法被に幟、新春にふさわしく、老舗「紺松」登場!

清須市西枇杷島で半纏・はっぴ・のぼり等の染め物のお仕事をされている、

    有限会社紺松(こんまつ)の冨田英宏(とみたひでひろ)さん。

国府宮のはだか祭でも、紺松さんの法被は大活躍。

パソコンでデザインを起こし、機会がデータに基づいて型紙を起こし、型紙のないところに染料を染めていく、いわゆるシルクスクリーンという方法で、「捺染なぞめ」と呼ばれる。

機械で染めるのが機械捺染、手で染めるのを手捺染。

丁寧で細やかな職人の手技に思わず見とれるウッチーと由香ちゃん。

すっかりお祭り気分のウッチーなのでした!!

実は、IT関係のお仕事だった英宏さん。今は、この伝統の技に

誇りを持ちます。

この貴重な職人の技を感じてください。

な、なーーーんと!!

3組の方に、「子供用の法被・帯・鉢巻きセット」をプレゼント!

このブログのメールボックスから今すぐ、お申込みください!!

 

PAGE TOP