A MUSIC PROGRAM
≫番組ページはこちら
A MUSIC PROGRAM
毎週日曜日 13:00~15:00放送
2014年8月10日 第17回目の放送
2014年8月10日 23:51 
堀井"holy"庄一  

こんにちは、ホーリーです!

 

今日は台風11号 本土上陸の中、

リスナーの皆さんの安全を願いながらの放送でした。

 

ご在宅だった方、お仕事中だった方

皆さんご無事でしたでしょうか?

 

出来る限り落ち着いたトークを心がけたのですが

やはり、いつもより緊張感のある1時間でした。

少しでも皆さんのお役に立てたのであれば幸いです。

 

では、いつもの様に、本日のオンエア曲リストです!

 

 

2014年8月10日(日) 第17回目 オンエア曲

 

~~~~~1時台~~~~~~

 

Let's Hear It For The Boy(レッツ・ヒア・ボーイ)/Deniece Williams(デニース・ウィリアムス)

◯Do You Love Me(ドゥー・ユー・ラブ・ミー)/Patti Austin(パティ・オースティン)

Mr. Telephone Man(ミスター・テレフォンマン)/New Edition(ニュー・エディション)

 

<<<CM>>>

 

Girls On Film(グラビアの美少女)/Duran Duran(デュラン・デュラン)

◯On The Beach(オン・ザ・ビーチ)/Chris Rea(クリス・レア)

◯Young Hawk(ヤング・ホーク)/川口千里

◯キャッツ・アイ 2014/杏里

<<交通情報>>

◯Happy Ever After(ハッピー・エヴァー・アフター)/Julia Fordham(ジュリア・フォーダム)

 

 

本日も沢山のメール有難うございました!!

台風でお仕事などがお休みになり

初めてメール下さった方も多くて感激です♪

さて、今日は重大発表をしました!

番組開始当初からラブコールを送っていった

四日市在住の天才ドラマー 川口千里ちゃんが

来週のこの番組に登場してくれることになりました♪

 

個人的にはもう何年も前から

お話を聞いてみたかったアーティスト川口千里さん。

念願かなってのインタビューですので

またまたお喋りが過ぎてしまうかもしれませんが

ご容赦下さい(笑)

 

さて、来週8/17(日)の A MUSIC PROGRAMは、

13:00-14:00までの濃縮バージョン!

どんどんリクエストくださいね~♪

 

放送内でご紹介できないメールも

必ず目を通してますので懲りずにメール下さいね♪ 

 

ちなみに今回頂いたメールの質問は

↓ このブログの続きにて出来る範疇でおこたえします ↓

 ♪

 

 

【今日は結構リクエストにお応えできた件】

いつもお仕事中に番組を聞いてくださっている方からリスエストいただいたデュラン・デュランの「Girls On Film(グラビアの美少女)」。

どこかで聞いたけど誰の歌かわからないから教えて!という方からのリクエストはクリス・レアの「オン・ザ・ビーチ」でした。

こんな感じでどんどんAMPをご活用くださいネ♪

【オン・ザ・ビーチからボーイズ・オブ・サマーを連想なさった件】

そうですね、クリス・レアの「オン・ザ・ビーチ」のビデオクリップは、赤いワンピースを纏ったブロンドの美しい女性が、独り海辺で笑みを浮かべながらこちらを見ている絵が印象に残っています。

一方、ドン・ヘンリーの「ボーイズ・オブ・サマー」は、センスのいいモノクロ映像で、主人公が子供の頃、少年の頃、青年の頃を順に回想するというビデオクリップ。曲中には主人公が彼女と海辺で弄れるシーンも挿入されますね~。

どちらも過去を回想する歌で、海がキーワードになっているなど共通性有りますね~。

ちなみに、ドン・ヘンリーの「ボーイズ・オブ・サマー」のビデオクリップは、1985年度の『MTV最優秀ビデオ賞』を受賞した超有名なビデオですね!当時、目にした方も多いのでは?

こちらは、モノクロの映像がとても印象的なビデオクリップで、フランスの映像作家でフォトグラファーでもあるジャン・バプティスト・モンディーノが手がけた作品です。

彼も今日オンエアで紹介した映像作家ゴドレイ&クレイム同様、80年代のミュージックビデオの大家で、スティングの「ラシアンズ」やマドンナの「ジャスティファイ・マイ・ラブ」、ブライアン・フェリーの「スレイブ・トゥ・ラブ」、トム・ウェイツの「ダウンタウン・トレイン」などミュージック・ビデオ史に残る素敵な作品を数多く残してらっしゃいます。

モノクロを得意とし、フランスのヌーヴェルヴァーグ時代の映画にインスパイアされた彼の作風は、フランスらしい色香と哀愁が同居した作品が多いですね~。

【実はアンディーテイラーのギターリフがかっこいい件】

そうなんですよね~、デュラン・デュランといえば、モデルばりの容姿だったジョン・テーラーや美麗なニック・ローズが人気でしたが、音楽的に見るとアンディーのギターあってこそのデュラン・デュランでしたよね~。

バッキングのリフもかっこいいですが、装飾的に奏でられるギターやアテンション的な使い方がすごく印象に残ってます!

【80過ぎのお母様の備えの件】

台風が来るたびにおにぎりを用意なさって、家中のお鍋やお風呂に水を確保して備えてらっしゃるという80過ぎのお母様のはなし、大人になってから伊勢湾台風を経験なさっている世代ですよね。備えあれば・・をずっと実践なさっているのは素晴らしいと思います。備えて困ることはないですしね♪

当時に比べメディアも発達し、情報量は増え、伝達のスピードは早くなりましたが、最終的にはその情報を元に御自身の判断で身の安全を確保する必要があります。僕も日頃の備え心がけたいと思います!

【懐かしの映画音楽、TV番組の特集をしてほしいとの件】

僕も映画音楽、ドラマのテーマは想い出の曲が多く、以前「ホップ・ステップ・さわともひろ」を担当していた時は企画立てて映画音楽の特集などしておりましたが、あまりにも膨大すぎて...。

何かテーマなり年代を絞ってできればなぁと思います。

【坂本九さんの命日を迎えた件】

リクエストも頂いておりましたが8月12日は坂本九さんの命日でした。うちも両親が坂本九さんの大ファンで幼いころによく聞いていた記憶があります。

ア・テイスト・オブ・ハニーの「スキヤキ」にリクエストも頂いておりましたが、海外でのカバーは殆どがテイスト・オブ・ハニーのバージョンをお手本にしてますよね。ジョージ・デユーク先生の素敵な解釈の方が欧米人にはしっくり来るんでしょうね。

そうそう、実は坂本九さんとテイスト・オブ・ハニーのカバーはメロディの譜割りも違うんですよ♪これは日本語詞と英語誌の語数の違いによるものだと思われるのですが、真相はどうなんでしょうね?

ちなみに、まだ坂本九さんが生きてらした頃の話ですが、数あるフォークダンスの曲の中で僕が一番好きだったのが九ちゃんの「ジェンカ」でしたね~。余談でしたw

【先週かけたビリー・ジョエルのロンゲスト・タイムにリアクション多かった件】

3日のオンエアでリクエスト曲ビリー・ジョエルの「ロンゲスト・タイム」をかけたのですが、ちょうど、オンエアの前日に、フィラデルフィアで行われたビリー・ジョエルのコンサートにBOYZ II MENが飛び入りして、一緒に「ロンゲスト・タイム」を歌ったそうですね、情報有り難うございます。https://www.youtube.com/watch?v=t_YUnxqamgc

そういえば、3日のオンエアではニュー・エディションからBOYZ II MENへのボーカルグループの系譜などもお話したところでしたし、なにか運命的なものを感じますね。あの日にかけるべくしてかけることが出来たリクエスト曲だったのかもしれません。

【高中正義さんにリクエストいただいた件】

『虹伝説』懐かしいですね~。そうですね、今度プロレスの入場ソング特集してもいいかもしれませんね♪「サンダーストーム」はもちろんですが「吹けよ風、呼べよ嵐」「スカイハイ」「移民の歌」「スピニング・トゥ・ホールド」そして「炎のファイター」、、、

おお!書いてるだけで気分が上がりますね♪

【堀井の少年時代を知りたい件】

はい!蝉採りはもちろん、早朝からカブトムシやクワガタ採集に行きましたよ♪蜜の出るクヌギの木には目当ての昆虫だけでなく、蛾やらスズメバチなどもたかっていてむちゃくちゃ怖いんですよね(笑)あと、トンボも指2本で捕まえられますよ♪

 

さぁ、いよいよ17日の放送で四日市の天才高校生ドラマー川口千里さん登場です!

お楽しみに

 

[4]新しい記事:お詫びと訂正
[6]古い記事:2014年8月3日 第16回目の放送
カテゴリー
月別アーカイブ
[2]ページの先頭
[0]ブログトップ
関連ページ
A MUSIC PROGRAM トップ
ラジオ面トップ
CBCトップ
(c) 2000 CBC RADIO CO.,LTD.