ホップステップさわともひろ!

2013年10月05日

ご長寿企業探検隊 つるかめ!

ご長寿企業探検隊 つるかめ!

第48回は、愛知県碧南市の「九重味淋株式会社」です!

 

20131005sawa11.JPG

うぉぉ。重厚感、あるぅ。

九重味淋株式会社

 

20131005sawa12.JPG

創業は1772年。江戸時代中期のことです。
みりん業界では専門メーカーとして最も歴史が長いのが、この九重味淋!!


 

こちら!お話を伺った、川﨑明子さんです。

20131005sawa13.JPG

 

 

そうそう、この「九重味」。「味」じゃないんですね、「味」なんです!

 

そのワケは、みりん誕生の江戸時代にまでさかのぼります。

当時、「みりん」は調味料ではなく、「甘いお酒」として、お酒の苦手な方や女性などに親しまれていました。そのときの名前が、

 

甘い蜜がしたたるという意味で、「蜜淋酒」(みつりんしゅ)。

 

「淋」という字には、「したたる」という意味があるのです。

 

その流れがあるので、「九重味」なのです!

 

 

さて、みりん製造の現場を覗かせていただきました。

 

こちらは、お米を蒸すところ。大きいですねぇぇぇ。

20131005sawa14.JPG

 

 

そして、この扉の中は・・・・

20131005sawa15.JPG

 

 

 

みりん製造に乗り出す前。今から300年近く前に建てられたという、「蔵」。その中には、みりん貯蔵タンクがずらり。

20131005sawa16.JPG

 

「麹」と蒸したもち米と焼酎とで作る「みりん」。搾ったあと、この蔵で寝かせることも大事な工程のひとつ。

 

 

 

20131005sawa17.JPG

柱の一つ一つに、重みが感じられます。

 

温暖な三河・碧南の気候。そして米どころ。さらには、矢作川のきれいな水も活かせる土地柄。そして港町。くわえて、創業家の石川家は廻船問屋で、江戸への航路も所持・・・いろんな条件が重なってこその、「みりん」製造だったのですね!!

▲PAGE TOP