レポドラ日記
hicbcトップ > レポドラトップ > 旧ブログトップ > 気分爽快!吉村史織 > 認知度調査!!『アンカツ』編

2013年02月04日

認知度調査!!『アンカツ』編

今朝の朝PON中継は、
岐阜県笠松町名鉄笠松駅 車(RV)
130204K1.JPG

今日はなぜピンポイントでここかというと 手(パー)
今日のテーマは・・・『アンカツ』 ぴかぴか(新しい)
この言葉でピンと来た方も多いのでは exclamation&question
今回も50名の方にアンケートにお答え頂きました
ウィンク

 名鉄笠松駅の目の前には笠松競馬場があり、
朝方車で走っていた時には
競走馬が歩道を歩いているところに遭遇 車(RV)

今回の『アンカツ』とは、そんな笠松競馬場で
1976年に騎手としてデビューした方です
ほっとした顔
本名の安藤勝己という名前を略して
『アンカツ』と呼ばれています ひらめき
 

  130204K4.JPG

そんなアンカツが先日現役引退を表明し、
昨日京都競馬場で引退式が行われました
クローバー
スポーツ新聞にもこの通り 手(パー)
胴上げされる様子が記事になっています ほっとした顔

アンカツは現在52歳、ちょうど10年前に
笠松競馬から中央競馬に移籍し
数々のレースを制覇し活躍しました ウィンク ぴかぴか(新しい)

地方から中央への移籍はアンカツが初めてで、
その後にもたくさんの騎手が続いています
猫
地方から中央への道を開いたパイオニア的存在 exclamation×2

そんなアンカツにとって古巣・笠松での認知度調査 ひらめき
50名のアンケート結果は・・・

○名前を知っている  24名(全体の半分弱)

「安藤勝己さんやろ exclamation&question 」「もちろん知ってる うれしい顔
と答える方は、年代が上がるほど多かったです グッド(上向き矢印) グッド(上向き矢印)
地元でも若い方だと、今回の引退のニュースで
アンカツの存在を知ったという方も 手(パー)

 

 

130204K2.JPG

それでも競馬ファンにとっては当然の存在で
「アンカツのレースを見て競馬が好きになった」
と話される方や、 
“地元ならでは”という意見も exclamation×2
「50名位で観光バス貸し切ってあちこち応援行った」
「昔友達が持ってた馬に乗っていたから、
若い頃からアンカツの事は知っている」
という方も うれしい顔 ぴかぴか(新しい)
笠松にいる頃からファンという方ばかりでした るんるん


130204K5.JPG

そうなると今回の引退には、惜しむ声が多数・・・

「こないだ引退がニュースになったばかりなのに、
もう引退式なんて悲しみにふける暇がなかった」
「地元出身の誇りだっただけに残念」
「もう少し出来たかなと思うと寂しい」
「笠松でも引退式やってくれないかな?」など、
地元の英雄として活躍し、
愛された騎手だったんだと伝わりました ウィンク ぴかぴか(新しい)

アンカツはこれからも競馬に関わってきたい
と話しているとの事で、また違った形で
感動もたらしてくれるかもしれませんね exclamation×2  

130204K3.JPG
笠松駅構内の「ふらっと笠松」
アンカツも立ち寄ったかも!?

▲PAGE TOP