ホップステップさわともひろ!

2013年07月06日

つるかめ! 西村商店

ご長寿企業探検隊 つるかめ! 第46回!

三重県玉城町、しょうゆの ミエマン 西村商店です!!


20130706sawa00.JPG

 

 

 

伊勢のしょうゆといえば・・・

 

 

そう、やわらかめの麺に、甘辛な醤油だれの、伊勢うどん!!

20130706sawa01.JPG

 

こんな風に「テイクアウト」できるようになったのも、いまから40年ほど前、当時の西村商店の社長が、インスタント麺のブームを見て、うどんの会社と共同で取り組み、作り出したのが始まり。

いまでは、伊勢みやげの人気商品!ですものね。

 

こちら、お話を伺った、西村真美常務。 20130706sawa02.JPG

創業は1684年。その時代、この玉城町・・中心部の田丸は重要な場所でした。

神様のエリア・伊勢神宮には、いくら力のある武士でも、簡単には入れません。そこで、そのエリアと、周辺の天領に対して、国の安定のためにしっかり見守ろうと、この田丸の地を徳川家に近い紀州藩が治めるようになったそうです。

そのときに、紀州藩から一緒に移ってきたのが、西村商店の始まりなのだそう。

以来、醸造業一筋。宮川の伏流水の恵みを受ける玉城町の地の利を活かし、美味しいお醤油を作り続けています。 

 

 

さて、西村商店、紀州藩から相当に信頼を得ていたようで、とても大事な場所にお店があります。

店があるのは、かつてお城の大手門があった場所。そして、店の正面には石の碑が。

20130706sawa03.JPG

 

実はここ、神宮への伊勢街道と、熊野への熊野古道との分基点なんです。
いま人気の熊野古道も、スタートはここ!と。

20130706sawa04.JPG

歴史って、勉強し始めると、深いこと深いこと。面白いですねぇぇ。

▲PAGE TOP