さゆろぐ

2013年03月06日

京極でっす♪

今日のトークゲストは、京極(きょうごく)!代表で、ボーカル・アコースティックギター:JOE(ジョー)さんをお迎えしました♪名古屋では老舗のバンドさんで、さゆぱらにはハジメマシテですが、実は さゆぱらスタッフのKったかくんが以前ライブのPAをさせて頂いてたり、JOEさんはナイター後に さゆぱらを聞いて下さってたそうで…ありがたや~(*´∀`*)ベテランさんなのに、ちっとも偉そうぶらない、本当に物腰柔らかで紳士なトークでございました(*^^*)

1980年に結成され、90年代を中心に活躍するも、メンバーの環境の変化などから「中途半端に音楽をやるバンドではない」と、2006年に活動を休止した京極。でも、その後もAcid Black Cherryが京極のカバー『愛のバカ!』をリリースしたり、近年ではSNSを通じての応援・復活を望む声が高まり、遂に!活動再会となりました!\(^O^)/復活アルバム『KYOGOKU.Ⅱ(きょうごく ザ セカンド)』では、「昭和の匂いのロックをやって来たので、逆に そういうサウンドを大事にやっていこう」と、一度聴いたら一緒に口ずさみたくなるような全10曲を収録!もう、いっちばん最初のアコギのボロ~ン…という音から渋くていい音してます!ロックンロールは勿論、フォークロックやブルース、カントリーから果てはディープパープル+演歌まで、歌謡ハードロックバンドとしての本領発揮です!「喜怒哀楽をストレートに表現するよりは、シニカルかつコミカルに表現するのがサウンドの1つのポリシー」だそうで、「腹立たしく思うことはあるけど、愛情やコミカルさをもって曲にしている」という言葉通り、しっかりした「大人」のスタンスを感じられるアルバムです(^^)

2月に行った復活第一弾ライブは、速攻でSold Out!「申し訳なかった…」と、早々に4月・6月のライブも決定しました!「活動休止した時、止めることは簡単だと思って。だから続けようと思った。再スタートして、もっともっと良いバンドだな、と言って欲しいし、たくさんのお客さんに観て頂いて、一緒に楽しみたい」と語るJOEさん。「音楽は、離れられない恋人のようなもの」という名言も頂きました!(*^^*)
いくつになっても、いつからでも。新たな1歩は踏み出せる。そんな強さと熱さを、皆さんも感じて下さい。


0306kyougoku.JPG



【リリース情報】
2013年1月17日:アルバム『KYOGOKU.Ⅱ ~KYOGOKU THE SECOND~』


【ライブ情報】
『「GOK☆ALK ロックショー」 ~ゴクラク ロック ショー~』
2013年4月14日(日):名古屋 栄 Dream Cube

『京極 ワンマンライブ』
2013年6月30日(日):名古屋 車道 CLUB 3STAR 車道店


▲PAGE TOP