ホップステップさわともひろ!

2012年03月03日

もち街道 その4!

  三重県の旧街道沿いに点在する、歴史あるお餅屋さんをめぐる旅。

いよいよ、県庁所在地・津市に入りました!!

旧・伊勢街道は、津市の中心商店街・大門商店街の中へと続いていきます。

 

その中で、歴史あるお餅屋さんが、こちら! 玉吉餅店。 

  120303sawa06.jpg


 

玉吉餅店、創業は江戸末期の元治元年(1864年)。

9代目ご主人の、加藤としつぐさんです。

120303sawa07.jpg  

加藤さんに勧められた、津のお餅というのが・・・こちら!!


 

120303sawa08.jpg  

むむむ?!?!? いがまんじゅう???

そう、西三河生まれの僕にとっては、この、色づけされたもち米が上にのるお饅頭は、ひな祭りのときだけに食べられる「いがまんじゅう」???

じゃ、ないそうで。

これは、「けいらん」という名前だと。

加藤さんの考察では、このお餅は精進料理が発祥ではないか?と。精進料理の世界では通常は卵は使いません。

そこで、卵に似せた団子(御餅菓子)を作って、それを口にすることで楽しみを得ていたのでは?と。そこで、「けいらん」という名前に。

それが、ただ真っ白なだけじゃ・・・と、いろいろ飾りが上に載ったのかな?と。 

 

そして、お団子も興味深い物が並んでいます!

 

120303sawa09.jpg  

手前が、「やじろ」。たがねといって、もち米とうるち米とを半分ずづいれてついたもの。食感が普通の団子とは違います。

真ん中が、お団子・・・つぶしてある。津では“べしゃべる”といいます。食べやすいように、と。これが昔からの津のスタイルなんだそうです。

そして奥が、黒糖入り。 

さらに、和洋菓子??オランダ!!

 

 

  120303sawa10.jpg

ワッフルの中に、つぶ餡が!!

これも、津では当たり前の御菓子とか。

うーん、藤堂高虎公に始まる歴史ある土地には、興味深い御菓子がたくさんです!

玉吉餅店
三重県津市大門17-18
(059)228-2594

 

▲PAGE TOP