ホップステップさわともひろ!

2013年04月13日

ご長寿企業探検隊 つるかめ!

ご長寿企業探検隊 つるかめ!

第40回!!

 

三重県鈴鹿市の、小原木本舗 大徳屋長久さんです!

20130413sawa01.JPG

 

現・ご主人の、竹口久嗣さんです♪

小原木本舗 大徳屋長久。創業は西暦1716年。享保元年。 

もともと、鈴鹿は白子の地区は、和歌山・紀州のお殿様が治めていた土地だったそうで。

大徳屋さんの祖先も、紀州のお殿様に仕えていたそうで。

それが、殿様の命で京都にお供に行くことに。

その地で、頭の上に薪などを載せて運ぶ行商「小原女(おはらめ)」を見た思い出をお菓子にしよう!と。それで、頭の上に載せた荷物のイメージで、三日月の形を決めて、そして名前も「小原木」に。

さいごの「木」には、地元の有名な「不断桜」の「木」の意味も込められているそうです。

そしてすごいのは、この「小原木(おはらき)」というお菓子が作られたころからずーっと300年近く、レシピはほとんど変わっていないそうなんです。

 

とうぜん、今の時流から見たら、どっしりと重いお菓子。でも、この甘さは変えちゃいけない!と。 

ただ!それ以外のところではどんどん変えていかなきゃ!と。

目指しているのは「子供が100円玉握り締めて遊びにこられる、和菓子屋さん」。

人気商品の「かりんとう饅頭」なんて、まさにそれです。

これからの挑戦の行方を、楽しみにしています!!

▲PAGE TOP