やすだの歩き方 | NATSUのシネマブログ
hicbcトップ >  やすだの歩き方 >  ブログトップ >  NATSU >  おおかみこどもの雨と雪

2012年07月24日

おおかみこどもの雨と雪


今日もあっつーいですね 晴れ
夏だ夏だーーーーー!

世間では夏休みに入ったので映画観に行く予定も皆さま、きっとふえますよね!
という事で、今日は今公開中の映画でオススメをご紹介しようとおもいます ひらめき

タイトルにも書きました「おおかみこどもの雨と雪」です。

「時をかける少女」や「サマーウォーズ」の細田守監督の最新作!
今回は子育て、母と子の絆がテーマになっています。

 

 時をかける少女もサマーウォーズも結構後半、クライマックスでのストーリー展開が
スピーディーだったと思いますが、今回は全体を通して比較的スローペース。
ゆったりと観れる映画です。

ただ、映像が綺麗で躍動感、臨場感があるので、アニメーションなんですが、すごく立体感があります。雪山を駆け抜けるシーンがあるのですが、そこの映像はすごい!
自分も一緒に駆け抜けているようなスピード感が感じられます!あの映像どうやってつくってるんだろ・・・って感動するはず。
また、表情だったり動きがすごくリアル!私は目の表現が素晴らしいなぁ~と。
輝き、純粋さ、切なさ、迷い・・・目を観ているとすごく感情が伝わってくるんですよ。
だから感情の共有というか、映画の世界にどんどん吸い込まれていく感じがあります。

 そして、なんといっても1番心を揺さぶられるのが、おおかみこどもの母のセリフ。
おおかみと人間、両方の顔を併せ持ったこどもの幸せを考えて彼女は様々な決断をしていきます。母の愛を感じる、彼女の言葉にグッときました。

おおかみとして生きるのか、人間として生きるのか。
そんな選択をすることは現実ではないけれど、でも私たちは日々何かを選択、決断しならがら生きていますよね。
設定は私たちにはありえないけれど、内容はすごく身近。共感して、また感動と勇気をもらえる作品です!きっとお子さんがいらっしゃる方が観るとすごく共感するところもあるんだろうなぁ~と思います。
是非映画館に観に行ってくださいね☆心がホッとあったかくなるはず。

この「おおかみこどもの雨と雪」は、来週のやすだのエンタメでも紹介する予定です!
監督とおおかみこどもの母の声を担当した宮崎あおいさんのインタビューの様子も含めてご紹介しますので、お楽しみに~~~☆

▲PAGE TOP