超ウルトラ8兄弟ブログ
超ウルトラ8兄弟 > ブログトップ > 製作 > 予告編 完成

2008年06月04日

予告編 完成

ハネタローです。

今日はイマジカでプリントされた

予告の初号試写

bl_yokoku_05.JPG

初号プリントには、先日ダビングされた「音」が

ステレオトラックとDOLBY DIGITAL5.1chのトラック

2つのトラックが記録されており

(劇場の音響システムによってそれぞれ使い分けられています。)

35mmフィルムの映像部分のすぐ横に

2本並ぶ「ぎざぎざの線」が焼き付けられていて

これを 、SR(スペクトラル・レコーディング)と呼ばれる

いわゆるアナログステレオの音声が記録されており

更に、その隣

フィルムを送るための穴(これをパーフォレーションと呼ぶ)

の間に丁度、携帯電話で

皆さんでも読み取った事があるであろう

QRコードのようなものが焼き付けられていて

これがDOLBY DIGITAL5.1の

トラックになっています。 

イマジカさんでは、ネガ編集された

これら音ネガと、映像の画ネガとを合わせて

1本の上映フィルムに仕上げます。

試写では、前回のラッシュ時に提案された

映像の焼き具合の調整結果を確認する事もさることながら

焼き付けられた、これら2種類の音の具合もチェックします。

本作の場合2種類記録されていますから、2回試写を行い

5.1とステレオと、それぞれの確認をするわけです。

5.1とステレオとは、それぞれの持ち味があり

どれが良いとは言えません

あえて言うなら、好みです。

現在多くのシネコンさんはデジタルシステムを導入しており

5.1を聞く機会の方が多いかもしれませんが

興味がある方なら、ステレオ上映している劇場を探し

聴き比べてみるのも面白いかもしれません

さて、予告は無事、何の問題もなく完成

各劇場さんに渡すプリントを量産し

後は上映を待つばかりです。

7月の下旬頃には皆様に

お披露目出来るのではないかと思います。

それまで「特報」でお許しを

ハネタローでした。

コメント

投稿者:TPC作業員 | 2008年06月06日 01:03

もう少しで拝めるんですねぇ。
・・・って7月下旬・・・後2ヶ月弱かぁ・・・。
いやいや、完成と言うところに目を向けましょう。
前向き、前向き!!
拝むといよいよという感じが増すんでしょうね。
ワクワク!

音声トラックのお話、前日に続きお勉強になりました。
またの講釈楽しみにしております。

ちなみに・・・5.1派です。^^

▲PAGE TOP