ホップステップさわともひろ!

2011年11月26日

新・大衆食堂のたび

岩手県宮古市 善助屋食堂です。

20111126sawa04.JPG  

朝PONの取材でも紹介しました、岩手県宮古市田老地区・・・
津波に備えて街に巨大な防潮堤を築いた地区。

そこで長い間営業していましたが、津波の被害にあいました。

しかし!復活!!

 

 田老地区の住民の皆さんが暮らす仮設住宅が並ぶ、グリーンピア三陸みやこ。

その中で、仮オープンへとこぎつけました!
(写真では「焼肉ハウス」での営業ですが、その後、さらに敷地内で移動したようです)

その「善助屋食堂」の看板メニューが、「どんこ丼」!!

どんこという白身魚の唐揚を丼にしたものです。

実は昨年、三陸鉄道が募集した「駅いちグルメ」に田老地区の代表として参加したもの。

せっかく作ったメニューなのに、津波に負けてやめてたまるか!!と、また、仮店舗で提供を始めました。

  20111126sawa05.JPG

 絡められたタレと、半熟卵の味もあいまって、美味しい!!

どんこ・・・白身魚ですが、淡白なだけではなくしっかりとした味が有るのです。それが、から揚げになることでコロモがつくからか、逃げずにじんわりと口に広がる。。。。。美味しい!!

そうそう。

田老地区の方々にとって、「善助屋」というと、中華そば!ラーメン!なのだそうで。

こちら

↓↓↓

20111126sawa06.JPG


一見 、普通の中華そば・・・しかし、出汁が絶品!!

こりゃ、すごすぎる!

街を代表する味になるはずだと納得です。

 

 

一度は店を閉めて、仙台に住む息子さんのところに身を寄せようか?ともおもったそうです。

しかし、震災直後から、瓦礫を片付けていく中で、街の人たちから「善助屋のラーメンが食べたい」「善助屋の料理を食べたい」と声をかけられ、再出発を決意。

街の賑わいを取り戻すその日まで、がんばってください!! 


 

20111126sawa07.JPG  

左端が、お話を伺った、女将の赤沼さんです。

▲PAGE TOP