A MUSIC PROGRAM

Sunday 13:00~15:00

Personality 堀井"holy"庄一

しっかりとした音楽情報と共に日曜の午後、リッチなリラックスタイムをお届けします。

番組のつぶやき

Entries
Categories
Calendar
Back Number
  • RSS FEED

CBCラジオ >  A MUSIC PROGRAM堀井"holy"庄一 >  2014年11月23日 第32回目の放送

2014年11月23日 第32回目の放送

2014年11月23日 22:28


こんにちは、ホーリーです!

番組冒頭でもお話しましたが、

昨晩の長野での地震、被害は大きかったものの

一つの命も奪われることが無かったことに

ひとまずホッとしました。

 

とはいえ、心配は尽きません。

 

僕も阪神淡路大震災を体験し、

突然襲ってきた直下型地震の恐怖や

寒い冬に不便な生活を強いられる日々を過ごし、

心と生活の日常を取り戻すまでの辛さを

身をもってて体験しました。

 

家屋倒壊など被災なさった方々が

一日も早く以前の日常を過ごせるよう願っております。

 

さて今日は、『男女デュオ・ペア特集』と題し

みなさまからのリクエストを交え お送りしました。

夫婦、兄妹、親娘、カップル、、、

様々なリクエストいただきありがとうございました!

 

そして、来週11月30日の特集枠は

リスナー様からアイデアいただいた

『国の名前が入っている曲&アーティスト特集』です。

 

例えば「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」や「ガンダーラ」のように国の名前が入っている曲。

もしくは "フランス・ギャル " や"レッド・ホット・チリ・ペッパーズ" のように国の名前が入っているアーティスト。

曲名かアーティスト名、どちらかに国の名前が入っているものを特集します!

 

*もちろん、特集以外のポップスリクエストも、どんどんお寄せくださいね♪

 

では、いつもの様に、本日のオンエア曲リストです!

 

 

2014年11月23日(日) 第32回目 オンエア曲

 

~~~~~1時台~~~~~~

 

◯Boy From New York City(ボーイ・フロム・ニューヨーク・シティ)/Manhattan Transfer(マンハッタン・トランスファー)

 

【BGM】The Way It Is(ザ・ウェイ・イット・イズ)/Bruce Hornsby & The Range(ブルース・ホーンズビー・アンド・ザ・レインジ)

 

◯レモン・ティー/シーナ&ザ・ロケッツ

 

<<<CM>>>

 

【男女デュオ・ペア特集】

 

◯Silly Love Songs(心のラブソング)/Wings(ウィングス)

 

◯Dancing Queen(ダンシング・クイーン)/ABBA(アバ)

 

【BGM】I Got You Babe(アイ・ガット・ユー・ベイブ)/Sonny & Cher(ソニーとシェール)

 

◯Driving(ドライビング)/Everything But The Girl(エブリシング・バット・ザ・ガール)

 

<<<交通情報>>>

 

【BGM】 Scream(スクリーム)/ Michael & Janet Jackson(マイケル&ジャネット・ジャクソン)

 

◯Endless Love(エンドレス・ラブ)/Dianna Ross & Lionel Richie(ダイアナ・ロス&ライオネル・リッチー)

 

◯Somethin' Stupid(恋のひとこと)/Nancy & Frank Sinatra(ナンシー&フランク・シナトラ)

 

 

~~~~~2時台~~~~~~

 

◯You're The One That I Want(愛のデュエット)/Olivia Newtn-John & John Travolta(オリビア・ニュートン=ジョン&ジョン・トラボルタ)

 

◯What Have I Done To Deserve This?(とどかぬ想い)/Pet Shop Boys with Dusty Springfield(ペット・ショップ・ボーイズ・ウィズ・ダスティ・スプリングフィールド)

 

◯It's Only Love(イッツ・オンリー・ラヴ)/Bryan Adams & Tina Turner(ブライアン・アダムス&ティナ・ターナー)

 

<<<CM>>>

 

【BGM】 Sweet Dreams(スイート・ドリームス)/ Eurythmics(ユーリズミックス)

 

◯Only Yesterday(オンリー・イエスタデイ)/Carpenters(カーペンターズ)

 

◯Separate Lives(セパレート・ライヴス)/Phil Collins & Marilyn Martin(フィル・コリンズ & マリリン・マーティン)

 

<<<交通情報>>>

 

◯Almost Paradise(パラダイス~愛のテーマ)/Ann Wilson & Mike Reno(アン・ウィルソン&マイク・レノ)

 

◯Up Where We Belong(愛と青春の旅立ち)/Joe Cocker & Jennifer Warnes(ジョー・コッカー & ジェニファー・ウォーンズ)

 

 

11月22日は「いい夫婦の日」

11月23日は「いい夫妻の日」

ということでお送りした『男女デュオ・ペア特集』

いわゆるデュエット・ソング特集とは

一味違うラインナップになって面白かったです!

楽しんで頂けましたでしょうか?

リクエストありがとうございました!

 

来週11月30日の特集枠は

リスナー様からアイデアいただいた

『国の名前が入っている曲&アーティスト特集』です。

例えば「パナマ」や「ジャマイカ・センチメンタル」のように国の名前が入っている曲。

もしくは "アメリカ" や "マリ・ウィルソン" のように国の名前が入っているアーティスト。

曲名かアーティスト名、どちらかに国の名前が入っているものを特集します!

(現存しない国の名前でもいいですよ〜)

どんなリクエストが来るか楽しみにしています♪

 

*もちろん、特集以外のポップスリクエストも、どんどんお寄せくださいね♪

 

さて、放送内でご紹介できないメールも

必ず目を通してますので 懲りずにメール下さいね♪

ちなみに今回頂いたメールの質問は

↓ このブログの続きにて出来る範疇でおこたえします ↓

 

.


【ほっこりする初メールを頂戴した件】

今日も初メール沢山頂きました!

ユーミンと岡田真澄の「恋人と来ないで」にリクエスト下さった方。

11月23日がバースデーだったビリー・ザ・キッドの生き方に感銘を受け頑張ってらっしゃる方。

帳簿をつけながら放送中に初メール下さった方、などなど。

中でも11月22日が娘さんの21歳のバースデーだったというハウス農家の方、お嬢様とその彼氏との微笑ましいお付き合いのレポートにコチラもほっこりとさせていただきました。

みなさま、ありがとうございます♪

 

 

【お出かけ先やお仕事中に楽しんで頂ける方も多い件】

いつものようにお仕事中に聞いてくださっていた方、ありがとうございます!仕事ははかどりましたでしょうか?

そして今日はデンパークでCBCラジオ秋まつりが開催されていたので、現地で聞いていただいた方も多かったようです。特にradikoは音質も良いしノイズもないし、ほんとラジオ新時代という感じですね(昔から有れば良かったのになぁ)

 

 

【お仕事といえば主婦には休みがない件】

よくよく考えれば、主婦には「まるっと1日 休み」になる日なんてないですよね。

「主婦の仕事を金額換算したら...」というメールも頂戴しましたが、いやぁ、ありがたい話じゃないですか!

いい夫婦の日、いい夫妻の日、互いにねぎらう日になるといいですね。

 

 

【レモンティーに沢山の反響頂いた件】

11月22日で還暦を迎えられたシーナさんと旦那様でもある鮎川誠さんによるバンド、シーナ&ザ・ロケッツの「レモンティー」をオンエアしたところ、大反響頂きました。

本当はスネークマンショーに収録されたバージョンをかけるつもりが手違いで違うバージョンでのオン・エアと何てしまいましたが、カッコよさは伝わったのではないでしょうか?

先日、中津川恵那で行われた音楽フェスに出演したシーナ&ザ・ロケッツをご覧になったリスナー様からの詳細レポートも有難うございました!そうですか鮎川さんの黒のレスポール・カスタム、所々塗装が剥がれてましたか、日本のロックの歴史が刻まれてるんですね。

そうだ、シナロケのデビュー35周年を記念してヒステリック・グラマーから1979年にリリースされたアルバム『真空パック』のジャケットをプリントしたT-シャツが発売されていますよ!カッコイイのでファンの方は是非!!

 

 

【ティナ・ターナーのライブレポートが届いた件】

男女デュオ特集ということで、ティナ・ターナーがらみのリクエストもたくさん頂戴しました。

もちろん映画にもなったアイク&ティナ時代の「プラウド・メアリー」にもリクエストいただいてたのですが、今日はMTV世代には忘れられないブライアン・アダムスとのデュエット「イッツ・オンリー・ラブ」をオンエアさせていただきました。

メールにもありましたがティナ・ターナーが映画『マッド・マックス』にすごい出で立ちで出演していた頃ですね。

あと、ティナ・ターナーのライブを愛知県体育館でご覧になったという女性からも、この曲にリクエストいただいてましたよ!ありがとうございます。

 

 

【運転免許のない堀井がドライビングをオンエアした件】

いやー、エブリシング・バット・ザ・ガール、大ファンなんです。もし男女デュオ特集でリクエストが来なくてもエブリシング・バット・ザ・ガールの曲はオンエアしようと「ミッシング」という曲を事前に用意していたんですが、「ドライビング」にリクエストが来たのでオンエアさせていただきました。

ベン・ワットとトレイシー・ソーンによる男女(夫婦)デュオ、エブリシング・バット・ザ・ガール。

元々、2人が別のユニットやソロで活動していた頃からのファンだったのですが、共にとても素晴らしいシンガー・ソング・ライターでありながら、お互いを尊重し1+1=2以上の音楽を奏でてくれるエブリシング・バット・ザ・ガール。サウンドのテイストは時代の変遷とともに変わりもしましたが、やはり2人の曲と声無くしては成立しない素敵な曲を残してくれたデュオです。

ちなみに彼らは大学時代の19歳で出会い、エブリシング・バット・ザ・ガールを結成し、ずーっとパートナーとして寄り添いつつ音楽を作っています(すでに33年)。子育てのためエブリシング・バット・ザ・ガールは活動休止しましたが、ソロや客演で日々の生活を大事にしながら音楽と向き合う理想の2人です。いいなぁ、こういうの(笑)

 

 

【実はリクエストを沢山いただいたのにかけられなかった曲】

その曲とはナット・キング・コールとナタリー・コールの父娘デュエット「アンフォゲッタブル」です。

ご存じの方も多いと思いますが、この曲は1951年のナット・キング・コールのヒットに、彼亡き後の1991年、娘さんのナタリー・コールの歌を最新技術をもってミックスしデュエットに仕上げた曲です。

メールでも頂きましたが、技術の進歩により全く違和感もなく、あたかも同じスタジオでデュエットしているかのように仕上げられた素晴らしいバージョンです。

また、このデュエットバージョンに端を発し、同じ技術を駆使して今は亡き人とのデュエット録音が盛んになりましたね。例えば有名なところでは美空ひばりさんと平井堅さんによるスタンダード・ナンバー「スターダスト」の架空デュエットなどがあります。

これらの試みはデジタル技術の普及に加え、腕の良いエンジニアが新しく録音するボーカルを当時のサウンドに合うように巧みに調整し実現するリアリティです!

さて、話は「アンフォゲッタブル」に戻りますが、この曲が40年もの時を経て91年にリリースされ、更にそこから20年以上たった今もリクエストがこれだけ来るのは何故でしょう?

メロディの良さ、2人の歌唱の素晴らしさはもちろんですが、アレンジとサウンドがあまりにも素晴らしく完成度が高いからだと思います。

まずオリジナルバージョンのアレンジはネルソン・リドルという作曲家/編曲家。

彼の作品を上げていったらきりがないのですが、有名なところではフランク・シナトラの「ナイト&デイ」、ディーン・マーチンの「君住む街角」、近年ではリンダ・ロンシュタットの「ホワッツ・ニュー」もネルソン・リドルのアレンジです。

そのオリジナルアレンジに追加する形で91年版のアレンジを手がけていたのはジョニー・マンデルという作曲家/編曲家です。

映画『いそしぎ』のテーマ曲「The Shadow of Your Smile(いそしぎ)」やクィンシー・ジョーンズの「Velas(ヴェラス)」のアレンジも手がけた才人ですが、「アンフォゲッタブル」での彼の仕事は絶品としか言いようのない出来です。

父娘の空間を見事に包み込む名アレンジ!歌と歌の隙間を優しく流麗に埋める装飾メロディーの数々、もちろん音色の吟味も半端ないレベルです。

この濃密で緻密なアレンジがあってこそ2人が一緒に歌っているように思えるし、クラシック級の耐久力のあるバージョンなんだと思います。

 

 

【知らないけどいいなぁと思える曲があった件】

今日流れた数々のデュエット曲に対して「知らない曲でいいなと思う曲が何曲か有りました」というお便り頂きました。

音楽を紹介する番組をやっていて一番嬉しいメッセージはコレですね♪

 

 

【間違いを指摘して頂いた件】

そしてもう一つ、ありがたいのは間違いなどを指摘していただくメールなどです。

もちろん公共の電波を預かっている以上、情報に関しては出来るかぎり性格に伝えるように心がけていますが、やはり記憶に頼って喋る場合、記憶違いで間違ったりすることも有ります(本当はダメなんですけどね)。

今日でいうとマイケル&ジャネット・ジャクソンのデュエット曲「スクリーム」のプロデューサーをテディー・ライリーと間違えて話したところ、すぐさま「正しくはジミー・ジャム&テリー・ルイスですよ」という指摘のメールを頂きました。

お陰で、すぐに訂正を入れることが出来、みなさまに間違えた情報が拡散するのを防げました。ほんとありがたいですm(__)m

それにしても大好きなマイケル、ジャネット、テディ、ジャムルイの情報を間違えるとは、情けないです...精進します!

 

 

【鶴光&まな はCDになっている件】

リクエスト頂いた笑福亭鶴光師匠と青木まなアナウンサーのデュエット「ほんまにええのんか」に対し「これはスタッフしか持ってないのでは?」と話したところ多くのリスナーから「いっしょに歌おうのCD第4弾に収録されています!」とのご指摘頂きました。

勉強不足で申し訳ない(笑)こちらも精進します!

 

 

【他にもイロイロ質問が来ている件】

■アース・ウィンド&ファイアーのニュー・アルバムは、ゴージャス&ハートウォーミングですね。近々、番組でご紹介します、もちろん「セプテンバー」ならぬ「ディセンバー」もオンエアしたいと思ってます。

■バンドエイド30の「ドゥー・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?」に関しては近々オンエアする予定です!

■この番組で久々にYESを聞いて、ライブチケットを購入された方、楽しめましたか?またレポート願います!!

■ニッケル・バックの新譜、相変わらずイイです!というかチャド・クルーガーの声は一生好きだと思います♪

■TV・オン・ザ・レディオのニュー・アルバム『シーズ』、発売延期にはなってませんよ。

■堀井、冬でも室内では半袖のことが多いです、しかも風邪も引きません。どうしてかは自分でもわかりません(笑)

■74歳にして再び脚光を浴びるディスコミュージックのレジェンド=ジョルジオ・モロダーさん、30年ぶりのニュー・アルバムは、来年の春にリリースされる予定です(詳しい日程は未定)。ちなみに参加するメンバーも超豪華!英米のチャートNo.1を獲得している歌姫達が揃い踏みです♪

■豊田のイルミネーションがとても美しいとの情報、一度見に行かねばなりませんね!

■ABBAの「mamma mia」がNHKの天才テレビくんで歌ってたとの情報、存じ上げませんでした。ミュージカル、いつか見られるといいですね♪

■Heartのビデオクリップは、僕もドキドキしながら見てましたね(笑)そういう意味では僕もナンシー派です(笑)

PAGE UP