赤道ブログ
hicbcトップ > 赤道大紀行トップ > ブログトップ > さいとう > 最後の島に到着!

2009年06月23日

最後の島に到着!

深夜の便で、先ほどインドネシア・スラウェシ島に到着しました。

毎日ハードなロケハンと撮影を繰り返していたのですが

ネットの調子が悪く、ぜんっぜんつながらず更新できず、すいません。

 

ジャングルから戻り、そのままジャカルタを経由してボルネオ島コタキナバルへ。

その翌日早朝から、アジア最高峰のキナバル登山でした。

 

これが、とんでもなくハードな道のりでした。

1800m地点から登り始めるのですが、当然ながら、ずーーっと登り。

汗だくになりながら、筋肉パンパンになりながら、薄くなる酸素と格闘しながら

3200mの山小屋に到着したのが、夕方。 

すぐ夕食をとって、8時には泥のように眠りにつきました。

 

そして翌朝は2時から、再び登山開始。

ロープを使いながら、3時間半・・・

遂に登頂に成功しました!(証明書もありますよ!)

アジア最高峰&世界遺産のキナバル山。

その頂から見る、朝日は・・・

 

 

 

 

 

そりゃあ、アジア最高峰の朝日でしたよ!

 

でも・・・・・

 

登ったら・・・・

 

そりゃあ、おりなきゃいけないですよね。

へとへとになりながら、夕方下山しました。

まったく日頃の運動不足を痛感しました。

 

正直かなりきつくて、今でも筋肉痛ですが

それだけの価値はある、ものすごい山です、キナバル山。

これは、番組で登ってもらわないと・・・

 

 

見たいですよね?ねぇ皆さん?

 

 

そして、昨日は足をひきずったまま飛行機を2回乗り継いで

再びインドネシアに入り、3ヵ所目の「赤道の町」をロケハン。

これは、当初の予定にはなかった場所なのですが、大当たり。

誰もが「おらが赤道」を自慢する、楽しい町でした。

 

そして、今日は2週間目にして初めて、首都ジャカルタの中心部に行き打ち合わせ。

夜の便で、スラウェシ島に入った・・・という次第です。

 

更新できなかったため、駆け足での報告となりましたが

ほっんとに、朝から晩までストイックにロケハンしてますよ。

スケジュールを作った、のんきな自分を恨みたいぐらいです。

 

でも、ボルネオ島で働く元気な日本人女性・ナオコさんに助けられたり

赤道の町では、たくさんの人たちに支えられました。

 

そんな出会いと別れを繰り返した、旅路もいよいよ、このスラウェシ島で最後となります。

このあと寝てから、北端の町マナドに移動します。

どうか、ボタンを押したら更新できますように。

 

 

ジャカルタこぼれ話

初めてのジャカルタは(空港ホテルで泊まったり、トランジットでは来ていましたが

1時間かかる市内は初めて行ったのです)

そらぁもう、巨大なビル群が立ち並び、とにかく人の多いこと多いこと。

公称1100万人の人口ですが、政府でも把握できないぐらい人口は増え続けていて

2000万人以上ともいわれてます。

 

そんなジャカルタっ子の自慢話?をひとつ。 

「俺たち、ジャカルタの人間が全員シンガポールに行ったら、あそこは沈んじゃうぜ」

ってのがあるんだそうで。 

先進国になったシンガポールへの羨望もあり、ちょっと変わった自慢話ですが

なんか微笑ましいエピソードですよね。

 

ラストスパート(といっても、ここでは大ネタが待っていますが)

がんばります!

コメント

投稿者:echo | 2009年06月23日 17:01

すごいです。
業界の方って寝ずにお仕事したり、寝ずにお酒のんだり(失礼)そんな体力には秀でてると勝手に思っていましたが・・
アウトドアでも素晴らしいですね。力強い番組、今から待ち遠しいです。

インドネシアってどんな国?数日前のニュースで、「滑走路に迷い込んだ犬が原因で飛行機が事故」
なんてやってましたが、確かインドネシア?ますます「インドネシアってどんな国?」です。
さいとうさんが今触れている「インドネシア」がどんな国なのか?本当に今からとっても楽しみです。

コメントありがとうございます!いやぁキナバル山は本当に大変でした。2度目は勘弁・・・したいところですが、ロケで再び僕も登るのです。もう少し体力つけて再挑戦します!ここ数日、ネットがつながらないのでニュースも全然知りませんでした、インドネシア国内のことなのに、インドネシアにいる方がわからないものなんですねぇ。でも、各国の魅力が詰まった番組になりますので、よろしくお願いします。斉藤

▲PAGE TOP