さゆろぐ

2013年01月17日

渋沢葉さんでっす♪

今日のトークゲストは、渋沢葉(しぶさわ よう)ちゃんでした!昨年6月の さゆぱらエンディングテーマとして、『世俗的狡智』という曲をお届けしていましたが、さゆぱらには今夜がハジメマシテ!実は葉ちゃんは、午前2時に起きて朝4時頃から作詞作曲を始め、夜7時には寝るという生活リズムなので(!)とっても眠たい中で頑張ってくれてたんです。葉ちゃん、ありがとうねm(_ _)m
歌うことが好きで、歌で自己表現・存在していることを確かめたくて、18歳でオーディションを受けた葉ちゃん。その時はキャロルキングのカバーを歌いましたが、同世代が自作曲で参加している姿を目の当たりにしたのが転機となり、自らも作詞作曲を開始!書き出したら止まらなくなって、1年くらいは毎日曲を書いていたそうです。
初めて作った曲『set me free』は、1stミニアルバム『せきららら』に収録されていて、このアルバムでは「人間そのものを赤裸々に表現」していましたが、続く2ndミニアルバム『花はここに咲いています』は、「今でしか歌えない曲を優先的に録音」した作品。『破壊BOSSジャム聖飢魔Ⅱメイク』に始まり、『悪魔再生』で終わる全6曲は、セッション感溢れるROCKサウンドに、荒々しいまでの歌詞と、魂の叫びのようなボーカルが乗っているかと思えば、女性らしい たおやかな歌声を聴かせるピアノワルツもあって…彼女の抱く 音楽への愛と信頼を感じるアルバムだと思います。ちなみに、「葉ちゃんの中に、流れているものは何だろう?」と質問したら、「センターセンス(真ん中の感覚)は、5歳の自分。善と悪の真ん中が 流れています。」という答でした。深い。
今年の目標は「フルアルバムを出して、もっともっといいライブをしたい」という葉ちゃん。ご両親とも音楽好きで、アマチュアバンドを組んでいるので(父:ベース・母:ドラム)、たまに家庭内バンド(笑)で、ゲストで歌ったりもするという微笑ましいエピソードも聞かせてくれました(*^^*)私もライブは未体験なので、是非!歌う葉ちゃんに、会いに行きたいと思います。

0117sibusawayou.JPG  
『聖飢魔IIメイク』という言葉に、「メイク信者(ファン)さんかっ!?」
色めき立った さゆりんですが(笑)気合いを入れる為にしていた、
歌舞伎っぽいメイクのことだそうです。『BOSSジャム』はナイショ…
「実現している存在。いつかカミングアウトします」との事でした。
ん~、やっぱ、ミステリアスな葉ちゃんなのでした☆



【リリース情報】
2012年11月21日:2ndミニアルバム『花はここに咲いています』


【ライブ情報】
『閃光ライオット感謝祭ガールズ編』
2013年2月10日(日):東京 渋谷 Shibuya duo MUSIC EXCHANGE


▲PAGE TOP