旅ログ
トップ > 街並み > 酢の里

2007年09月14日

酢の里


半田にあるお酢の博物館「酢の里」にやってきました!

   

半田運河沿いに重厚な趣でたたずむミツカン酢の黒い建物。

歴史の重みが酢の香りと共に漂っています。

しかもこのミツカンの工場はけっっこうな敷地です。 江戸時代からつづくこの町並みを散策するだけでも楽しいかも。

 

 

 

 


 「酢の博物館」の見学は予約制。

コンパニオンのお姉さんが案内してくれました。ていうか館内はスゴイ酢の匂いです!

この中にいれば、なんか健康になれそうな気がします!!

お酢の歴史等々を学び・・・ 




明治村にやってきました!ではなく、旧中埜家住宅です。

明治44年に中埜半六家別邸として建てられ、昭和22年には財団法人桐華学園が校舎として使用、現在は、街おこしの一環として、所有者から借り上げ、紅茶専門の喫茶店「T’S CAFE」として活躍しています。

取材時も近所からお客さんがみえていたりして、ティータイムを楽しんでみえました。

近所にこんなステキな喫茶店があったら毎日行っちゃいそうですね!


T’S CAFE:愛知県半田市天王町1-30

ミツカン「酢の里」:毎月第3日曜日定休/℡:0569-24-5111(「酢の里」直通)

コメント

投稿者:シロウ | 2007年09月27日 21:38

はじめまして、日奈子さん。
放送、毎週楽しみに観てますよ。
半田市はあんまり放送されないんですよね。だからびっくりです!
でも半田市民の僕としては、5年に1度しか開催されない「半田山車まつり」
(今年は10/6・7)を放送して欲しかったな。もっと、たくさんの人に知ってもらいたいから。
日奈子さん、お時間ありましたら是非見に来てください。その時は、僕が案内しますよ~。

▲PAGE TOP