ホップステップさわともひろ!

2012年04月07日

もち街道 その5!

 三重県の歴史ある御餅屋さんをめぐるたび。

津市には、前回とりあげた「けいらん」を販売するお店がいくつも!!

その中で、歴史的なところを・・・。

まずは、こちら。 宮崎餅店。

写真は、三代目・ご主人の宮崎さんです!

  120407sawa01.jpg


 

 宮崎餅店も歴史あるお店。今は国道23号の大通りにお店の正面がありますが、昔はこちらは裏口。

実は、いま、お店の「裏口」が面している細い通りが、旧・伊勢街道!

かつてはそちらが正面で、多くの人が行き来していたそうです。

こちらが、宮崎餅店の、「けいらん」!

  120407sawa02.jpg

はい!ちょっと中のアンコが透けて見えますね♪

そして、上に載った、色づけされたもち米もたっぷり。

アンコがしっとりして美味しかった。 

宮崎餅店
三重県津市栄町930
(059)228-2413

そして、もう一軒!

津市は大門商店街の中にある、お焼屋(おやきや)!!

120407sawa03.jpg  

実はこちらのお店。

前回訪れた「玉吉餅店」のお隣。

玉吉餅店のご主人・加藤さんと話をしていたら、

「あぁ、隣のお焼屋さんでも、けいらん売ってますよ!」って。

 

今回、下調べをする段階で、「餅屋さん、餅屋さん」と探していたんです。

お焼屋さんは、和菓子屋さん。

盲点でした!!!

 

お焼屋さん、創業が慶応元年(1865年)、江戸末期ですね。 

お焼屋さんの「けいらん」がこちら!!

 

 

120407sawa04.jpg  

うわぉ。上の飾り(色づけもち米)がたくさん!!

こんな風に、ヒトコトで「けいらん」と呼ぶものでも、お店によって微妙に違いがあるのが・・・興味深いですねぇぇぇぇ。美味しかった♪

お焼屋 本店
三重県津市大門24-1
(059)228-4897

 

 

▲PAGE TOP