赤道ブログ
hicbcトップ > 赤道大紀行トップ > ブログトップ > さいとう > シンガポールの夜

2009年06月10日

シンガポールの夜

夕方、無事シンガポールに到着し

タイでアジアゾウの特番を作った時のコーディネーターさんと

久々の再会を果たしました。

 

空港を出たとたん、ネトネトベチャーっとまとわりつく湿気。

GPSで計測すると北緯1度。

改めて、赤道の近くに来たなぁと実感します。

 

そのまま、撮影ポイントの下見をしながら

うんまいシーフードを食べて!!ホテルに戻ってきました。

シンガポールは

 

IMGP0627.JPG

やっぱり大都会です。 

 

赤道直下にありながら、国民1人当たりのGDPが日本を凌駕するという

貿易・金融立国シンガポール。

 

なんてったって・・・

 

 

 

琵琶湖とほぼ同じ面積の国土に、約500万人もの人々が暮らしているんです。

 

整然とした街は活気に満ち溢れているのですが

その分、どこか猥雑さに欠けるというか・・・

人間でいうと「腹を割って話さない、おすましさん」といった印象です。

 

でも赤道直下に、これだけの国家を作り上げるのですから見事なものです。

旅行に来るなら、リゾートはあるし、ショッピングはあるし、ナイトサファリはあるしと

とても楽しい旅になることでしょう。

 

「赤道大紀行」というロードムービーの中に、どう落とし込んでいくか・・・

 

考えながら風呂に入るとします。

 

 

藤井Pも書いたとおり、今朝は空港に藤井Pが「お見送り」に来てくれ

なんだか、授業参観に親が来るような気恥かしさがあったのですが

僕が原因となった「ゲン担ぎ」なんですね。

親の心、子知らずでした。これで、バッゲージも無くさず、きっといい旅になります。

 

さて、赤道大紀行最終章はスタートしました。

現地の雰囲気を、ネットがつながる場所にいる限り

更新していきます!

 

明日の夕方には、そのまま国境を越えてマレーシアに入国します。

 

 

 

 

 

 

▲PAGE TOP