチャックが・・・・・・

120723h8.JPG

開けてみたらビックリ!!!!
鮎が丸ごと入ってるじゃないですか!!!

120723h9.JPG

このように鵜の特徴やハンターとしてのスキルを
参加体験型の展示を通して紹介されていました


120723h10.JPG


その中でも特に見どころがあるのがこちら↓

120723h-11.JPG

鵜飼ガイダンスシアターです


本物の鵜舟、映像、音響、照明効果
全ての出演が本当に鵜飼を体験しているかのような
感覚にしてくれます
そして何より世界初の絵巻物型スクリーン
使っているので映像がより立体的に迫力あるものが見られますよ~

なんだか吸い込まれていくような感覚でした

また鵜舟や鵜の模型なんて吹き抜けのところに浮いているような形で展示されていたので
2階から見ると水面上の普段の鵜飼の姿ですが・・・・・

1階から見ると水面下から上を見上げた形になって
こんな姿見たことないです

鵜が鮎をとる姿がこんな風になってるなんてってビックリします!
120723h-12.JPG

水の中のハンターを見ることが出来ます

またそのハンターを操っている
6人の鵜匠のシルエットが浮かび上がっている
篝火トンネルなんて神秘的な感じですてきでした☆

120723h12.JPG

展示物も楽しめるし学べるし是非体験していただきたいのですが
その他にも景色も最高です!

2階にあるカフェ
NAGARAGAW Vegee's Cafe & Marche
 (ナガラガワベジーズ カフェアンドマルシェ)
からの眺望も最高ですよ!

120723h13.JPG
長良川、金華山、岐阜城がいっきに見ることのできます

カフェも県内の有機野菜を中心に取り扱っていましているそうですよ
また鵜飼観覧後にお酒を楽しめるバーとしても
ご利用いただけるそうなので是非!

岐阜県ならではの食事スタイルも味わってみてください

8月1日OPEN~5日までオープニングイベントも開催しています
夏休みも始まりましたし観光スポットとしてもってこいですよ~



岐阜市長良51-2
長良川うかいミュージアム

入館料大人500円 子ども250円
営業時間 9:00~19:00 ※オフシーズンは~17:00

▲PAGE TOP