レポドラ日記
hicbcトップ > レポドラトップ > 旧ブログトップ > 気分爽快!尾崎由佳 > 岐阜薬科大学薬草園でオウレンの花、みぃつけた♪

2013年03月13日

岐阜薬科大学薬草園でオウレンの花、みぃつけた♪

岐阜県岐阜市、眉山のふもとにあります
岐阜薬科大学薬草園に行ってきました 手(パー)
130313K-3.JPG
オウレンの花、みぃつけた♪
春を告げるといわれるオウレンの花が今、見頃を迎えています ぴかぴか(新しい) ぴかぴか(新しい)
真っ白い花なのに・・・“黄連”?

岐阜薬科大学薬草園は、教育や研究のために40年以上前に開設された薬草園で、およそ700種の薬草が栽培されています。
そんな薬草の中で今日は、オウレンの花みぃつけた♪
130313K-10.JPG
山の斜面や
130313K-5.JPG
道の脇など
に真っ白く咲いてるのが、オウレンの花です 手(パー)
遠めからの写真だと少し分かりづらいですが・・・
130313K-15.JPG
近づいてみますと、濃い緑色の葉からのびた茎の先に、直径1cmほど、2輪、3輪とこんぺいとうのようなお花を咲かせています ほっとした顔
130313K-6.JPG
こちらはお話しを伺いました、岐阜薬科大学准教授 薬学博士の酒井英二先生です。
真っ白いお花なのに“黄連”っていうのですね・・・と伺いますと、
近くにありましたオウレンを土からぬいて、「実はこの部分が黄色く連なっているのです exclamation×2 」と見せて下さいました 手(パー)
130313K-2.JPG
確かに黄色です!!
ひげのような根っことその根っこに守られるようにしてありました茎が黄色くなっています exclamation×2 そして、茎をポキッと折ってもらうと、より鮮やかな黄色いところが見えて・・・この茎の部分が育つごとに節を作り、その節が連なっていることから“黄連”と名付けられたそうです ひらめき

薬草としてその茎を煎じて飲むこともあるということで、
特別に茎をかじらせて頂きましたが・・・
130313K-7.JPG
苦い あせあせ(飛び散る汗) あせあせ(飛び散る汗)
ほんの少しかじっただけでもしびれるような、なんともいえない苦味がありまして・・・私は、オウレンの花を眺めているだけがいいなと思いました。笑

こちらの薬草園のオウレンの花は、平成25年3月20日頃まで楽しめるということです。
 
ちなみに中継終了後・・・
130313K-21.JPG
酒井先生がそっとチョコを下さいました ぴかぴか(新しい)
やっぱり、甘いもの方が良いですね 照れる
酒井先生、ありがとうございました exclamation×2

▲PAGE TOP