赤道ブログ

2009年08月25日

故郷のヒーロー

夏の甲子園を制した中京大中京の選手たちが、きょう名古屋に凱旋。

NHK名古屋は、さきほど夜10時から特番まで開いて

久々に名古屋が明るくなるニュースを歓迎しています。

 

僕も感動の余韻に浸りながら、スポーツ新聞を隈なく見ていたら・・・

 

なんと、甲子園最多「塁打」記録を更新した、サードの河合完治くんが

僕と同じ、愛知県の新城市(しんしろ)出身で、母校の中学校まで同じだということが判明!

その千郷(ちさと)中学では、僕も野球部だったので

「完全な後輩」だとわかり、自分がすごいわけでもないのに、ひとり興奮しています!

 

しかも、今でも新城市から毎日2時間以上かけて、名古屋の中京大中京高校に

通っているそうで。

 

最強の8番バッターといわれた、ライトの金山篤未くんも

新城市の隣り作手村の出身で、今は新城市に下宿して同じく毎日通っていることも判明!

 

新城市は、まわりを山に囲まれた人口3万人の小さな市で

同じ愛知県内に住んでいる人でも、その場所を知らないぐらいの

マイナーなところで・・・・

 

嬉しくなって、久しぶりに実家の両親に電話したところ

なんと!!

 

 

 

 

 

 

母は、当たり前のように「カンジくん頑張ったねぇ。カンジくんやっぱりすごいわ」と

「カンジくん」を連呼。

 

なんでも、姉が河合くんのお母さんと仲良くしてもらっている関係で

めったに田舎から出ることのない両親も

地元のヒーロー「カンジくんと、金山くん」の応援に

新城市の応援バスに乗って甲子園に行っていたんだそうだ。

そんな大事なことを、どうして今頃???うらやましいっ!

 

同じ新城市の出身ということで

北海道の大人気番組「水曜どーでしょう」の演出をしている藤村さんとは

ふるさとの自慢を広めよう!と誓い合っていますが

 

カンジくんと、金山くん!

20歳になったら、同じ故郷ということで仲間に入ってオッチャンたちとぜひ飲もう!

 

そして、プロに行っても仲良くしてね。

(まだ会ったことないですが)

 

ひとり興奮気味の文章で恐縮です。

 

 

 

 

▲PAGE TOP