A MUSIC PROGRAM
≫番組ページはこちら
A MUSIC PROGRAM
毎週日曜日 13:00~15:00放送
2015年1月25日 第40回目の放送
2015年1月25日 20:43 
堀井"holy"庄一  

こんにちは、ホーリーです!

寒さもちょっと緩んだ今日

いつもより30分遅れのスタートでしたが

放送前から沢山のお便り有難うございました!

 

昨年の番組開始当初に比べ

お便りもリクエストも本当にたくさん頂戴し、

つながりの輪が広がっていることを実感しております。

 

来週の放送からは2月3月限定で

AMPと愛・地球博10周年企画のコラボで

A MUSIC PROGRAM〜A DECADE OF LOVEARTH

と題し、佐野瑛厘、上野規行とともにお送りしますが

引き続き、素敵なポピュラーミュージックで

皆さんの日曜午後のひとときを

ご一緒させていただければと思ってますので

メッセージ、リクエスト、お願い致します♪

さて今日は、1月17日に永眠されたロシアのシンガー

ORIGA(オリガ)さんの追悼特集を交えつつ

お送りしたのですが、いかがでしたか?

一般的にはあまり名の通ってないアーティストですが

放送でもお伝えしたとおり、

実はそこかしこで彼女の歌声は日本に響いていました。

 

また、日本とロシア の 人と文化 の 架け橋になるべく

日本人とロシア人の間に生まれた子どもの教育を目的とした

ロシア語学校を日本に創設した方でもあります。

 

国境を超えて日本を愛し、本当に素敵な歌声を

僕達に届けてくれた彼女のご冥福をお祈りします。

 

 

では、いつもの様に、本日のオンエア曲リストです!

2015年1月25日(日) 第40回目 オンエア曲

~~~~~1時台~~~~~~

◯What's Going On(ホワッツ・ゴーイン・オン)

  /Brian Owens(ブライアン・オーウェンス)

 

<<<交通情報>>>

 

 <BGM>Nightcall(ナイトコール)

      /London Grammar(ロンドン・グラマー)

 

◯Something Got A Hold On Me(サムシング・ガット・ア・ホールド・オン・ミー)/Etta James(エタ・ジェイムス)

 

◯If I Ain't Got You(イフ・アイ・エイント・ガット・ユー)

   /Alicia Keys(アリシア・キーズ)

 

~~~~~2時台~~~~~~

 

◯Agua De Beber(おいしい水)

  /Antonio Carlos Jobim(アントニオ・カルロス・ジョビン)

 

◯Love Shine A Light(ラブ・シャイン・ア・ライト)

  /Katrina and the Waves(カトリーナ&ザ・ウェイヴス)

 

<<<CM>>>

 

ORIGA(オリガ) 追悼特集】

 

 <BGM>わが心のマリア

       /浜田省吾 with THE R&S INSPIRATIONS

 

◯There Must Be An Angel(ゼア・マスト・ビー・アン・エンジェル)/ORIGA(オリガ)

 

◯ポーリュシカ・ポーレ/ORIGA(オリガ)

 

◯Inner Universe(インナー・ユニヴァース)/ORIGA(オリガ)

 

<<<交通情報>>>

 

◯Somebody To Love(サムバディ・トゥ・ラブ)/Queen(クイーン)

 

 

本日も本当に沢山のリクエスト&メッセージ

ありがとうございました!

さ、2月1日(日)から2ヶ月間は

愛・地球博が開幕から満10周年を迎えるのを記念し

万博公式FM局FM LOVEARTHでDJを務めた

佐野瑛厘と上野規行と共に、期間限定企画

A MUSIC PROGRAM〜A DECADE OF LOVEARTH

をお送りします。

 

是非、愛・地球博の思い出なども含め

懐かしのポピュラーミュージックのリクエストなどもお寄せ下さい!

 

 

さて、放送内でご紹介できないメールも

必ず目を通してますので 懲りずにメール下さいね♪

ちなみに今回頂いたメールの質問は

↓ このブログの続きにて出来る範疇でおこたえします ↓

 

.

.

【今週も初メール頂いた件】

今週も初メールの方、一部ですがお返事です!

 

■QUEENの「Somebody to love」お願いします!

 →はい、今日のラストでリクエストにお応えしました!最近、ホンダのCMでドラマGleeのキャストによるカバーバージョンが使われていますね。あれも若々しくていいんですが、やっぱフレディ!!素晴らしい。リクエストありがとうございました。
あ、Queenといえば「LAS PALABRAS DE AMOR」にもリクエストいただいてました、ラジオではめったにかからない名曲です、機会があればこちらもどこかでかけてみたいと思います!

 

シンディローバー特集を聞いて武道館公演のチケットを確保、しかし、インフルエンザで痛恨の断念。

 →それは残念(>_<)、大丈夫、彼女は「また日本に戻ってきます!」とおっしゃってたので、次回は是非!

 

 

【ちょっと前のBCRの話しへリアクションいただいた件】

自称ローラーマニアという方から小堀×堀井の正月特番で話した「ベイ・シティ・ローラーズ物語」についてリアクション頂きました!「ベイ・シティ・ローラーズ物語」に関しては、現在、当時のテープを発掘中ですので、どこかのタイミングでまた話題にできるよう頑張ります!

メッセージ主様は、イチゴ農家を営んでらっしゃるとのこと。イチゴ大好きです♪♪作業のバックアップしますので美味しいイチゴづくり頑張ってください!

 

 

【ORIGA(オリガ)さんの歌声、皆様にも響いた件】

ロシアから留学生として札幌に来て、そのままスカウトされたORIGA(オリガ)さん。おそらく、名前を初めて聞いたという方も多かったと思いますが、訃報を聞いて彼女の歌声と活動を是非お伝えしたいと思い特集させていただきました。

阪神大震災直後、海外と違いアーティストがチャリティCDをスピーディーにリリースするのが極めて困難だった当時の日本の音楽業界において、いち早く浜田省吾さんの音頭取りでリリースされたのがチャリティソング「我が心のマリア」 という曲。その曲でメインのボーカルを務めたのがORIGAさんでした。

イノセンスでシルキーな部分とクリアーな部分が同居した独特の歌声と、ロシアのトラッド・ソングに根ざした揺れのある歌唱法は本当に素晴らしく、深く心に届く説得力をもったシンガーでした。

そして、もうひとつ素晴らしかったのが、日本とロシアの文化や人の架け橋になってらっしゃったことです。

異文化、異人種、異宗教による悲しい衝突がそこかしこで聞かれる世の中において、彼女のような活動をされている方こそもっとクローズアップされればいいのにと常々思っております。

阪神大震災の鎮魂歌を歌った彼女が奇しくも1月17日に永眠されたというのはなにか感じるところもありますが、それにしても44歳...、とても残念です。ご冥福をお祈りします。

以下、みなさまのメッセージから抜粋です。

■ロシア語さっぱりわからなくてもOrigaさんの歌声響いてきます

■オリガさんの歌声から彼女の育った場所の情景浮かびますね~

■友達が『攻殻機動隊』のサントラを聞かせてくれて、そのままお気に入りとなりました

■オリガさんが亡くなられたという知らせは浜田省吾さんのファンの方から聞きました、残念。

■20年程前に札幌でオリガを教えてもらい、初めて聞いた時感激しました。

■私、本日初めてORIGAさんのことを知りましたよ。 本当に、とても美しい歌声ですね。

■改めてOrigaさんのご冥福を祈るとともに、これからも色々な彼女の遺した作品に触れたい、と思いました。 

 

 

【もうひとつ訃報を頂戴した件】

リスナーの方から「The Swingle Singersの創始者でもあるワード・スゥイングル氏が亡くなられた」とのメール。ニュースを見落としてました。1月19日にイギリスで家族に看取られたそうです。享年87歳。

The Swingle Singersといえばジャンルにとらわれない近代コーラスの祖とも言えるグループですね。

ミシェル・ルグラン(確かルグランのお姉さまもメンバーだったはず)やMJQ(モダン・ジャズ・カルテット)との仕事でも有名ですが、僕は以前ブログにも名前を出したザ・スタイル・カウンシルとのコラボなども印象に残ってます。

恐らくMJQとの作品を好きだったポール・ウェラーがオファーしたんでしょうね、なぜなら感想で素敵なビブラフォンも入ってますから...。いい曲ですよ!

The Style Council「The Story of Someone's Shoe」

 

 

【1月25日生まれは結構凄いアーティストが多かった件】

いつもオープニング付近の定番にしているバースデーアーティストのコーナーですが、1月25日生まれはゴージャスでしたね。エタ・ジェイムズ、アントニオ・カルロス・ジョビンという2大レジェンドに加え、アリシア・キーズもバースデーでした。

特にエタとジョビンがポピュラーミュージックに与えた影響は計り知れません。

このブログでも何度か書いたことがありますが「もしこの人がいなければ、その後のミュージックシーンは現在のようにならなかったかもしれない」といえる2人です。

エタに関していえば、海外(特にアメリカ)と日本での評価には相当の差がありますね。彼女は日本でのヒットが沢山あるわけではないので仕方ないのですが「あのジャニス・ジョプリンはエタジェイムスに憧れて歌を始め、彼女に認められるために歌い、死ぬまで彼女に憧れていた」といえばどれくらい凄いかわかって頂けますでしょうか?

日本ではあまり知られていませんがポップスにおいては世界文化遺産級のアーティストだと思います。

 

 

【リクエストしたいけど曲名が思い出せない件】

リクエストしたいけど曲名が思い出せない...」最近、このようなメールもよく頂くんですが、いくつか手掛かりさえ教えていただければよっぽどマイナーな曲でもない限り、わかると思いますので、是非お問い合わせ下さい。

 

 

【auのCMソングを知りたい件】

「auのCMで体にいろんな色の電球を体に付けてスノボーで滑って来る時にかかってる曲です  とっても気になります♪」とのご質問。

オン・エアでもお伝えしましたがイギリスの3人組London Grammar(ロンドン・グラマー)のNightcall(ナイトコール)という曲です。

最近はこのように音楽の使い方のセンスがいいCM、増えてきましたね。僕もCMで「おっ!」と思う曲が最近多いです。また何時でも質問して下さいね♪

 

 

【早速、洋楽ナニコのリクエストが送られてきた件】

先日のブログで、洋楽の何これソングって何かありますか?と書いたところ、早速リスナー様からこんなメールが届きました「洋楽ナニコレ。 Simone Whiteの「Yakiimo」はどうですか。。? 初めてきいたとき、なにこれ?と思いました。 が、素敵な歌声とメロディに、やみつきになってしまい、 いつか自分でも弾き語りしてみたい一曲です。」とのこと。

確かに、これは大サビだけ聞けば「え?ナニコレ」ですが、曲と歌声は絶品ですね♪

あえて、アーティストの詳細はここでは書きませんので、みなさんも一度聞いてみてください♪
(オン・エアで洋楽ナニコレ特集をする際の候補にしておきますね!)

 

 

【堀井がスポーツが得意で驚かれた件】

小堀さんに呼ばれ新栄トークジャンボリーにちょっとだけ出演したのですが、その時の「堀井はスポーツ得意ですよ」という発言にものすご〜く沢山リアクション頂きました。その大半が「そうは見えない」というものw

いやいや、それは先入観ですよ。文系に見えるかもしれませんが両親共にスポーツマンで小さい頃からスポーツは何でもやらせてもらえる環境にありましたね。中でも得意なのは水泳、陸上、アイス・スケート、バドミントンです。

ちなみに永岡アナも水泳部だったそうですが水泳の話で盛り上がったことはないですね(笑)

 

 

【お子さんからの誕生日プレゼントの話】

娘さんが自分の好きな音楽を知っていてCDをプレゼントしてくれるなんて、独り者の僕には羨ましい限りです。末永くお幸せに♪

 

 

【高校生リスナーのお母さんからの質問の件】

こんなメール頂きました「お母さんが「ホーリーは何歳?」って言ってます!!」とのこと。え〜っと、たぶんお母様と同じくらいの年ですよ♪とお伝え下さい(笑)

 

 

【納屋橋?柳橋? 昔あったタワーレコードの件】

先週、昔の輸入盤にCDついてあれこれ書いたところ、いろんなリアクションいただいたのですが、
複数の方から「昔は名古屋のタワーレコード(納屋橋?柳橋?)で買ってました」との報告を頂きました。

僕が名古屋に通い始めた頃(20年前ほど前)にはすでにパルコや近鉄パッセにタワーレコードがあり、他にはなかったように記憶します。ということは、20年以上前はあのあたり(名駅近辺)にタワーレコードがあったんですねぇ。

 

 

【ポール・マッカートニー再来日決定した件】

ポール・マッカートニーのトリビュートアルバム『ジ・アート・オブ・マッカートニー』が良かった!とのメッセージを頂きました。はい、こちらは先月リリースされたものでボブ・ディラン、ビリー・ジョエル、ブライアン・ウィルソン、スモーキー・ロビンソン等、総勢32組の人気アーティストが参加しポールの名曲をえんそうするというもの。日本からは井上陽水さんも参加なさってます。僕は大好きなコリーヌ・ベイリー・レイやジェイミー・カラム、そしてキュアー featuring ジェイムズ・マッカートニーなどが参加しているのが良かったですね〜。なかなか聴き応えのあるトリビュート盤でした。

そんな中、ポール・マッカートニーの仕切り直し来日が決定しましたね。

4月21日に京セラドーム大阪、23、25、27日に東京ドームで行われる予定。

さらに関係者によると、日本武道館での公演も調整中だそうです。

 

 

【ボビー・ブラウンと三代目J SOUL BROTHERS の件】

オンエアできなかったのですが、Bobby Brownの「Every Little Step」にもリクエストいただいてました。

バブルの終演前に日本をダンスとニュー・ジャックスィングの渦に巻き込んだあのヒットから、もう25年にもなるんですから驚きです。

で、ふと思い出したんですが、今週、僕がディレクターをしている別番組で先日レコード大賞を受賞した三代目J SOUL BROTHERSがゲスト出演してくれるのですが、実は「J SOUL BROTHERS」という名前は何を隠そうボビー・ブラウンが名付け親です。

25年前、ボビーがライブのため来日している時に、当時ZOOだったHIROさんたちのダンスを気に入り、自分のライブステージに上げ「Japanese Soul Brothers!」と紹介したのが始まりでした。

その名前が継承されて今の三代目J SOUL BROTHERSに引き継がれています。
もちろんダンスは25年分進化して当時とは比べ物にならないほど凄いです!多くの人に支持されるのも納得ですね。

 

 

【アニタ・ベイカーのおすすめの曲を教えて欲しい件】

そうですねぇ、オン・エアでもちょっとふれましたが「Angel」、「Sweet Love」、「Caught Up in the Rapture」、「Giving You the Best That I Got」、「Talk to Me」、「Fairy Tales」、、、ああ、きりがないですね。

とりあえずベスト盤を買えばほとんど収録されていますが曲によってはショートバージョンになっているので出来ればオリジナル盤で聞いて欲しい曲ばかりです。

 

 

【お財布を落とされた件】

う〜ん、災難でしたね。僕も紛失したことあるので辛さわかります。苦あれば楽ありと考えて頑張りましょう!

 

 

【ザ・ウォーターボーイズについて知りたい件】

「ザ・ウォーターボーイズの日本での知名度を知りたい」とのご質問。

そうですねぇ、80年代に熱心にUKロック&ポップスを聞いていた方なら「名前ぐらいは知っている」といった程度でしょうか。ただ、当時からアイリッシュ系のサウンドが好きな方ならほとんどの方がご存知なのでは。

彼らはスコットランドの首都エディンバラ出身なので、恐らくもともとケルティックの素養はあったと思うのですが、1983年の結成当時はニュー・ウェーブに一括りされてしまいそうなサウンドでした。

しかし、85年辺りからはケルト系サウンド(というかアイリッシュ・トラッド)を打ち出し人気を博しました。

一度活動休止したのですが2000年頃からはやはりアイリッシュ・トラッドの色濃い作品をリリースし根強い人気があります。

[4]新しい記事:2015年2月1日 第41回目の放送
[6]古い記事:1月25日(日)のAMPは
カテゴリー
月別アーカイブ
[2]ページの先頭
[0]ブログトップ
関連ページ
A MUSIC PROGRAM トップ
ラジオ面トップ
CBCトップ
(c) 2000 CBC RADIO CO.,LTD.