赤道ブログ

2009年10月30日

めがね

去年・・・

 

『赤道大紀行② ~アフリカ編』の撮影中・・・

 

 

アフリカで・・・

 

片方の「メガネのつる」が折れました。 叫ぶ

 

 

 

それ以降の撮影では・・・

 

アフリカということで・・・「修理」もままならず・・・

 

 

昼間 晴れ は、「サングラス カッコイイ 」で押し通し・・・

 

夜 になると、「つるが1本しかない」メガネを・・・

 

不細工にかけながら・・・「アフリカ・ロケ」を・・・やり遂げました。

 

 

以来っ・・・

 

何だかワカりませんが・・・

 

しょっちゅう・・・「メガネのつる」が折れます。 泣き顔

 

具体的には、「つるが折れる」のではなく・・・

 

つるとレンズを繋いでいる部分の「ネジ」がなくなるのですが・・・

 

アフリカ以降でも、もう3回っ!も・・・

 

この「ネジ」を紛失しております。 泣く

 

 

「使い物にならない」メガネを、たくさん持っていても・・・

 

仕方がないので・・・

 

昨日、「修理」に出かけたのですが・・・

 

 

フトっ!思ったこと・・・

 

 

「メガネのつるが折れる(ネジを紛失する)」って・・・・

 

そのままの『凶兆 叫ぶ 』なのでしょうか?

 

 

 

最近の『赤道大紀行③ ~最終章』の順調な撮影ぶりなどを考え合わせると・・・

 

 

ひょっとすると・・・・「身代わり地蔵」みたいな感じで・・・

 

 

「メガネのつるが折れる(ネジを紛失する)」って・・・・

 

『吉兆 ほっとした顔 』なのではなかろうか?・・・っと。

 

 

とすれば・・・・

 

 

 

ここはっ!やはりっ!!

 

 

 

『折れろっ!つるっ!!』

 

 

『なくなれっ!ネジっ!!』

 

 

 

 

と、祈りたくもなるもんです。 ウィンク

 

 

 

 

 

「つるが片方だけのメガネ」は、本当に「不細工」ですけどね・・・

▲PAGE TOP