A MUSIC PROGRAM

Sunday 13:00~15:00

Personality 堀井"holy"庄一

しっかりとした音楽情報と共に日曜の午後、リッチなリラックスタイムをお届けします。

番組のつぶやき

Entries
Categories
Calendar
Back Number
  • RSS FEED

CBCラジオ >  A MUSIC PROGRAM >  2017年1月

2017年1月

2017年1月29日 第135回目の放送

2017年1月29日 15:36

こんにちはホーリーです!

先週は駅伝のため放送休止だったので

2週間ぶりのオンエアとなったAMP。

今日は3時から小堀さんのサイン会も催されるということで

「晴れますように!寒くなりませんように!」

と願掛けしたところ、、、

薄曇り、ところによりホーリーブルー!

といった空模様でしたね。

 

さて、今日は本年度のアカデミー賞で

あの『タイタニック』とならぶ歴代最多タイのノミネートを受けた

ミュージカル映画『La La Land(ラ・ラ・ランド)』の

サントラをご紹介したところ沢山リアクション頂きました!

 
(こちら↑歌曲入りの輸入盤)

この映画、一昨年大ヒットした映画『セッション』の

デミアン・チェザレ監督の新作。

実は、まだ試写を見ていないので

映画の内容は詳しくお話できないのですが

一足先に購入したサントラ盤を聞くだけでも

ワクワクが止まりません!!!

 

ジャズを基調にしながらも

ポップスフレイバーを見事な配分で調合した名曲揃い!

 

作曲は映画『セッション』のスコアも担当したジャスティン・フルビッツ。

つまり2作連続でデミアン・チェザレ監督とコンビを組んでいるわけですが、

2人は母校ハーバード大学時代からの友人で気心もしれているので、

監督が脚本を書くのと同時に作曲するというスタイルでスコアを仕上げたそうですから、

映画とのマッチッグも最高のものになっていると想像できますね♪

 

ちなみに、海外では上記写真の歌曲盤以外にも

スコア盤やアナログレコードもリリースされていて

ジャケットもお洒落で思わず買っちゃいますねw

(こちら↑スコア盤)


(こちら↑アナログレコード盤)

 

映画『La La Land(ラ・ラ・ランド)』

日本では2月24日公開、サントラは2月17日リリースです。

 日本版ジャケは↓こうなるようです


 

 

さて、次回2月5日(日)AMP

13:00−15:00までのフル放送!

あなたが聞きたいポピュラーソングを

どんどんリクエスト願います!

ちなみにこの日は、

「双子の日」「笑顔の日」なんだそうですヨ。

 

そして、バースデー・アーティストに目をやると、

伝説のドラマー=ハル・ブレイン

スリー・ドッグ・ナイトのボーカル=コリー・ウェルズ

シンガー・ソング・ライター/プロデュサー=アル・クーパー

ガンズ・アンド・ローゼズのベース=ダフ・マッケイガン

スピン・ドクターズのボーカル=クリス・バロン

そして、ボビー・ブラウン などなど、、、

是非! メッセージと共に

あなたが聞きたいポピュラーソングを

リクエスト願います!

そして、ゲストアーティストとして

2月8日にメジャー初となるフルアルバム

『SUPERMAN』をリリースする

水曜日のカンパネラが登場します!(HPはコチラ

コムアイさんとのトーク、お楽しみに!


 

水曜日のカンパネラ

 

 

 

 

 

では、いつもの様に、本日のオンエア曲リストです!

2017年1月29日(日) 第135回目 オンエア曲

~~~~~1時台~~~~~~

◯Allentown(アレンタウン)
  /Billy Joel(ビリー・ジョエル)

 

◯I Wonder (Departure)(アイ・ワンダー)
  /ABBA(アバ)

 

◯Another Day of Sun
 (アナザー・デイ・オブ・サン)
  /La La Land Cast
  (映画『La La Land』より)

<<< CM >>>

◯A Taste of Honey(蜜の味)
  /Herb Alpert & The Tijuana Brass
  (ハーブ・アルパート &ティファナ・ブラス)

 

◯Early In The Morning
 (アーリー・イン・ザ・モーニング)
  /The Gap Band(ギャップ・バンド)

<<< 交通情報 >>>

【BGM】Oblivious(思い出のサニー・ビート)
     /Aztec Camera(アズテック・カメラ)

 

◯Spanish Horses(スパニッシュ・ホースィズ)
  /Aztec Camera(アズテック・カメラ)

 

~~~~~2時台~~~~~~

<<< CM >>>

 

<ゲスト:パスピエ>>

 

【BGM】メーデー/パスピエ

 

◯永すぎた春/パスピエ

 

【BGM】夜の子供/パスピエ

 

◯スーパーカー/パスピエ

 

【BGM】やまない声/パスピエ

 

◯ヨアケマエ/パスピエ

<<< 交通情報 >>>

◯Revolution Calling
 (レボリューション・コーリング)
  /Queensrÿche
  (クイーンズライク)

さて、次回2月5日(日)AMP

13:00−15:00までのフル放送!

あなたが聞きたいポピュラーソングを

どんどんリクエスト願います!

ちなみにこの日は、

「双子の日」「笑顔の日」なんだそうですヨ。

 

そして、バースデー・アーティストに目をやると、

伝説のドラマー=ハル・ブレイン

スリー・ドッグ・ナイトのボーカル=コリー・ウェルズ

シンガー・ソング・ライター/プロデュサー=アル・クーパー

ガンズ・アンド・ローゼズのベース=ダフ・マッケイガン

スピン・ドクターズのボーカル=クリス・バロン

そして、ボビー・ブラウン などなど、、、

是非! メッセージと共に

あなたが聞きたいポピュラーソングを

リクエスト願います!

そして、ゲストアーティストとして

2月8日にメジャー初となるフルアルバム

『SUPERMAN』をリリースする

水曜日のカンパネラが登場します!(HPはコチラ

コムアイさんとのトーク、お楽しみに!


 

水曜日のカンパネラ

 

 

 

 


放送内でご紹介できないメールも

必ず目を通してますので懲りずにメール下さいね♪

2017年1月15日 第134回目の放送

2017年1月15日 23:25

こんにちはホーリーです!

この冬一番の寒波到来で金曜から断続的に降った雪。

場所によっては相当積もったようでまだまだ被害なども心配されますね...。

 

僕も「今日はたぶん雪のオンエアだろうな」と構えていたんですが

CBCラジオの近辺は、雪も積もることなく

番組が始まる頃はすっかり晴れて陽も差してきました。

ということで、一応ホーリーブルーだったことにさせていただきます。

 

さて、今日は80年台から90年台にかけて

ポップ&ダンスのヒット曲を量産したイギリスの名プロデューサー/ソングライター

ピート・ウォーターマンのバースデーということで,

彼のレコードレーベルPWL(Pete Waterman Limited)から生まれたヒット曲を

ノンストップミックスでお送りしました。

 

80年代のモータウンレコードともいわれたPWL

いわずとしれたユーロビートの火付け役となったレーベルです。

 

そのレーベルの中核だったのが、ピート・ウォーターマンと

マイク・ストック、マット・エイトキンという3人によるソングライト&プロデュース・チーム

ストック・エイトキン・ウォーターマンです。

 

3人のソングライトチームが良質なポップ・ソングを書き、

カイリー・ミノーグやリック・アストリーといった

フォトジェニックで上手いシンガーに歌わせヒットを量産するという手法は、

ホーランド=ドジャー=ホーランドを擁した60年代のモータウン・レコード

ギャンブル=ハフ&トム・ベルを擁した70年代のフィラデルフィア・インターナショナル・レコード

スタイルを踏襲したものですが、

決定的に違ったのはオケ(バックの演奏)の大半が打ち込みだったということです。

 

時は80年代中盤、すでにシンセサイザーとシーケンサーを駆使した

いわゆる「打ち込みサウンド」はポップスシーンの中核にまで進出していました。

そんな中、それらの最新機材を駆使し、旧来のダンスミュージックより刺激的な

「ハイ・エナジー」というジャンルに着目した彼らは

モータウンの手法のうち「演奏」を「打ち込み」に置き換えて

「ハイ・エナジー」というジャンルに参入。

メロディーやアレンジの良さに心血を注ぎ、

きらびやかなシンセブラスやDX7による存在感の有るシンセベース。

そしてピート・ハモンドやフィル・ハーディングという名エンジニアよる

圧倒的に音が際立つレコーディング&ミックスを施し、

次々と制作された楽曲は瞬く間にダンスフロアを席捲。

 

モータウンやフィラデルフィア・インターナショナルの楽曲がそうであったように

一聴しただけでそれとわかるPWLサウンドはハイ・エナジー〜ユーロ・ビートの代名詞ともなりました。

 

もちろん、成功の大きな理由は先に述べた楽曲の良さ。

覚えやすいメロディ、印象的で高揚感の有るサビ、そして緻密に錬られたアレンジ

これらが備わってこそのヒット連発だったわけですが、、、

一聴してそれとわかるサウンドがあだとなり

「どれをきいても紋切り型...」との理由で欧米では次第にブームは収束してしまいました。

 

でも、PWLがパイオニアとなったユーロビートのスタイルは

日本ではその後も長きに渡ってディスコの定番として君臨しました。

その秘密は日本人がノりやすいビートだったからといえます。

70年代のグルーブ感あるディスコ曲に比べ、

4つ打ちをメインとしテンポが一定なユーロビートは誰でもリズムをとりやすく、

単純明快なリズムが好きな日本人にはとてもフィットするスタイルだったんです。

 

もちろん、90年台以降のユーロビートは

ほとんどがPWL以外のものになりましたが、

制作手法やキモの部分などの遺伝子は脈々と受け継がれていったといえます。


さて、1月22日のAMPはお休み、

次回 1月29日(日)AMP

13:00−15:00までのフル放送!

あなたが聞きたいポピュラーソングを

どんどんリクエスト願います!

そして、バースデー・アーティストに目をやると、

ギャップバンドのチャーリー・ウィルソン、

フィータスのジム・サールウェル、

ジェイムスのドラマー=デイビット・ベイントン・パワー、

クイーンズライクのベーシスト=エディ・ジャクソン、

ザ・チャイムスのボーカル=ポーリン・ヘンリー、

リビング・イン・ザ・ボックスのキーボード=マーカス・ヴェアー、

アズテック・カメラのロディ・フレーム、

近年ではギタリストのジョニー・ラング、

アダム・ランバートなどなど、、、

是非! メッセージと共に

あなたが聞きたいポピュラーソングを

リクエスト願います!

 

そして、久々にゲストアーティストとして

1月25日に4枚目のフルアルバム『&DNA』をリリースした

パスピエが登場します!(HPはコチラ

パスピエの歌姫=大胡田なつきさん(左)
パスピエの頭脳=成田ハネダさん(右)

では、いつもの様に、本日のオンエア曲リストです!

2017年1月15日(日) 第134回目 オンエア曲

~~~~~1時台~~~~~~

◯Since Yesterday(ふたりのイエスタデイ)
  
/Strawberry Switchblade
  (ストロベリー・スウィッチブレイド)

【BGM】Strawberry Letter 23
    
(ストロベリー・レター 23)
     
/The Brothers Johnson
     (ブラザーズ・ジョンソン)

◯Strawberry Fields Forever
 
(ストロベリー・フィールズ・フォーエバー)
  
/Candy Flip(キャンディ・フリップ)

<<< CM >>>

Happy Birthday
 
(ハッピー・バースデイ)
  
/Stevie Wonder(スティービー・ワンダー)

Kiss And Say Goodbye(涙の口づけ)
  
/The Manhattans(マンハッタンズ)

<<< 交通情報 >>>

Shining Star(夢のシャイニングスター)
  
/The Manhattans(マンハッタンズ)

【BGM】Head To Toe(ヘッド・トゥ・トー)
     
/Lisa Lisa & Cult Jam
     (リサ・リサ・アンド・ザ・カルト・ジャム)

 

All Cried Out(オール・クライド・アウト)
  /Lisa Lisa & Cult Jam
  (リサ・リサ・アンド・ザ・カルト・ジャム)

 

~~~~~2時台~~~~~~

◯Blue Morning, Blue Day(蒼い朝)
  
/Foreigner(フォリナー)

◯Urgent(アージェント)
  
/Foreigner(フォリナー)

<<< CM >>>

【ピート・ウォーターマン生誕記念 PWLノンストップミックス】

◯Never Gonna Give You Up(ギヴ・ユー・アップ)/Rick Astley(リック・アストリー)

◯Together Forever/Rick Astley(リック・アストリー)

◯Too Many Broken Hearts(トゥー・メニー・ブロークン・ハーツ)/Jason Donovan(ジェイソン・ドノヴァン)

◯This Time I Know It's Real(イッツ・フォー・リアル)/Donna Summer(ドナ・サマー)

◯I Should Be So Lucky(ラッキー・ラブ)/Kylie Minogue(カイリー・ミノーグ)

◯Tell It To My Heart(テル・イット・トゥ・マイ・ハート)/Taylor Dayne(テイラー・デイン)

◯Venus(ヴィーナス)/Bananarama(バナナラマ)

◯Showing Out (Get Fresh at the Weekend)(ショーイング・アウト)/Mel & Kim(メル&キム)

◯Turn It Into Love(愛が止まらない)/Kylie Minogue(カイリー・ミノーグ)

◯Blame It On The Boogie(ブレイム・イット・オン・ザ・ブギー)/Big Fun(ビッグ・ファン)

◯Nothing's Gonna Stop Me Now(ストップ・ミー・ナウ)/Samantha Fox(サマンサ・フォックス)

◯You Spin Me Round (Like a Record)(ユー・スピン・ミー・ラウンド)/Dead Or Alive(デッド・オア・アライヴ)

【BGM】Especially For You
    
(エスペシャリー・フォー・ユー)
     
/Kylie Minogue & Jason Donovan
     (カイリー・ミノーグ&ジェイソン・ドノヴァン)

 

<<< 交通情報 >>>

 

◯Bridge Over Troubled Water
 (明日に架ける橋)
  
/Simon & Garfunkel
  
サイモンとガーファンクル)

さて、1月22日のAMPはお休み、

次回 1月29日(日)AMP

13:00−15:00までのフル放送!

あなたが聞きたいポピュラーソングを

どんどんリクエスト願います!

そして、バースデー・アーティストに目をやると、

ギャップバンドのチャーリー・ウィルソン、

フィータスのジム・サールウェル、

ジェイムスのドラマー=デイビット・ベイントン・パワー、

クイーンズライクのベーシスト=エディ・ジャクソン、

ザ・チャイムスのボーカル=ポーリン・ヘンリー、

リビング・イン・ザ・ボックスのキーボード=マーカス・ヴェアー、

アズテック・カメラのロディ・フレーム、

近年ではギタリストのジョニー・ラング、

アダム・ランバートなどなど、、、

是非! メッセージと共に

あなたが聞きたいポピュラーソングを

リクエスト願います!

 

そして、久々にゲストアーティストとして

1月25日に4枚目のフルアルバム『&DNA』をリリースした

パスピエが登場します!(HPはコチラ

 

 
放送内でご紹介できないメールも

必ず目を通してますので懲りずにメール下さいね♪

2017年1月22日のAMPは お休みです

2017年1月15日 16:40
1月22日(日)は
駅伝中継のためAMPは お休みです。
 
次回、AMPは1月29日(日)
13:00-15:00までの放送となります。

2017年1月8日 第133回目の放送

2017年1月14日 16:03

こんにちはホーリーです!

今年最初の放送となったAMP。

昨年の日曜午後の晴天記録とは打って変わって

朝から雨がシトシトと降る一日となりました。

さて、そんな雨もひょっとすると涙雨なのか、

今日は昨年末に急逝した元ワム!の

ジョージ・マイケルの追悼特集をお送りしました。

 

ジョージとの出会いは高校1年の頃、

ラジオから流れてきたイギリスで話題のワム!という2人組のナンバー。

直感的にカッコイイ!と思いすぐさまメモしたものの

まだ日本ではレコードも未発売でそのままに。

 

ほどなくして日本でもデビュー、

ときを同じくしてSONY MUSIC TVがスタート、

キラキラなPVを目の当たりにし

「え?イギリスのアーティストっぽくない...。」

 

で、手に入れた1stアルバム『Fantastic!』を聴いて感激!

当時世界を席巻していたイギリスのアーティスト達とは全然違う、

歌上手い、曲いい、洗練されている、いいことずくめ!

(のちになって弱冠19才のジョージ・マイケルが

 ソングライトのみならずプロデュースまで行っていたと知り2度感激)

マクセルのTV-CMにも起用され

あれよあれよという間にスターダムに上り詰めたワム!

クラスの大半が2nd AL『Make It Big』を所持しているという状況でしたが

日本ではアイドルポップ的な受け止められ方が大きかったのでしょうか

ジョージ・マイケルの真の凄さに気付いているヒトは少なかったような気がします。

 

真の凄さとは、イギリス人である彼が、アメリカの白人以上に

アメリカの黒人ソウル・アーティストに迫るシンガー・ソング・ライターであり、

同時にブリティッシュ・ソウルの魂も忘れなかったことです。

(80年代以降、米R&Bチャートに10曲以上チャートインしている

 イギリスの白人男性ソロシンガー、他にはいません)

 

ワム!時代の「Everything She Wants(恋のかけひき)」

今日オンエアしたソロでの「Fastlove」などは

やはりジョージ・マイケルしか作り得ないジャンルの音楽だったと思います。

 

ソロになり90年代に入ってからは

長期に渡ったレコード会社との確執やゴシップなど

創作活動とは全く別の問題で停滞を余儀なくされたのが本当に残念です。

ソロデビュー30年なのにオリジナル・アルバムが4枚だなんて...。

 

マイケル、マドンナ、プリンスと肩を並べる

唯一のイギリス人ソロ・アーティストになるはずだったのに...

と、個人的には思っております。

 

近年、ロス五輪のセレモニー的なステージはありましたが

日本ではさほど話題に登らなかったジョージ

何年か前にこの映像を見て涙が出そうになったのを思い出します。

戻ってきてほしかったなぁ〜。

R.I.P.

 

 

さて、次回 1月15日(日)AMP

13:00−15:00までのフル放送!

あなたが聞きたいポピュラーソングを

どんどんリクエスト願います!

そして、バースデー・アーティストに目をやると、

おお、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアのバースデーですね。

アーティストでは

ザ・マンハッタンズのエドワード・ビヴンス、

ディキシー・カップスのジョアン・ジョンソン、

ユーロビートの仕掛け人PWLのピート・ウォーターマン、

レイナード・スキナードのロニー・ヴァン・ザント、

リサリサ&カルト・ジャムのリサリサ、

近年ではピットブル、スクリレックスなどなど、、、

PWLとストック・エイトキン・ウォーターマンでも特集してみましょうか。

是非! メッセージと共に

あなたが聞きたいポピュラーソングを

リクエスト願います!

 

 では、いつもの様に、本日のオンエア曲リストです!

2017年1月8日(日) 第133回目 オンエア曲

~~~~~1時台~~~~~~

◯Birdland(バードランド)
  
Manhattan Transfer
  
(マンハッタン・トランスファー)

 

◯In The Mood(イン・ザ・ムード)
  
Henhouse Five Plus Too
  
(ヘンハウス・ファイヴ・プラス・トゥー)

◯Free As A Bird(フリー・アズ・ア・バード)
  
The Beatles(ビートルズ)

 

 

<<< CM >>>

Working for the Weekend
 
(それゆけ!ウィークエンド)
  
Loverboy(ラヴァーボーイ)

 

Almost Paradise
 
(パラダイス ~愛のテーマ~)
  
Mike Reno & Ann Wilson
  
(マイク・レノ&アン・ウィルソン)

 

Goldfinger(ゴールドフィンガー)
  
Shirley Bassey(シャーリー・バッシー)

 

Get The Party Started(ゲット・ザ・パーティー・スターテッド)
  
Shirley Bassey(シャーリー・バッシー)

 

 

<<< 交通情報 >>>

Love Me Tender(ラブ・ミー・テンダー)
  
Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー)

 

Suspicious Minds(サスピシャス・マインド)
  
Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー)

 

~~~~~2時台~~~~~~

◯Suspicious Minds(サスピシャス・マインド)
  
Elvis Presley with The Royal Philharmonic Orchestra
  
(エルヴィス・プレスリー・ウィズ・ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団)

 

◯Modern Love(モダン・ラブ)
  
David Bowie(デヴィッド・ボウイ)

 

<<< CM >>>

◯Wake Me Up Before You Go-Go
 
(ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ)
  
/Wham!(ワム!)

◯Freedom(フリーダム)
  
/Wham!(ワム!)

 

◯Club Tropicana(クラブ・トロピカーナ)
  
/Wham!(ワム!)

◯Freedom 90(フリーダム90)
  
/George Michael(ジョージ・マイケル)

 

◯Faith(フェイス)
  
/George Michael(ジョージ・マイケル)

 

◯Fast Love(ファスト・ラブ)
  
/George Michael(ジョージ・マイケル)

 

<<< 交通情報 >>>

◯I Knew Were Waiting (For You)
 
(愛のおとずれ)
  
/Aretha Franklin & George Michael
  
(アレサ・フランクリン&ジョージ・マイケル)

 

◯If You Were There
 
(イフ・ユー・ワー・ゼア)
  
/Wham!(ワム!)

 

 

さて、次回 1月15日(日)AMP

13:00−15:00までのフル放送!

あなたが聞きたいポピュラーソングを

どんどんリクエスト願います!

そして、バースデー・アーティストに目をやると、

おお、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアのバースデーですね。

アーティストでは

ザ・マンハッタンズのエドワード・ビヴンス、

ディキシー・カップスのジョアン・ジョンソン、

ユーロビートの仕掛け人PWLのピート・ウォーターマン、

レイナード・スキナードのロニー・ヴァン・ザント、

リサリサ&カルト・ジャムのリサリサ、

近年ではピットブル、スクリレックスなどなど、、、

PWLとストック・エイトキン・ウォーターマンでも特集してみましょうか。

是非! メッセージと共に

あなたが聞きたいポピュラーソングを

リクエスト願います!


放送内でご紹介できないメールも

必ず目を通してますので懲りずにメール下さいね♪

2017年1月8日のAMPは!

2017年1月 7日 10:46

明けましておめでとうございます!

本年もAMP(エー・ミュージック・プログラム)

宜しくお願い致します!

AMP 新年最初の放送は1月8日(日)

13:00−15:00までのフル放送!

この日はクリスマスに急逝した

ジョージ・マイケルのお話なども交えながら

いつものようにお送りしていきますので

是非! メッセージと共に

あなたが聞きたいポピュラーソングを

リクエスト願います!

 

ちなみに、バースデー・アーティストに目をやると、

エルヴィス・プレスリー、シャーリー・バッシー、

ドアーズのギタリスト = ロビー・クリーガー

ザ・ウィスパーズのマーカス・ハトソン、

昨年他界したデヴィッド・ボウイ、

ラヴァーボーイのボーカル=マイク・レノ、

孤高のシンガーソングライター = ロン・セクスミス、

そして、R.ケリー などなど、、。

 

こちらも是非!リクエスト願います!

 

 

 

PAGE UP