「TRAVELER」の素敵なゲスト

脚本の小林雄次です。

EPISODE6は久々に私の脚本担当回です。


監督は『ウルトラマンマックス』以来お世話になっている梶研吾さん
最終回に向けて謎解きのヒントを忍ばせつつ、
肩の力を抜いて1話完結エピソードを綴らせていただきました。
ド派手な特撮とは無縁のエピソードですが、
 オリジナル・セブンへのオマージュと、
ウルトラへの私なりの想いを凝縮した回です。

 ゲストは、唐橋充さん及川奈央さん

 

特撮作品にはよくご縁のあるお二人ですが、
実は、今月より公演がスタートする演劇でも共演されています。

 及川奈央 全国クラブサーキット演劇ツアー2007
 『NightMess(ナイトメス)』


 しかも、演出は梶研吾さん、脚本は小林雄次という
 「TRAVELER」チーム再結成の作品。
お近くで公演のある方はぜひ遊びにいらしてください。
ちゃっかり宣伝でした(笑)

 小林 雄次 Yuji Kobayashi

コメント

投稿者:セブン上司 | 2007年11月09日 18:11

絶対今日も見ます!!本当毎週面白くてギャグも所々入っていていいです
僕は中1ですが話も分かりやすくてそれでいて内容も深くてかなりいいバランスで出来上がっていますww

あとウルトラセブンxの商品とかいつ発売されるんですか?
すごい楽しみにしています!HDウルトラマンで出てきたらうれしいかも(笑)

投稿者:Shin | 2007年11月10日 01:38

先週までの2話はエスの活躍で
エレアの役がまだ活かしきれていない様な気がしました。
ですので、今話は楽しみです。

投稿者:マッチョセブン | 2007年11月10日 10:05

第6話最高でした。珍しくメルヘンタッチな話しですが、やっぱりウルトラだからこういう未来への希望を持った作品がないと寂しいです。旧作の「円盤が来た」なんかを彷彿とさせてくれました。ゲストの唐橋さん、及川さんも良かった。女優さんに失礼ですが演技派なんですね。あのバーテンはタカオが好きだったんでしょうか? もしこの話しに注文をつけるとしたら最後は変身しなくても良かった気がします。深夜枠だからそれ位の冒険も許されるのではないでしょうか?

投稿者:UK | 2007年11月10日 16:10

6話は、雰囲気のあるとてもステキなお話でした。

ジン、ケイ、エスの掛け合いも光ります。
ジンの過去(記憶喪失直前?)にもちょっと触れたりして・・・

これから先、なおさら見逃せませんね。

投稿者:Shin | 2007年11月11日 01:27

男性は(仕事であっても)ロマンを追い駆け、女性は現実を見据える傾向がある事は確かですね。

投稿者:kn | 2007年11月11日 18:05

オリジナルセブンへのオマージュということで、ペロリンガ星人の「円盤が来た」そして、実相寺監督のことを考えました。フクシンくんは、宇宙に行けませんでしたが、今回の彼は、その夢をかなえたわけですね。警備隊の出動とか、セブンの戦闘シーンにしばられない分、ストーリーのバリエーションが広がりますね。今回も見終わった後に、感動が尾を引く話でした。

投稿者:光太郎 | 2007年11月14日 15:57

ついつい最後まで「何か起きるのではないか?」見てしまいました。

これって“ハッピーエンド”と言っていいのでしょうね。

オリジナルのセブンでも、「盗まれたウルトラアイ」や「第四惑星の悪夢」など、
全く変身しなかったり怪獣が出てこなかったりした話がありましたが、
今回もこの流れを汲むようなお話でしたね。