赤道ブログ

2008年07月16日

この記事についてtwitterでつぶやく

キントキ

自宅の「木」に・・・

 

「イラガ」という蛾の幼虫が『大量発生』しまして・・・

 

(刺されると、猛烈っ!に痛痒いっ!! 叫ぶ らしいです。

 名古屋弁では、『キントキ』と呼ぶんだとか・・・)

 

どうしたもんかと????

 

「業者さんに頼んで、駆除してもらうこと」も考えたんですが・・・

 

インターネットなんかで調べましたら・・・

 

「駆除には、殺虫剤(蚊、ハエ)が効果的・・・」

 

 

なる、「一文」を見つけまして・・・

 

 

 

 

 

「モノは試し」っ!、すっかり「ダメ元」の気持ちで、

 

 

「殺虫剤を、木に『大量散布』してみました。」

 

 

 

 

 

 

これがっ!効いたっ!! 笑う

 

 

 

「サンキューっ!インターネットっ!!」である。

 

 

実は・・・

 

「保護色」で、どこに「幼虫」がいるかわからないのですが・・・

 

「木」に、殺虫剤を『大量散布』をすると・・・・

 

 

 

弱った「幼虫」が、「木」からボタボタッ!!

大量に落っこちてきました・・・・

 

 

う~~~んっ!「大量虐殺」だっ!! 照れる

 

 

刺されると、本当に!本当にっ!!「痛痒くっ」!!!

 

 

お困りの方もいるかと思い、書いておく・・・

 

 

 

効きますよっ!! 笑う

殺虫剤の「大量散布」 ウィンク

 

 

「お困りの方」、ぜひっ!!お試しください。

コメント

投稿者:MIDORIの旦那 | 2008年07月16日 22:15

エッ、
キントキっと言えば金時豆でしょう!!

 ええっ!モチロンっ!!
     金時豆も、宇治金時も「キントキ」ですが
     (これって、「金時」という人の名前由来ですかね?)
     
     名古屋では、イラガの幼虫のことを
     確かに「キントキ」と呼ぶそうです。

     
これって、本当に刺されると痛痒いっ!!
     らしくて、嫌がられているため
     日本中で、色んな「呼び名」で呼ばれているそうです。

     
そういえば・・・
     砂漠地方では、「ラクダ」だけで、
     例えば「子ラクダ」とか「妊娠ラクダ」とか
     40種類以上も「呼び名」があると
     聞いたことがあります。

     
     「愛され、大事にされているもの」と
     「嫌われ、嫌がられているもの」には
     たくさんの「呼び名」がつくのは、
     世界共通のルールのようです。

    
     ところでっ、「金時」が人名だとしたら、誰っ?
     「好かれてる」??「嫌われてる」???

コメントを投稿

*ご注意

  • 個人情報の取り扱いについて(必ずお読みください)
  • コメントはCBCの判断により掲載されないことがあります。
  • コメントの内容を編集することがあります。
  • 名前はペンネームでもかまいません。
 
▲PAGE TOP