赤道ブログ

2010年01月14日

編集室実況⑥

名古屋市内の編集スタジオ、デジタルタンク!からお送りしている

赤道大紀行最終章の「本編」作業2日目。

 

ポイントごとにCG加工したり

映像を人間の目で見た感じに極力近づける色調整、カラコレが始まりました。

カメラを通しても十分綺麗な映像なのですが

このカラコレをすると、映像が「立ち」、迫力が全然違うのです。

 

でも、1時間半の1000を優に超える全カットを1枚1枚

カラコレしていくと、それはとてつもない時間がかかるのです。

 

11時過ぎぐらいにカラコレに入って、約3時間かけて

現在「7分」のところまできました・・・

「時速2分強」だ。となると・・・

90分番組を全部やり終える頃には・・・

 

神のみぞ知る時間になっていることでしょう。

 

 

本当にこまかーい作業。

 

編集マンの今井さんが、修行僧のように黙々とやっています。

すごいです。

僕には、とてもじゃないけどできない根気のいる作業です。

 

次、更新する時にはどこまで進んでいるでしょうか。

 

 

では一句。

 

この時間

あったら行けるよ

ガラパゴス。

 

では、また。

 

▲PAGE TOP