さゆろぐ
hicbcトップ > さゆりんの音楽楽園 > さゆろぐトップ > 3.日記でござる > 東北に行って来ました(3)

2013年09月02日

東北に行って来ました(3)

釜石を出たバスは、一路 大槌町へ。
ここでは、防災学びと震災ガイドさんが待っていて、
大槌での被害の状況や、現状について語ってくれます。

o001.JPG
当時のまま残されている、大槌町役場。
瓦解したコンクリートの壁が、津波の威力を物語ります。

o002.JPG
壁の時計も、止まったままです。

o003.JPG
まだまだ未処理の瓦礫も山積み。
これから、これを仕分けて処分するそうです。

o004.JPG
残された土台が、ここに人の暮らしがあった事を教えてくれます。

o005.JPG
少しずつ、復興の作業は行われているけれど、時間はかかる。
震災ガイドさんの、「お金がある人は、高台に移転したりするけど
そうでない人は、仮設住宅から出られない。格差が広がってる」
という言葉に、スピーディーで広範囲な支援の重要さを再認識。


kiri1.JPG
それでも、三陸の自然は美しい…
続いては、吉里吉里地区に移動。

kiri2.JPG
ひょっこりひょうたん島のモデルになったと言われる、蓬莱島。
灯台は津波で壊れてしまったけれど、新しいデザインになって
建てられています。可愛くって、いつまで見てても飽きない感じ。
風景に溶け込んでるねぇ~。

kiri3.JPG
こちらは、吉里吉里地区にあるカフェバー・APE(アぺ)
ここでのコーヒータイムも、行程に入っています。
いいツアーだ!

kiri5.JPG
このお店は、震災後の廃材を利用して建てられたもの。
でも、何とも あったかい雰囲気で、不思議と落ち着きます。
全てオーナーさんご自身が作業をして建てられたそうです。

kiri4.JPG
オーナーさんは、東京でミュージシャンとして活躍されていて、
震災をきっかけに地元・吉里吉里に戻られたので、店内には
ライブが出来るスペースも!これまた、いい雰囲気なんだ♪

kiri6.JPG
いつまでも、いつまでも手を振ってバスを見送ってくれた、
お母さん。優しくて、素敵な方でした。
APEも、11月いっぱいで移転の予定とお伺いしました。
今のお店に行ってみたい方は、お早めにお出掛けを…。

kiri7.JPG
オーナーさんご夫妻:RIA×NORISHIGEのCD
『歩きましょう/いま、どこ』も発売中!
どちらも、しみじみ、いい曲です。聴いてみてね。

(東北に行って来ました(4)に続く。)


▲PAGE TOP