ホップステップさわともひろ!

2012年06月02日

つるかめ Vol.18

ご長寿企業探検隊 つるかめ 第18回

三重県四日市市にある、アミカン株式会社です。

ご当地の方ならもちろんご存知でしょうが、さて、この「アミカン」さん、

何の会社なのか・・・・

  120602sawa01.jpg

  本社正面。

いやぁ、歴史あり、趣あり、重厚感ある雰囲気です。

では、アミカンさんの看板を見てみましょう! 

 

じゃじゃん!!!

 

120602sawa02.jpg

わかります???

右から左に読んでください。

「網」に「勘」。

そう、網、の会社なんです。

 創業は1794年。創業者のお名前が「勘作」さん。

「網屋の勘作」、で、アミカン!なのです。

こちらが、現・社長 八代目・伊藤勘作さん。


120602sawa03.jpg

いろんな興味深い話を教えていただきました。

創業の経緯から、そして大正・昭和にかけての大転換期。

網づくりを機械化したさきがけであること。

「網勘式蛙又編網機」という機械を作り、特許を取り、網づくりを機械化していく先鞭をつけたのであります。

そうそう!

機械化したころ、アミカンはじめ、三重県の網屋さんの網は、世界中に販売されていたのだとか。

日本の重要輸出産業の一つが「網」だったそうなのです。

 

 

さて、お話を伺ったお部屋がこちら。

本社・社屋は築80年!

 

120602sawa04.jpg

お部屋にも風格があります。


その、入り口の看板も、旧字体で右から。

 

  120602sawa05.jpg

さて。

工場を案内していただきました。

袋状の網を作る機械が・・・これ!!

 

120602sawa06.jpg

わかります???

中央で網を編んでいます。

そこにむけて、まるで周囲から数百人がかりで長い針を伸ばしているような感じ。

人が手作業で行っていたことを機械にするって・・・すごいことなんですねぇ。

ちなみに、網づくりのギョーカイでは、機械化するにも、その機械は自分たちで作る!のが普通なのだとか。すごい。


その工場には、出荷を待つ網がずらり。

 

 

120602sawa07.jpg

 

 

そうそう、アミカンさんの近くにある川にかかる橋。

こんな名前が!

 

120602sawa08.jpg

「網勘橋」!!!

地域の人に愛されている会社なのですね。

▲PAGE TOP